ディスクユニオン
お茶の水ハード&ヘヴィ館
日本最大級のヘヴィ・メタル専門ショップ!CD、DVD、レコード、Tシャツ、グッズ、本までメタルの商品を取り扱っております

HOME 新品入荷情報
中古入荷情報
中古セール情報
新品予約受付中 買 取通 信 販 売 お買得情報
[3741]  [3740]  [3738]  [3734]  [3737]  [3739]  [3735]  [3730]  [3728]  [3724]  [3732

e1b736e1.JPG
☆詳細はコチラ☆

NoGoD@The 10th GAME-3rd GAME-
≪4F/佐藤有香≫★プロフィールはコチラ★

先週2/26はNoGoD PRESENTS SPECIAL LIVE TOUR-2012-「The 10th GAME-3rd GAME」に行ってきました。
今回は一風変わったツアーで、主催としてゲストを招く地域もあれば、ワンマン公演もありと、昨年暮れの公式ブログで「2012年のNoGoDは攻めます」と発表があった通り早速攻めてくれました。
私はその中の「3rd GAME」、町田ThePlayHouseに参戦。GUESTとしてDEATHGAZEとツーマンのステージです。

その前にNoGoDと、対バン相手DEATHGAZEのご紹介。
NoGoD(ノーゴッド)はヴィジュアル系ロックバンドで、団長(ボーカル)、Kyrie(七弦団員)、Shinno(六弦団員)、華凛(五弦団員)、K(太鼓団員)の5人組。

2005年初頭、「神の啓示を受けた団長が使徒を招集しうっかり結成」という設定。
以前は「新興宗教楽団NoGoD」というバンド名で活動をしており、バンドは「楽団」、ライブを「布教」、ファンを「信者」、曲を「教え」と呼ぶなど、徹底したコンセプトも魅力。
メイクや衣装が派手なため、演奏力よりも外見を重視するバンドと捉えられがちであるが、外見・コンセプト以上にメンバー各々が高い技術を擁するバンドであり、手がける音楽もメタル、ロック、プログレ、フュージョン、エモ、ファンク、ポップスなど幅広い。

対するDEATHGAZE(デスゲイズ)はヴィジュアル系ラウドロックバンド、藍(Vo)、貴樹(Gt)、孝介(Ba)、直樹(Dr)の4人組。
DEATHGAZE 
2003年7月結成。「和製SlipKnoT」として名高く、海外勢のラウドロック、デスメタル、スラッシュ、エクストリームメタルなどの轟音と負けないくらい本格的な重々しいサウンドを目指す。その怒濤のヘヴィサウンドとメロディセンス、唸るライブパフォーマンスは洋楽ファン・男性ファンも魅了する。

NoGoD主催ということで、先行はDEATHGAZE
SEが流れると共にファンそれぞれから「DEATHGAZE」という文字が入ったタオルが掲げられ、バンドやバンドのファンであることを誇示しているようでとてもかっこよかった。
メンバーが登場するとデスヴォイスと共に激音曲「-1」が流れ、ステージ・会場一体となってヘドバンの嵐!相変わらず凄まじい!!
ミディアムテンポでモダンな「Evoke the world」、ヘヴィロックでありながらメロディが聞きやすい「BLOOD」は聞き入りながらも拳の応酬。
再びSlipKnoTのようなラウダーな「CRASH DOWN」ではジョーイ・ジョーディソンの彷彿とさせるような細かく、屈指の強烈なドラミングが印象的で、流れるようなベースソロはみんなで注目したヘヴィロックナンバーの「MY DOPED BRAIN & SKIN IS DEAD」と抜け目なく続く。
軽いMCやドラムソロ、ベースソロなど回しながら、ヴォーカルの藍がギターを手に取ってヘヴィロックとR&Rを混ぜたようなグルーヴの「IRIDIZE DREAM」や、名バラード曲の「SORROW」をしっとりと歌い上げ、暴走ロックの新曲「THE END」と止まらない。
MCを挟み、後半戦としてひたすらヘドバンと拳のロックチューン「UNDEAD FACT」、狂気染みたゴリゴリサウンドの「死桜」、ヴィジュアル系らしいメロディが聞きやすい新曲「USELESS SUN」と次々に繰り出せれる。
「ラストー!全員■ね!」と死刑宣告して煽ると、殺人ナンバー「genocide and mass murder」に答えるかのごとく、全力でヘドバンや、リズムに合わせて大きく体を揺らし会場のボルテージはMAX!!最初から最後までただただかっこよく、漢らしい硬派なステージでした。

久し振りにステージを拝見しましたが、従来どうり激アツでした!
畳み掛ける直樹氏のドラミングの上に、貴樹氏と孝介氏の息の合った爆音サウンドと、本格的なデスヴォイスと憂いを帯びた藍氏の歌声が乗り、ヴィジュアル系の範疇を超えるメタル/ラウドサウンドは圧巻。
個人的に「SORROW」が聞けたのがとても嬉しかったです。

この日のメインNoGoD。同じメタル志向と言ってもDEATHGAZEとは音楽的にもステージング的にも真逆のバンド。
幕を上げるとメンバーはもう既に立っており、会場の信者と「ノーゴット」のサビのみフリを合わせて一気に一体感を感じる。
「俺たちがNoGoDだ!」と存在を示すと、間髪入れずに「最高の世界」で疾走感溢れる正統派メタルサウンドへ。続いて、会場に大きく手拍子を誘うとヘヴィロックの「電脳少年」、Kyrie氏の泣きのメロディラインが個人的に良かったです。
イントロのワウが印象的な「緋キ日ノ誓イ」はNoGoDらしいPOPさがとても聞きやすく、「コワレモノ」は序盤はアコースティックな感じの流れがライブっぽくて胸熱でした。
団長の自虐的でコミカルなMCも人気で、町田は千葉県にあって総武線で行けると思っていたり、会場に「激しいのが好きなの?」と聞き、沸かせておいて「次はPOPだけどね」と真逆のことをやったり、その他にも細かいネタが多数あって下手な芸人よりも面白かったです(笑)
POPな曲と称した「想歌」はシャムシェイドのようなハードポップナンバーで華があり、伸びのあるギターを見せてくれたかと思えば、今回のツアー会場限定シングル「LOVE SONG?」ではMr.Bigなどを思い浮かべるほどアメリカンハードロックを聞かせて、速弾きベースソロ&ダイナミックなギターを披露。
「Ⅱ・懐疑」ではまた違ったプログレハードナンバーで、これほど複雑な転調や変拍子はこのシーンでは見たことがないかも。メインのメロディーを弾くKyrie氏のテクニカルギターはもちろんのこと、各パートのレベルも以前聞いていたより格段に上がっていて思わず息を呑む。
力強いハードロックの「憎愛アンチテーゼ」と続き、MCではライブの告知やDEATHGAZEと対比して自らのバンドを茶目っけメタルバンドと称して自虐ネタを発表。
「PAIN」、南国テイストなハードロック「downer's high!」、ハードポップの「啓発フラストレス」と続き、ポップで馴染みやすい曲調から会場が一体となって楽しんでる様子が伺えます。

ラストの「神風」ではIN FLAMESとかのメロデス勢やKILLSWITCH ENGAGEなどのメタルコアにも通じるGtとNoGoDらしい分かりやすメロディを融合させ、アンコールでは「アイデンティティー」のイントロでMASAKI氏を師匠に持つベーシスト華凛と、若手V系屈指の凄腕テクニカルギタリストKyrie氏の恒例のピロピロ速弾き対決!
笑っちゃうほど圧巻の光景から、一気にジャパメタ特有のハードな掛け合いと、ポップなサビでNoGoDらしい一曲で会場はモッシュでグチャグチャになりライブは終了。

シングルのカップリング、アルバム曲と中々マニアックなセットリストで、興味深くもあり、少々物足りなさも個人的に感じたのが心残りです。。

前日2/25は摩天楼オペラを加えた3マンでそちらは都合で行けなかったのですが、今回のNoGoDツアー2/25、2/26は何が凄いのかというと、メタルを共通点に持ちながら、今までほとんど関わりを持たなかったNoGoD、DEATHGAZE、摩天楼オペラが一同に集まり、ライブを行ったという点です。
王道のシンフォニック・メタルを駆け抜ける摩天楼オペラ、アンダーグラウンドシーンで着実に力をつけドス黒いラウドロックを叩きつけるDEATHGAZE、出で立ちから異端扱いだったが、爽やかなハードポップを主体に正統派メタル、プログレなど様々なジャンルを弾きこなす技巧派NoGoD。
メタルと言えども音楽的には全く違うかもしれないが、今後日本のヴィジュアル系/メタルシーンを賑わせるだろうと願わずにはいられない素敵なイベントでした。
ヴィジュアル系シーンにも面白いバンドがいることを心の隅にでも残してくれれば幸いです。


NoGoD主催ライブはまだまだ続きます。今後も他のゲストを招いたイベントや、ワンマン公演を行い、ツアーファイナルは3/24(土)に川崎CLUB CITTA'でワンマンが行われます!メタルの聖地!
そして、2/19~3/24の期間に開催される【The 10th GAME】ツアー10公演で会場限定CDを発売されるそうなので、ライブに行って是非ゲットしてください。

DEATHGAZEは4/4にNEW ALBUM発売され、それに伴うワンマンツアーは行われる模様。
摩天楼オペラ3/7にメジャー1stアルバムを発売中!そして4/14よりワンマンツアーが行われます。
こちらも是非足を運んでみてください。

[DEATHGAZE]
SE
-1
Evoke the world
BLOOD
CRASH DOWN
MY DOPED BRAIN & SKIN IS DEAD

IRIDIZE DREAM
SORROW
THE END
-MC-
UNDEAD FACT
死桜
USELESS SUN
genocide and mass murder

[NoGoD]
(ノーゴット)
最高の世界
電脳少年
緋キ日ノ誓イ
コワレモノ
-MC-
想歌
LOVE SONG?
Ⅱ-懐疑
憎愛アンチテーゼ
-MC-
PAIN
downer's high!
啓発フラストレス
神風

en
アイデンティティー

今回紹介したバンドのCDはコチラから新品、中古の店舗の在庫検索ができます!!
ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら
http://diskunion.net/portal/ct/news/article/0/5847

通信販売も行っております。
是非、ご利用くださいませ。 

 



店舗案内


disk union
お茶の水HR&HM館
 
〒101-0062
千代田区神田駿河台2-6-10 アカネツボビル2F/3F/4F
TEL:03-3219-5781
email :
do2@diskunion.co.jp
営業時間
11:00~21:00
日祝11:00~20:00

disk union
お茶の水HR&HM買取センター
 
買取専用フリーダイヤル:
0120-816-950
(携帯電話の方は03-3219-5782)
email:
do_metal_buy@diskunion.co.jp
営業時間:
11:00~21:00 日祝11:00~20:00
HR/HM専門の買取窓口です。新譜、廃盤系はもちろん、国内帯付は高額査定!
大量処分や遠方にお住まいの方は是非ご利用下さいませ。まずはお電話を!

買取センター案内はこちら
店舗情報はこちら
ブログ内検索
メタルCD/DVD/レコード/Tシャツ/本/グッズ他絶好調買取中

fefa58a5.jpeg

600977b4.png
遠方の方/大量ご処分の方の買取もとっても簡単!

買取申込書はこちら
まずはお電話ください!
フリーダイヤル:
0120-816-950 (携帯電話の方は03-3219-5782) 
******************
コピペで簡単!送料無料
宅配買取のご依頼


お名前:
ご住所:
お電話番号:
内容:
(
例)メタル系のCD300点位
ダンボール発送ご希望数:

以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do_metal_buy@diskunion.co.jp

ご依頼頂きましたら、ダンボール(と買取申込書/着払い伝票)をご住所へ発送させて頂きます。

お客様がご準備出来次第、着払いにて当店へお送りくださいませ

買取センター案内はこちら


①パソコンをお持ちの方はパソコンで登録

②【買取申込書】をプリントアウトして

③必要事項を記入して

④お売りいただく商品を同梱していただいて

⑤電話で宅急便を依頼 (送料はもちろん無料!)


⑥店舗に届いたら1点1点査定して

⑦お支払いは現金か振込みでスムーズ


皆様のお持込お待ちしております♪
通信販売:コピペでラクチン!メールご注文シート
お名前:
お届け先:
お電話番号:
ご注文内容:(当店ブログもしくはメルマガから商品名をコピペして下さいませ。)

(例)●RIOT / Thundersteel / 2,300円 〔1枚〕
※枚数の記載がない場合、ご注文枚数は1枚と判断させていただきます。


以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do2@diskunion.co.jp

通信販売について、詳しくは こちら をご覧くださいませ。
在庫検索
2c72eba7.gif 
中古WEBショップ
a3d44fd6.jpeg



Twitter更新中です♪
メルマガ会員募集中!

お茶の水ハードロック/ヘヴィメタル館の新品入荷情報や特典情報、中古セール情報、
お買得品情報などをメール配信しております。メルマガ会員様限定の割引サービスもございます!

↓携帯電話での登録はコチラ

05b5c974.jpeg






■◇■パソコンでの登録はこちらで■◇■ 

★学生の音楽活動をサポートします★

★学生の音楽活動をサポートします★ 当店では、学生の音楽に関する活動の 支援を行っております。

日々の活動をより多くの音楽ファンの方々に 浸透できるようサポート致します!

例えば ■サークルのフライヤー ■バンド募集 ■ライヴ/学園祭などのイベント情報 などなど当店に置いてみませんか?

ご希望の学生の方 お気軽にスタッフまでお申し付けくださいませ。 直接ご来店されてもOK! 電話/メールでのお問い合わせもOKです!

当店のすゝめ
ディスクユニオンハード&ヘヴィ館スタッフによるブログです!

全国のメタラーのみなさま!!!
もっともっと盛り上がっていきましょう!!!

記事は こちら から

Face book
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
9
16
23 24 25 26 27 28 29
30