ディスクユニオン
お茶の水ハード&ヘヴィ館
日本最大級のヘヴィ・メタル専門ショップ!CD、DVD、レコード、Tシャツ、グッズ、本までメタルの商品を取り扱っております

HOME 新品入荷情報
中古入荷情報
中古セール情報
新品予約受付中 買 取通 信 販 売 お買得情報
[13461]  [13473]  [13472]  [13471]  [13470]  [13469]  [13468]  [13467]  [13466]  [13464]  [13372
商品の価格は税込価格で記載されております。
  
【国内盤/新入荷】
■MEMORIAM / THE SILENT VIGIL(2,484円)
速くないデス・メタルはあるが、重くないデス・メタルなどない!ヘヴィネスこそデス・メタルの真髄!
余計な飾りなどいらない!派手な演奏も必要ない ! メモリアムこそデス・メタルの権化!
ヘヴィな音楽を愛する人間なら、『ザ・サイレント・ヴィジル』を素通りすることは許されない!!
 
収録内容 
89年は、エクストリーム・メタル・ファンにとって衝撃的な年であった。まずEarache Recordsから、『Grindcrusher』という、予告編とでもいうべきオムニバス・アルバムが投下された。Morbid AngelにTerrorizer、Repulsionといったアメリカ勢。そしてNapalm Death、Carcass、Bolt Throwerらイギリス勢がズラリと並んだこの作品。今でこそ彼らはみなビッグネームだが、当時は極一部のアンダーグラウンド・マニアだけに知られた存在。
あのとき、このオムニバスから受けた、知名度とはまったく反比例した衝撃度合は、とても言葉では言い表せない。
 
87~88年にすでにNapalm DeathやCarcassはデビューしていたから、グラインドコアにもブラストビートにも馴染みはあった。だが、それでもこれに収録されていた楽曲は、我々の想像のはるか上をいく激しさを誇っていた。聴いたこともないような楽曲が、これでもかと詰め込まれていたのである。その後、次々と衝撃的なアルバムが発表されていく。Morbid Angelの『Altar of Madness』、Carcassの『Symphonies of Sickness』、Terrorizerの『World Downfall』、Bolt Throwerの『Realm of Chaos: Slaves to Darkness』。今でも名盤の誉れ高い傑作の数々だ。今思い出しても血が煮えたぎる、あの89年から約30年。その間Napalm DeathやCarcassはもちろんMorbid Angel、そしてTerrorizerに至るまでが来日。時代は変わったものだ。だが、Bolt Throwerだけは日本の地を踏むことがないまま、16年に解散をしてしまった。
 
Bolt Throwerは86年に結成され、88年に『In Battle There Is No Law!』でアルバム・デビュー。翌89年、Earache Recordsに移籍。前述のセカンド・アルバム『Realm of Chaos: Slaves to Darkness』は、あまりにヘヴィすぎて世界中のエクストリーム・メタル・マニアが仰天せざるをえなかった。その後彼らは05年の『Those Once Loyal』まで、トータルで8枚のアルバムを発表。だが、08年に9枚目のアルバムを製作中に破棄。ニュー・アルバムを待ちわびるファンは多かったが、15年にドラマーのMartin Kearnsが急逝。バンドは翌16年に解散を決断したのである。
 
Bolt Throwerのスタイルは他の初期Earache勢に比べると、スピードよりもヘヴィさを重視、リフ自体が持つグルーヴで聴かせるタイプであり、そのスタイルは決して派手なものではなかった。そしてその本領発揮の場は確実にライヴであっただけに、余計ここ日本には衝撃が伝わりづらかったかもしれない。だが、スラッシュからデス、グラインドコアからアナーコ・パンク、クラストまでをも飲み込んだ彼らのスタイルは、エクストリーム・メタル・ファンはもちろん、ハードコアやクラストといったパンクのファンからも絶大な支持を得ている。"Bolt Thrower Worship"と言われるクローン・バンドを世界中に生み出すほど、つまり1バンドで1ジャンルを形成してしまうほど、彼らのオリジナリティ、影響力は突出しているのだ!
 
そんなBolt Throwerの遺志、遺伝子を継いでいるのが、このメモリアムである。まずヴォーカリストが、Bolt Throwerでもフロントマンを務めていたカール・ウィレッツ。そしてドラムも94年までBolt Throwerで活躍していたアンディ・ホエール。残る2人、ギターのスコット・フェアファックス、ベースのフランク・ヒーリーは、ともにBenedictionのメンバー。フランクにいたっては、Sacrilegeのメンバーでもある。Bolt ThrowerにBenediction、Sacrilegeと聞かされて、心が躍らないデス・メタル・ファンなんていないだろう!!
 
メモリアムは16年、亡くなったMartin Kearnsへの追悼を目的として結成された。何しろこれだけのメンツで結成されたバンドだ、あっという間にNuclear Blastとの契約を手にしたかと思うと、翌17年にはデビュー・アルバム『For the Fallen』をリリース。そしてそれからわずか1年、早くもセカンド・アルバム『ザ・サイレント・ヴィジル』を出すというのだから、Bolt Thrower時代の寡作ぶりが嘘のよう。(Bolt Thrower時代は、ラストの10年超ニュー・アルバム無しである。)で、音の方はというと、わざわざ言及するまでもない。最初の1音からして古き良き日のUKデス・メタルだ!それ以外に何があるというのか。半端ないイギリス臭。もちろんBolt ThrowerやBenediction、Sacrilegeの香りも、そこらじゅうから漂ってくる。ひたすらヘヴィに、これでもかとすべてを押しつぶしていくかのような圧。
 
 
■MOURNFUL CONGREGATION / THE INCUBUS OF KARMA(1,620円)
MOURNFUL CONGREGATION / モーンフル・コングリゲイション / THE INCUBUS OF KARMA / ジ・インキュバス・オブ・カルマ
1993年の結成以来、数々の名作をリリースして来たオーストラリアのエクストリーム・ドゥーム・バンド、Mournful Congregation。2014年のEP「Concrescence of the Sophia」や、世界各地のツアーでゲスト・メンバーとしてドラムを叩いてきたex-AldebaranのTim Callを正式ドラマーとして迎えて制作された、前作「The Book of Kings」から約6年ぶりとなる5thアルバム。より深化した、彼等のトレードマークとも言うべき複雑に絡み合う重厚なハーモニー。時の流れが止められたかのようなスローテンポでありながらも、ダイナミックに展開するリズム。そして、陰鬱な物語を紡ぐヴォーカル。オージー・ドゥームの巨人が満を持して作り上げた、約80分に及ぶ壮大なる陰鬱夢に酔いしれよ!己の為業がもたらす悪夢は我らの元へ...。
 
 
■BUTCHER ABC / North of Hell(1,728円)
BUTCHER ABC / ブッチャーABC / North of Hell<通常盤>
1994年、音源のみ録音するバンドとして結成。2002年にCSSOのメンバーを中心に再結成。
国内外で多数のライブ活動や音源をリリースするも度重なるメンバーチェンジのためこれまでフルアルバムをリリースしていなかったBUTCHER ABCがアルバム制作に4年という歳月をかけようやく発表となるファーストフルアルバム。
80sスラッシュメタルと初期90sのデスメタル・グラインドコアをベースにミドルテンポのリズムとブラストビートを主体とした楽曲。CARCASSから影響を受けたツインヴォーカルスタイル、スウェディッシュデスメタルから影響のダウンチューニングによるギターリフ、そしてあくまでも1バスドラムにこだわったドラミングのオールドスクールデスメタル・グラインドコア。
SLAYER "South of Heaven"からインスパイアを受けたアルバムタイトル "North of Hell" は地獄の門が開き阿鼻叫喚のイントロから幕を開け最後にまた地獄に帰って来るという終わりなき地獄の輪廻という構成。
アルバムタイトルとなっているラスト8分の曲では韓国のブルータルデスメタルバンド、FECUNDATIONで活躍するJong "Chuck" Jeongがゲストでギターソロをプレイ。
これまでリリースしてきた音源から再録と新曲の合計11曲を収録。バンドのこれまでの歴史がこの1枚に詰まったといっていい作品に仕上がっている。
 
初回プレス1000枚が2ヶ月でほぼ完売。セカンドプレスは通常のJewelケースヴァージョンで再発売。
 
 
■THUNDER / STAGE
<CD>(3,024円)
<通常盤Blu-ray>(5,184円)
<初回限定盤Blu-ray+2CD>(7,344円)
<完全生産限定盤Blu-ray+2CD+ボーナスDVD+ボーナスCD>(9,180円)
THUNDER (from UK) / サンダー / STAGE / ステージ<CD>
ブリティッシュ・ロック最強のライヴ・バンド、サンダーの映像作品が登場!ダイナミックでソウルフルなダニー・ボウズの歌声、ルーク・モーリーを中心としたバンドのパーフェクトな演奏、5人のメンバーによる圧倒的なパフォーマンスで観客を惹きつけている彼らの魅力が凝縮された最高のステージが今ここに!
【日本語解説書封入/日本語字幕付き】 
 
1990年のデビュー以来、サンダーはブリティッシュ・ロックの良心であり続けてきた。彼らの独自性は、レッド・ツェッペリン、フリー、バッド・カンパニー、フェイセズ、ザ・フーといったブリティッシュ・ロック黄金時代のバンドの魂を現代的メタル・フレイバーで包み込んだところにあった。これまで何度かの活動休止はあったものの、11枚のスタジオ・アルバムを発表、復活作となった2015年の『ワンダー・デイズ』は全英ナショナル・チャートで20年ぶりのトップ10入りを果たし、1万2千人収容のウェンブリー・アリーナ公演を含むツアーも大成功を収め、最新作『リップ・イット・アップ』(2017年)では、全英チャート最高3位を記録した。自分達を信じ、前を向いて続けてきたことが実を結んだという、見事な現象である。
 
1988年にTERRAPLANEが解散。その2日後にはダニー・ボウズ (ヴォーカル)とルーク・モーリー (ギター)によってサンダーは結成されている。1990年3月にアルバム『バックストリート・シンフォニー』でデビューすると、いきなり全英チャート21位に送り込む。同年8月18日、キャッスル・ドニトンで行われた[MONSTERS OF ROCK]に出演、“最高のオープニング・アクト”と各メディアから大絶賛された。
 
この事実が証明しているように、デビュー時からサンダーはライヴに定評がある。30年近く経った今も、圧倒的なパフォーマンスで観客を魅了し続けている彼らのライヴを一度でも体験した人ならわかるはずだ。ルークのソングライティング能力が非常に高いのはもちろんだが、ソウルフルで時にパワフル、エモーショナルに躍動するダニーのヴォーカルを中心に、このバンドは成立している。もちろん脇を固めるラインナップ、ハリー・ジェイムズ (ドラムス)とクリス・チャイルズ (ベース) の鉄壁のリズム隊、マルチプレイヤーのベン・マシューズ (ギター、キーボード)の繊細なプレイ、それらすべてが融合してサンダーのロックサウンドを生み出している。ベーシスト以外はデビュー以来不動のメンバーであり、結束も固い。
 
そんなサンダーの魅力が凝縮されたライヴ作品『ステージ』がリリースされる。2009年以来のライヴ作品で、昨年の[Rip It Up]英国ツアー中、2017年3月24日にカーディフ・モーターポイント・アリーナで撮影された。大ヒットした最新作から「ノー・ワン・ゲッツ・アウト・アライヴ」「ジ・エネミー・インサイド」で軽快に飛ばし、「リヴァー・オブ・ペイン」、「ハイヤー・グラウンド」、「ラヴ・ウォークド・イン」といった初期の名曲を挟み込んだ最高のセットリストで観客を惹き付けていく。心から歌い込んでいくダニーの歌声に煽動されるようにコンサートがヒートアップしていくという最高の瞬間がここに刻み込まれている。
 
 
■LED ZEPPELIN / 伝説のライヴ - HOW THE WEST WAS WON<通常盤3CD>(3,564円)
LED ZEPPELIN / レッド・ツェッペリン / 伝説のライヴ - HOW THE WEST WAS WON<通常盤3CD>
LED ZEPPELIN 50TH ANNIVERSARY YEAR記念作品!
2003年にリリースされた、バンド解散後に発表された1972年の名ライヴ・アルバム『伝説のライヴ』が最新リマスター音源となって登場!
 
最新リマスター音源を収録した3枚組CD
 
  
 
【輸入盤/新入荷】
■MONSTER MAGNET / MINDFUCKER<DIGI>(2,160円)<BLACK VINYL>(3,024円)
MONSTER MAGNET / モンスター・マグネット / MINDFUCKER<DIGI>
89年結成。USストーナー/スペース・メタルの重鎮バンドMONSTER MAGNET。オリジナルのスタジオ作品としては『Last Patrol』以来、約5年振りの新作となる18年発表、記念すべき10枚目のフル・アルバム。
近年のガレージ臭のあるハードロック・サウンドに初期のサイケデリックな香りを融合させることでこれまでの集大成のような作品だった前作『LAST PATROL』と比較すると、再びパンキッシュなノリを押し出したストレートな楽曲が目立つ作品に仕上がっている。
 
【仕様】
・限定盤
・DIGI
 


 
 
■ELIMINATOR (from UK) / LAST HORIZON<DIGI>(1,944円)
ELIMINATOR (from UK) / LAST HORIZON<DIGI>
11年に発表されたデビューEP『We Rule the Night』がマニアの間で好評だったUKの80's型パワー・メタル・バンドが、7年のスパンを経てようやくフル・アルバムをリリース!!
18年発表の1stフルとなる本作、80年代フレーヴァー漂うツインGとハイトーンVoによる湿り気たっぷりのメロディが楽曲の中心にどっしりと構える王道にして伝統的なブリティッシュ・メタルを聴かせる。
ENFORCERやWHITE WIZZARDなどの若手バンド、80年代メタル・マニアは要チェック!!
 


 
 
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。


店舗案内


disk union
お茶の水HR&HM館
 
〒101-0062
千代田区神田駿河台2-6-10 アカネツボビル2F/3F/4F
TEL:03-3219-5781
email :
do2@diskunion.co.jp
営業時間
11:00~21:00
日祝11:00~20:00

disk union
お茶の水HR&HM買取センター
 
買取専用フリーダイヤル:
0120-816-950
(携帯電話の方は03-3219-5782)
email:
do_metal_buy@diskunion.co.jp
営業時間:
11:00~21:00 日祝11:00~20:00
HR/HM専門の買取窓口です。新譜、廃盤系はもちろん、国内帯付は高額査定!
大量処分や遠方にお住まいの方は是非ご利用下さいませ。まずはお電話を!

買取センター案内はこちら
店舗情報はこちら
ブログ内検索
メタルCD/DVD/レコード/Tシャツ/本/グッズ他絶好調買取中

fefa58a5.jpeg

600977b4.png
遠方の方/大量ご処分の方の買取もとっても簡単!

買取申込書はこちら
まずはお電話ください!
フリーダイヤル:
0120-816-950 (携帯電話の方は03-3219-5782) 
******************
コピペで簡単!送料無料
宅配買取のご依頼


お名前:
ご住所:
お電話番号:
内容:
(
例)メタル系のCD300点位
ダンボール発送ご希望数:

以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do_metal_buy@diskunion.co.jp

ご依頼頂きましたら、ダンボール(と買取申込書/着払い伝票)をご住所へ発送させて頂きます。

お客様がご準備出来次第、着払いにて当店へお送りくださいませ

買取センター案内はこちら


①パソコンをお持ちの方はパソコンで登録

②【買取申込書】をプリントアウトして

③必要事項を記入して

④お売りいただく商品を同梱していただいて

⑤電話で宅急便を依頼 (送料はもちろん無料!)


⑥店舗に届いたら1点1点査定して

⑦お支払いは現金か振込みでスムーズ


皆様のお持込お待ちしております♪
通信販売:コピペでラクチン!メールご注文シート
お名前:
お届け先:
お電話番号:
ご注文内容:(当店ブログもしくはメルマガから商品名をコピペして下さいませ。)

(例)●RIOT / Thundersteel / 2,300円 〔1枚〕
※枚数の記載がない場合、ご注文枚数は1枚と判断させていただきます。


以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do2@diskunion.co.jp

通信販売について、詳しくは こちら をご覧くださいませ。
在庫検索
2c72eba7.gif 
中古WEBショップ
a3d44fd6.jpeg



Twitter更新中です♪
メルマガ会員募集中!

お茶の水ハードロック/ヘヴィメタル館の新品入荷情報や特典情報、中古セール情報、
お買得品情報などをメール配信しております。メルマガ会員様限定の割引サービスもございます!

↓携帯電話での登録はコチラ

05b5c974.jpeg






■◇■パソコンでの登録はこちらで■◇■ 

★学生の音楽活動をサポートします★

★学生の音楽活動をサポートします★ 当店では、学生の音楽に関する活動の 支援を行っております。

日々の活動をより多くの音楽ファンの方々に 浸透できるようサポート致します!

例えば ■サークルのフライヤー ■バンド募集 ■ライヴ/学園祭などのイベント情報 などなど当店に置いてみませんか?

ご希望の学生の方 お気軽にスタッフまでお申し付けくださいませ。 直接ご来店されてもOK! 電話/メールでのお問い合わせもOKです!

当店のすゝめ
ディスクユニオンハード&ヘヴィ館スタッフによるブログです!

全国のメタラーのみなさま!!!
もっともっと盛り上がっていきましょう!!!

記事は こちら から

Face book
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
3
23 24
25 26 27 28 29 30