ディスクユニオン
お茶の水ハード&ヘヴィ館
日本最大級のヘヴィ・メタル専門ショップ!CD、DVD、レコード、Tシャツ、グッズ、本までメタルの商品を取り扱っております

HOME 新品入荷情報
中古入荷情報
中古セール情報
新品予約受付中 買 取通 信 販 売 お買得情報
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
商品の価格は税込価格で記載されております。
 
【国内盤/新入荷】
■メイヘム / デ・ミステリイス・ドム・サタナス・アライヴ(3,888円)
MAYHEM / メイヘム / DE MYSTERIIS DOM SATHANAS ALIVE / デ・ミステリイス・ドム・サタナス・アライヴ<CD+DVD>
悪名高き超名作ファースト・アルバムの完全再現ライヴを余すところなく収録
来日記念盤!!
 
ブラック・メタル創成期から活動を続ける文字通りの生きた伝説MAYHEM。彼らが1994年にリリースしたファースト・アルバム『DE MYSTERIIS DOM SATHANAS』は、その後のブラック・メタルの在り方に大きな影響を与えた決定的な作品だ。音楽的な部分のみならず、リリース前のバンド・メンバー自身に起きたスキャンダラスで血塗られた事件の数々は既存のヘヴィ・メタルのイメージとは大きくかけ離れていたため、ひとつの指針として聴き/語り続けられてきた。
この作品のリリースから20年以上経った2015年12月18日、現メンバーでこのアルバムを完全再現するライヴが行われた。本作はそのライヴの模様をCDとDVDで収録したライヴ・アルバムだ。音だけでもインパクトは絶大だが、儀式めいたパフォーマンスをも含む内容で、当日の模様が余すところなく収められている。
日本盤ライナーノーツは川嶋未来氏(SIGH)が担当。『DE MYSTERIIS DOM SATHANAS』リリース前当時からMAYHEMのメンバーと親交を深めていた川嶋氏だけに、貴重なエピソードも披露してくれている。
9月にはここ日本でもこの完全再現ライヴを行うことが決定済、来日記念盤!
 
来日公演決定: 
9/4(月)梅田クラブクアトロ
9/5(火)名古屋クラブクアトロ
9/6(水)渋谷クラブクアトロ
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・クリアファイル (来日公演フライヤー/ロゴ両面デザイン)
 
■ディグリード /  ディグリード(2,808円)
DEGREED / ディグリード / DEGREED / ディグリード
ロビンとマッツのエリクソン兄弟を中心とした、スウェーデン出身の新世代ハードロック・バンド「ディグリード」のニュー・アルバム(マーキー移籍第一弾)
ストックホルムの音楽学校(H.E.A.Tのメンバーの出身校でもある)に在学していたロビンとマッツのエリクソン兄弟を中心に結成。H.E.A.Tのエリク・グロンウォールや、ART NATIONのアレクサンダー・ストランデルらを輩出したオーディション番組出身の実力派シンガー、ロビン・エリクソンの情熱的な歌声を軸に、FOO FIGHTERSやNICKELBACK、EUROPEらを主な音楽的栄養源としたハードロックをプレイ。数多くのライヴによって培われた人気と実力をベースに、2010年の「Life Love Loss」でアルバム・デビュー。エリック・リボムをプロデューサーに迎えたこのアルバムで日本デビューも果たし、BURRN!誌で89点という高評価を獲得。2nd「We Don’t Belong」では、ライヴ向きの躍動的な楽曲が多数収録。3rd「Dead But Not Forgotten」からのシングル"The Scam" が、Classic Rock Magazineの "Track of the Week" に選出、アルバムも過去最高の内容との評価を得るものの、日本発売は見送られていた。
海外での所属レーベルをH.E.A.TやHARDCORE SUPERSTAR、BACKYARD BABIESといったグループが籍を置くスウェーデンの名門『Gain/Sony Music Entertainment』に、マネージメントをH.E.A.Tのエリク・グロンウォールが主宰する『Greenwall Management』にそれぞれ移し、万全の環境を整え、ブレイクへの準備は着々と整っている。
通算4作目となる最新スタジオ・アルバムにして、マーキー移籍第一弾アルバム。5月発表の先行デジタル・シングル「Shakedown」を含む全11曲収録。バンド名を冠したセルフ・タイトル・アルバムにふさわしく、これまで以上にスケール感のある世界観を提示しており、バンドの新たなる決意がにじむ完成度の高い1枚。
 
■オートグラフ / ゲット・オフ・ユア・アス(2,808円)
AUTOGRAPH / オートグラフ / GET OFF YOUR ASS / ゲット・オフ・ユア・アス
黄金期のサウンドを取り戻した新生オートグラフが放つニュー・アルバム!!!
今宵もスティーヴ・リンチのギターが吠え捲る!!代表曲「ターン・アップ・ザ・レディオ」の最新LIVE音源も収録!!
LAメタル全盛期の1984年にアルバム『サイン・イン・プリーズ』でデビュー、「ターン・アップ・ザ・レディオ」のヒットで全米チャートを席巻しゴールド・ディスクを獲得、瞬く間に大人気となった米カリフォルニア州バサデナ出身のメロディック・ロック・バンド”オートグラフ”がなんと完全復活を宣言するスタジオ・ニュー・アルバムを創り上げた!!
現在のメンバーは、サイモン・ダニエルズ<Vo、G>、スティーヴ・リンチ<G>、ランディ・ランド<Ds>、マーク・ウィーランド<Ds>。
オートグラフの最大の魅力である超キャッチーでフックのあるメロディ、メジャー感バリバリの爽快な楽曲、スティーヴのテクニカルなギターを大フィーチュアしたギター・オリエンテッド嗜好のアレンジは健在。
更に現代ならではのヘヴィでファットなサウンドも取り入れた最新型オートグラフへと劇的進化を遂げており、昔からのファンだけでなく現代のメタル・ユーザーにも訴求力のある仕上がりだと断言出来る!!大いに期待してほしい。
日本先行発売/日本盤ボーナス・トラック1曲収録。
 
■シリアス・ブラック /  マジック(初回限定盤/2CD)(3,240円)(通常盤)(2,484円)
SERIOUS BLACK / シリアス・ブラック / MAGIC / マジック<初回限定盤CD+ライヴCD>
メロディック・パワー・メタル・バンド、シリアス・ブラック、待望の新作『マジック』登場!欧州メタル・シーンの実力派メンバーが集結して練り上げらた高品質な楽曲の数々は、パワフルかつスピーディでドラマティック、壮大なメロディによって独自の世界に引き込まれること必至の傑作!
日本先行発売。
 
【仕様】
初回限定盤D+ライブCD
 
ドイツのメロディック・パワー・メタル・バンド、シリアス・ブラック。彼らは2014年にヨーロッパのメタル・シーンで活躍する6人によって結成された。結成時のメンバーは、元ハロウィン、現マスタープランのローランド・グラポウ(g)、元ブラインド・ガーディアンのトーメン・スタッシュ(ds)、元タッド・モローズのアーバン・ブリード(vo)、エデンブリッジのドミニク・セバスチャン(g)、エマージェンシー・ゲイトのマリオ・ロハート(b)、元ドリームスケープのヤン・ヴァシック(key)の6人であった。
2014年11月にAFM Recordsより配信シングル「I Seek No Other Life」をリリース。「Sealing My Fate」、「High and Low」と配信シングルのリリースを重ねた後、満を持してアルバム『As Daylight Breaks』を発表。充実した内容で大きな評判を呼んだ。カイ・ハンセンの後釜としてジャーマン・メタルの人気バンドであるハロウィンに加入し、2001年に脱退した後はマスタープランを結成したローランド、1988年のデビュー以来のメンバーで2005年にブラインド・ガーディアンを円満脱退したトーメン・スタッシュ、この二人の知名度は日本においても抜群であった。
ところが、セカンド・アルバム制作前に二人は脱退してしまう。ローランドは耳鳴り、トーメンは肩痛と、共に体調不良であったため脱退せざるをえなかった。バンドはギタリストをファイアーウィンドのキーボード・プレイヤーであるボブ・カティオニス、ドラマーを元ラプソディー・オブ・ファイアのアレックス・ホルツワースに交代。新体制で完成したセカンド・アルバム『MIRRORWORLD』では、前作以上に強いメロディと、ドラマティックなヘヴィ・メタルが展開されていた。メンバー・チェンジはあれど、バンドのコンセプトは確立されており、各国のメタル・シーンで活躍するメンバーの集合体だけに、安定したクオリティの楽曲を楽しむことの出来る作品であった。
とにかく、このバンドは相当な実力者が揃っている。ドイツを拠点にしているとはいえ、様々な国のバンドからメンバーが集結しており、多国籍メタル・バンドとも言える様相を呈している辺りも興味深い。
スウェーデンの硬派パワー・メタル・バンドであるタッド・モローズやブラッドバウンドに在籍していたアーバン・ブリード(vo)。ドイツのメロディック・デス・メタル・バンド、エマージェンシー・ゲイトやオーストリアの男女ツイン・ボーカルのシンフォニック・スピード・メタル・バンド、VISIONS OF ATLANTISに在籍していたマリオ・ロハート(b)。オーストリアのシンフォニック・メタル・バンド、エデンブリッジに在籍しているドミニク・セバスチャン。ドイツを代表するプログレッシヴ・メタル・バンド、DREAMSCAPEの元メンバー、ヤン・ヴァシック(key)。そしてギリシャ出身のガスG率いるパワー・メタル・バンド、ファイアーウィンドで2004年に来日公演の経験もあるボブ・カティオニス(g)。イタリアのシンフォニック・パワー・メタル・バンド、元ラプソディー・オブ・ファイアのアレックス・ホルツワース。
この6人の猛者が放つのは、メロディックかつスピーディで、ドラマティックなヘヴィ・メタルである。全体的にシンフォニックな雰囲気と、確かなテクニックから醸し出される緊張感で覆われており、力強くフックのあるメロディは叙情的で、高品質の楽曲が並ぶ傑作である。欧州の伝統的なメタルを進化させているところにシリアス・ブラックの魅力がある。来日公演もすでに決定している彼らが、新たな時代を切り開く予感がしてならない。
 
■デッド・クロス / デッド・クロス(2,592円)
DEAD CROSS / デッド・クロス / DEAD CROSS / デッド・クロス
マイク・パットン(フェイス・ノー・モア)やデイヴ・ロンバード(スレイヤー)等から成るエクストリーム・メタル・バンド、デッド・クロスがデビュー・アルバムをリリース!
フェイス・ノー・モアのマイク・パットン(ボーカル)、元スレイヤー / スイサイダル・テンデンシーズのデイヴ・ロンバード(ドラム)、ザ・ローカストのジャスティン・ピアソン(ベース)、リトックスのマイク・クライン(ギター)の豪華なメンバーから成るハードコア・パンク / エクストリーム・メタル・バンド、デッド・クロスが待望のデビュー・アルバムを8月にリリース!
このスーパーグループは2015年に南カリフォルニアにて結成された。昨年、オリジナル・ヴォーカリストであるゲイブ・セルビアン(ザ・ローカスト)がバンドを離れ、新たなヴォーカルとしてエクストリーム音楽を牽引してきたフェイス・ノー・モアのマイク・パットンがバンドに加入した。DRIやMDCのようなハードコア・パンクサウンドはパットンが入った事により、全く新しいものに変化。
ドラマーのデイヴ・ロンバードはアルバムについて次のようにコメントしている。「このアルバムには多くの怒りやフラストレーションが含まれている。自分のドラムにもそれがよく現れているよ。ハードコア・アルバムの理想的な誕生さ。自分がやってきた中で一番野蛮な作品だよ。」
アルバムの発表と共に公開されたファーストシングル「Grave Slave」は、ディリンジャー・エスケイプ・プランやザ・ローカストのようなカオティック・ハードコア好きには特にお勧めしたい1曲だ。
初回仕様限定:ボーナストラック・ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)
 
■イラプション / クロークス・オブ・オブリオン(2,777円)
ERUPTION / CLOAKS OF OBLIVION / クロークス・オブ・オブリオン
80年代USパワー・メタルよりのベイエリア・スラッシュ・メタルを彷彿させる、ツイン・ギター、女性ベーシストを擁するスロヴェニア出身の5人組若手スラッシャーが、遂に過去最高のアルバムを引っさげ日本初登場!!
中央ヨーロッパは、スロヴェニアから登場した、ツイン・ギターを擁する、5人組のスラッシュ・メタル・バンドが満を持して待望の日本デビュー! 80年代初頭、スラッシュ・メタル登場時の初期衝動にも似たスピードとパワーを併せ持ったUSパワー・メタルよりのベイエイア・スラッシュ・メタル・スタイルのサウンドが全編を駆け抜ける。パワフルにしっかりと歌えるハイトーン・ヴォーカル、起伏にとんだ曲構成、スピーディなクランチ・リフなど、EXODUS、TESTAMENT、DEATH ANGEL、HEATHEN、LAAZ ROCKIT、FORBIDDENなどに代表されるベイエリア・スラッシュ・メタル・ファンはもちろんのこと、VICIOUS RUMORS、METAL CHURCH、AGENT STEELなどのUSパワー・メタル・ファンにもお薦めできる強力作!
 
■ブリス・オブ・フレッシュ / エンピリアン(2,484円) 
BLISS OF FLESH / ブリス・オブ・フレッシュ / EMPYREAN / エンピリアン
ブリス・オブ・フレッシュは、フランス出身のブラック/デス・メタル・バンド。99年にLabdacidesという名で結成された、キャリア20年弱のベテランだ。翌00年にブリス・オブ・フレッシュへ改名すると、01年には「Frozen Ashes of Labdacides (Prelude to Bestial Annihilation)」という、リハーサルを録音したデモを発表。04年には初のスタジオ作品となるデモ「Lethal Ceremonies」をリリース。この時点ですでにブラック・メタル、デス・メタル、さらにスラッシュ・メタルをもとりこんだ独自のスタイルを確立させている。06年にはDeath in Juneのカバーを含む「Todtentanz」7"EPを、07年にはフィンランドのブラック・メタル・バンドBloodhammerとのスプリット7"EPを、そして08年にはドイツのブラック・メタル・バンドAnnihilation 666とのスプリット7"EPをリリース。そして結成から10年目の09年、ついに『Emaciated Deity』にてアルバム・デビューを果たす。13年にはセカンド・アルバム『Beati Pauperes Spiritu』をリリース、着々とヨーロッパでの人気を獲得していった。
そして今回リリースとなるのが、サード・アルバム『エンピリアン』である。前2作は小さなレーベルからのリリースであったが、今回ついに、あのGojiraをも輩出した地元フランスの名門、Listenable Recordsと契約。『エンピリアン』とは至高天のこと。ダンテが『神曲』の「天国篇」で、天国の中でも一番上位、神々が住んでいる場所と描写したところだ。実はブリス・オブ・フレッシュの以前のアルバム2枚も、ダンテの神曲に基づいている。デビュー作『Emaciated Deity』では「地獄篇」が、次の『Beati Pauperes Spiritu』では「煉獄篇」がテーマだ。そして今回の『エンピリアン』が、神曲3部作のラストを飾る「天国篇」をテーマとした完結編となる。
DissectionのメロディにMorbid Angelの邪悪さ、Emperorばりの堂々としたコーラス。先人たちの知恵を取り込み、独自の手法で消化。ブラック・メタルもデス・メタルも飲み込んで構築された、ブリス・オブ・フレッシュの世界観が持つスケールは大きい。あふれ出るメロディも甘くなりすぎることなどあるはずもなく、その堂々たる不吉さにますます磨きがかかる。神々の住む至高天が、荘厳、雄大に、美しくも不気味に描写されていく。「俺たちは俺たちが聴きたいと思う曲を書いただけだ。他人にこういう曲を聴いてもらいたい、なんていう気持ちではなくてね。巨大なモノリスのような、アルバム全体で一つの作品になっている『エンピリアン』を完成するのは容易ではなかった。おかげで前作から4年も過ぎてしまったが、その甲斐あって、よりブルータル、よりエピック、よりプログレッシヴな仕上がりになったよ」と、バンドも本作の出来に大きな自信を覗かせる。
重層的に奏でられるギターの使い方など、先日『オメガフィリア』をリリースした、同じくフランス出身のメリマックを彷彿させる部分があるのは偶然ではない。この2バンド、00年代にはヴォーカリストTerroriztを共有していたのだ。(Terroriztは06年にブリス・オブ・フレッシュを脱退。)デビュー・アルバムからいきなり『神曲』3部作構想という点からもわかるとおり、ブリス・オブ・フレッシュは知的、哲学的な雰囲気も漂わせる、実にフランスらしいバンドである。そもそもバンド名のブリス・オブ・フレッシュというのも、「Bliss」という精神的な幸福を表す単語と、「Flesh」=「肉体」という単語を組み合わせた、無理やり日本語にすれば「肉体の精神的幸福」とでもいうべき撞着語的なもの。彼らは音楽にも、歌詞や思想にも、そしてバンド名にもフランスらしいインテリジェンスを漂わせているバンドだ。
ダンテの書いた「天国篇」では、神の愛こそがこの世界におけるすべての原動力であるという、およそエクストリーム・メタルのテーマにふさわしいとは思えぬ結論に達する。ブリス・オブ・フレッシュの解釈はどうなのだろう。『エンピリアン』はリスナーを、絶対なる真実へと続く道の始まりへと連れて行く。平和へと至る光に包まれるか、それとも自らが抱える闇の存在を認め、神を放棄するか。どちらを選択するかはリスナー次第だ。俺たちの選択?もちろん決まっている。このアルバムを締めるラストの曲のタイトルは『リナンシエイション(放棄)』さ。」
 
■キッキン・ヴァレンティーナ / イマジナリー・クリーチャーズ(2,400円)
KICKIN VALENTINA / キッキン・ヴァレンティーナ / IMAGINARY CREATURES / イマジナリー・クリーチャーズ<直輸入盤国内仕様>
鼓動するストレイト・フォワードなアメリカン・ロック!
ハード・ダーティ・スリージー・グルーヴィング・ロックン・ローラーが
豪快に放つセカンド・アルバム。
スリージーなロックン・ロールを信条とするアメリカン・バンド、
KICKIN VALENTINAの約2年振りとなるセカンド・アルバム。
2013年にアトランタで結成され、同年10月にセルフ・タイトルのEPを発表する。
そして、BUCKCHERRY, QUEENSRYCHE, SKID ROW, RED DRAGON CARTEL, DORO, FASTER PUSSYCAT, 
KIX, LA GUNS, セバスチャン・バックのサポートを務めながら、全米中を廻る。
米国でのファン・ベースを築いたバンドは海外へと視線を向け、デンマークのTarget Groupと契約を締結。
そして2015年にフルレングス・デビュー・アルバム『Super Atomic』を発表した。
昨年はヨーロッパとアメリカを精力的に廻り、その経験を反映させたセカンド・アルバム『Imaginary Creatures』を創り上げる。
デビュー・アルバムに続きアンディ・ライリー(ブルース・ディッキンソン、ASIA, UFO, FM)をプロデューサーに再起用している。
そのサウンドは前作の方向性を踏襲しながらも、今回は女性バックアップ・シンガーを導入したり、
ピアノとハモンドのプレイを加えたりと新しい試みも見せる。
またデニス・リンデのカバー曲”Burning Love”には、TYKETT, RUBICON CROSSの
ギタリストであるクリス・グリーンがゲストで参加している。
ストレイト・フォワードなロックン・ロール・アルバムに仕上がった今作は、現代のロック・シーンにとっては
むしろ新鮮に感じるかも知れない。彼らならではのギター・リフ、グルーヴとキャッチーなメロディも聴かせてくれる。
ハード・ダーティ・スリージー・グルーヴィング・ロックン・ロールと自らを形容
するKICKIN VALENTINA。アルバム・リリース後にはドイツ、スイス、イタリア、
ベルギー、デンマーク、スウェーデンとヨーロッパをサーキットする予定だ。
 
■リアスタリスク / デミゴッド(1,620円)
REASTERISK / リアスタリスク / DEMIGOD  / デミゴッド
東名阪ワンマンツアーを控え1stアルバムGene to surviveが好調の
HEAVY ROCKバンドREASTERISK(リアスタリスク)の第2弾ミニアルバム。
東京都内中心に活動中のへヴィロックバンド。元inchworm(インチワーム)のギターatsusix、ドラムcotaにより結成。
その後ベースKT、サイドギターMKT、バンド未経験だったボーカルNANAが加入し
2013/3月にデビュー曲「vacant utopia(ヴェイカントユートピア)」を発表、
同年9月にはミニアルバム「HADES(ハーデス)」をリリース。
「フィール・ヤング」に連載され人気を博した、ノセクニコのコミックを実写化したコメディー映画「ソウルオブロック」の主題歌を担当。
2015年にはドイツ最大のメタルフェス「Wacken Open Air」への出場をかけた「METAL BATTLE JAPAN 2015」決勝進出。
 
■グレッグ・ローリー / グレッグ・ローリー(1,080円)
GREGG ROLIE / グレッグ・ローリー / グレッグ・ローリー
2016年にも大変ご好評をいただいたAOR CITYシリーズの第2弾! LIGHT MELLOWで知られる金澤寿和氏の監修で、AOR名盤・レア盤をお求めやすい千円(税抜)でご提供。シリーズのアートワークはイラスト界の巨匠・永井博氏。
1947年、米・ワシントン州シアトル生まれ。グレッグ・ローリーはキーボード奏者/ヴォーカリストとして、十代の頃からバンド活動を開始。60年代末にサンタナ、その後ジャーニーの黄金期を築き、2010年代にはリンゴ・スターのオールスター・バンドでも活躍した。本作はジャーニー脱退後に発表したソロ・デビュー作。後にエディ・マネーがヒットさせた3「アイ・ウォナ・ゴー・バック」を収録。8「マリアンヌ」にはカルロス・サンタナ(G)、9「イッツ・オンリー・メイク・ビリーヴ」にはニール・ショーン(G)がゲスト参加。他にも(ジャファーソン・)スターシップのクレイグ・チャキーソ(G)、J・ガイルズ・バンドのピーター・ウルフ(KEY)らが参加している。(1985年作品)
【日本初CD化】
 
■アークオンジュ / フラッシュバック(2,400円)
ARCHANGE / アークオンジュ / FLASHBACK / フラッシュバック<直輸入盤国内仕様>
<We Love 80’s Metal>
80’sスピリットを現代へと継承するフランスからの新鋭、アークオンジュ。
シーンへと挑むポジティヴで、メロディックなデビュー・アルバム!
キャリアを持つミュージシャンが集まり、2013年に結成されたフランスのハード・ロック・バンド。
ドラムスにはフランスを代表するパワー・メタル・バンド、NIGHTMAREの元メンバーであるデイヴィッド・アモアが参加している。
RATT, DOKKEN, SCORPIONSに影響を受けたバンドは80’sメタルを標榜することを決意し、4枚のEPをリリースする。
そしてデビュー・アルバムの制作に着手、プロデューサーにはパット・リオタードを迎えた。
「ポジティヴなアルバムさ!メロディックだし、コーラスもいい感じに仕上がった。
そのメロディが頭の中に残って、その内に口ずさむようになると思うよ(笑)」by ローレント
ヴォーカルのダンはクラウス・マイネ、ドン・ドッケンにインスパイアされ、ドラムのデイヴィッドは
IRON MAIDENの初期ドラマー、クライヴ・バーを敬愛する。
ベースのJCはニッキー・シックスとジェフ・ピルソンを目標に掲げ、ギターのローレントはLYNCH MOB, VAH HALEN, 
ジョン・サイクス、マイケル・シェンカー、ジェフ・コールマンに影響を受けている。
メタルの炎が燃え盛った80’sのスピリットを現代へと継承するフランスからの新鋭、ARCHANGE。
このデビュー・アルバムを引っ提げ、シーンへと挑む彼らの活動を見守っていきたい。
 
■DEATH SIDE / WASTED DREAM (リマスター盤)(2,700円)
DEATH SIDE / WASTED DREAM (リマスター盤)
JAPANESE HARDCOREの代名詞、DEATH SIDEが残した伝説の名作が最新リマスター、豪華紙ジャケット仕様にて再発!
オリジナル盤は1989年にリリースされ、今も尚HARDCORE史に燦然と煌めく大名盤1stアルバム!楽曲の完成度の高さは元より、レコーディングクオリティーも他とは一線を画し、緊迫感すら感じる名演がずらっと並ぶ全18曲。
 
■DEATH SIDE / BET ON THE POSSIBILITY (リマスター盤)(2,700円)
DEATH SIDE / BET ON THE POSSIBILITY (リマスター盤)
JAPANESE HARDCOREの代名詞、DEATH SIDEが残した伝説の名作が最新リマスター、豪華紙ジャケット仕様にて再発!
歴史にその名を残すきっかけとなった1stアルバムから、より深化させ、更に緻密に構成された2ndアルバム。オリジナル盤発表の1991年、既にこの境地に到達していたという事実に震えるのみ。
 
■ストレート・ラインズ / カナディアン・ロマンス(1,080円)
STRAIGHT LINES / ストレート・ラインズ / カナディアン・ロマンス
2016年にも大変ご好評をいただいたAOR CITYシリーズの第2弾! LIGHT MELLOWで知られる金澤寿和氏の監修で、AOR名盤・レア盤をお求めやすい千円(税抜)でご提供。シリーズのアートワークはイラスト界の巨匠・永井博氏。
デヴィッド・シンクレア(VO,G)とボブ・バックリー(KEY)、ピート・クラーク(B)らスタジオ・ミュージシャンを中心とした5人組のカナディアン・バンドのデビュー作。全編にわたってパワフルなギターとシンセサイザーをフィーチャーし、TOTOを彷彿するメロディアスなハード・ポップな仕上がり。本国カナダ以上に日本のAORマニアの間で評判を呼んだ。グループは2NDアルバム『ラン・フォー・カヴァー』をリリース後に解散し、それぞれスタジオ・ミュージシャンとして活動。デヴィッド・シンクレアはカナダを代表する女性シンガー、サラ・マクマクランの作品にも参加している。(1980年作品)
 
■ストレート・ラインズ / ラン・フォー・カヴァー(1,080円)
STRAIGHT LINES / ストレート・ラインズ / ラン・フォー・カヴァー
2016年にも大変ご好評をいただいたAOR CITYシリーズの第2弾! LIGHT MELLOWで知られる金澤寿和氏の監修で、AOR名盤・レア盤をお求めやすい千円(税抜)でご提供。シリーズのアートワークはイラスト界の巨匠・永井博氏。
デヴィッド・シンクレア(VO,G)とボブ・バックリー(KEY)らスタジオ・ミュージシャンを中心とした5人組のカナディアン・バンド。この2NDアルバムからは、4「レッティング・ゴー」、2「ノー・シークレッツ」がシングル・カットされ、自国チャートにランク入りするヒットとなり、ジュノ・アワードにもノミネートされた。TOTOを彷彿するパワフルかつドラマチックなサウンドで本国カナダ以上に日本のAORマニアの間で評判を呼んだ。バンドは本作リリース後に解散し、スタジオ・ミュージシャンとして活動。デヴィッド・シンクレアはカナダを代表する女性シンガー、サラ・マクマクランの作品に参加している。(1981年作品)
 
■ミスター・ミスター / ゴー・オン(1,080円)
MR. MISTER / ミスター・ミスター / ゴー・オン
2016年にも大変ご好評をいただいたAOR CITYシリーズの第2弾! LIGHT MELLOWで知られる金澤寿和氏の監修で、AOR名盤・レア盤をお求めやすい千円(税抜)でご提供。シリーズのアートワークはイラスト界の巨匠・永井博氏。
L.A.の敏腕スタジオ・ミュージシャンたちによるバンド、ペイジズのリチャード・ペイジ(VOB)とスティーヴ・ジョージ(KEYSAX)を中心に、現在はキング・クリムゾンなどでも活躍するパット・マステロット(DS)、ホワイト・スネイクなどにも参加しているスティーヴ・ファリス(G)の4人組。1985年の大ヒット・アルバム『ウェルカム~』に続く3RDアルバムで、ピーター・ゲイブリエルの『SO』などを手掛けたKEVIN KILLENがプロデュース。シンセサイザーを駆使したド重厚なオーケストレーションとパーカッシブで革新的なサウンド・メイクを施しながら、全体にはとても穏やかな空気が覆っている。本作でいったん活動を休止した。(1987年作品)
 
■ミスター・ミスター / PULL(1,080円)
MR. MISTER / ミスター・ミスター / PULL
2016年にも大変ご好評をいただいたAOR CITYシリーズの第2弾! LIGHT MELLOWで知られる金澤寿和氏の監修で、AOR名盤・レア盤をお求めやすい千円(税抜)でご提供。シリーズのアートワークはイラスト界の巨匠・永井博氏。
L.A.の敏腕スタジオ・ミュージシャンたちによるバンド、ペイジズのリチャード・ペイジ(VOB)とスティーヴ・ジョージ(KEYSAX)を中心に、キング・クリムゾンなどでも活躍したパット・マステロット(DS)によるスーパー・グループ。1985年に「キリエ」と「ブロークン・ウィングス」を全米シングルNO.1に送り込んだ。本作は1990年頃にリリース予定だった幻のアルバム音源を、リチャード・ペイジ主宰のインディー・レーベルからリリースした最新作。ドラマチックなサウンド、美しいコーラス・ワークなどMR.ミスターらしさを残しつつも、重厚で実験的な要素が占めている。オリジナル・メンバーのスティーヴ・ファリス(G)は1988年に脱退しているが、本作ではバジー・フェイトンとトレヴァー・ラビンがその穴を埋めている。(2010年作品)
 
【輸入盤/新入荷】
■GREAT WHITE / FULL CIRCLE<CD+DVD>(2,808円)
GREAT WHITE / グレイト・ホワイト / FULL CIRCLE
JACK RUSSELLのほうではなくMark Kendall(G)、Audie Desbrow(Dr)、Michael Lardie(G/Key)、Scott Snyder(B)、Terry Iious(Vo)によるGREAT WHITE。12年『Elation』以来、5年ぶりの新作となる17年発表作。
名プロデューサーMichael Wagnerと再びタッグを組んだ原点回帰作品。アルバム・メイキング映像収録DVD付2枚組。
 
■WHITE SKULL / WILL OF THE STRONG(1,944円)
WHITE SKULL / WILL OF THE STRONG
80年代後半から活動を続けるイタリアのパワー・メタル・バンド、前作『Under This Flag』から約5年ぶりの新作となる17年発表の10作目のフル・アルバム。
前作から活動初期に在籍していた女性シンガー・federica "Sister" De Boniがバンドに復帰。彼女の力強い歌声を前面に押し出したパワフルでメロディアスなサウンドを聞かせる。
 
■EAGLEHEART / REVERSE<DIGI>(2,268円)
EAGLEHEART / イーグルハート / REVERSE
チェコのメロディック・パワー・メタル・バンド、17年発表の3rdフル。
 
■FB1964 / STORTEBEKER(2,268円)
FB1964 / STORTEBEKER
ドイツ人ミュージシャン・Frank Badenhopのプロジェクト、実在の海賊・, Klaus Störtebekerをコンセプトとした17年発表作品。
Udo Dirkschneider (U.D.O.,ex-ACCEPT), Gerre Jeremia (TANKARD), Bobby “Blitz” Ellsworth (OVERKILL), Chris Boltendahl (GRAVE DIGGER), Ronnie Romero (RAINBOW, LORDS OF BLACK), Henning Basse (FIREWIND, METALIUM), David De Feis (VIRGIN STEELE),John Gallagher (RAVEN),Gary Holt (EXODUS, SLAYER),Jeff Loomis (ARCH ENEMY, NEVERMORE), John Norum (EUROPE), Axel Rudi Pell, Victor Smolski (ALMANAC, ex-RAGE) and David T. Chastain (CHASTAIN)らがゲスト参加。
 
■MOUNTAIN'S CRAVE / AS WE WERE WHEN WE WERE NOT<DIGI>(1,944円)
MOUNTAIN'S CRAVE / AS WE WERE WHEN WE WERE NOT
UKのブラック・メタル、17年1thフル・アルバム。
 
■DECREPIT BIRTH / AXIS MUNDI<DIGI>(2,268円)<BOX>(4,104円)
DECREPIT BIRTH / AXIS MUNDI
USカリフォルニアのテクニカル・ブルータル・デス・メタル・バンド、『Polarity』以来、約7年ぶりの新作となる17年発表の4thフル・アルバム。
 
■ULVEDHARR / TOTAL WAR(2,268円)
ULVEDHARR / TOTAL WAR
イタリアのデス/スラッシュ・メタル・バンド、17年発表の3rdフル。
 
■ACCEPT / THE RISE OF CHAOS(2,160円)<DIGI>(2,484円)<BLACK VINYL>(3,564円)
ACCEPT / アクセプト / THE RISE OF CHAOS
ジャーマン・メタルのパイオニア、前作『Blind Rage』から約3年ぶりの新作となる17年発表、15作目のフル・アルバム。
バンドの顔としても定着してきたMark Tornilloの熱い歌唱と80年代以来貫かれる男気溢れる硬派なサウンドが貫かれたどこをどうとってもACCEPTらしいヘヴィメタルが貫かれた作品。長きに渡りドイツ・ヘヴィメタル・シーンを牽引し続ける彼らの信念と自信に漲る一枚。ファンは本作も必聴!!
 
■ROBIN BECK / UNDERNEATH(1,944円)
ROBIN BECK / ロビン・ベック / UNDERNEATH
HOUSE OF LORDSのJames Christianの奥さんである女性シンガーの13年リリース・アルバム。相変わらず艶と張りのある歌声とキャッチーなメロディに彩られた素晴らしい楽曲の数々と、彼女の魅力は今作でも十二分に発揮されている。全盛期HEARTを彷彿させるポップ感覚に溢れた傑作!
 
■VENOM INC. / AVE<DIGI><2BLACK VINYL>(3,564円)
VENOM INC. / ヴェノム・インク / AVE
Mantas(G)、Demolition Man(Vo/B)、Abaddon(Dr)というVENOMを支えた3人が再集結したバンド。もともとは15年にフェス出演のために限定で企画されたバンドであったが、フェスでの好評を得て活動継続を決断。本作が1stフル・アルバムとなる。
サウンドは、近年のVENOM以上に初期VENOMの遺伝子を濃厚に引き継いだもので3人が再集結したことで注目する初期VENOMのファンにとってはたまらないアルバムに仕上がっている。
【仕様】
・2-BLACK VINYL
・GATEFOLD
 
 
【グッズ/新入荷】
■BLACK SABBATH / MASTER OF REALITY<SLIPERS><SIZE:39/40>(円)
 
■BLACK SABBATH / MASTER OF REALITY<SLIPERS><SIZE:41/42>(円)
 
 
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


友だち追加数
商品の価格は税込価格で記載されております。
 
 
【輸入盤/新入荷】
■ATRIARCH / DEAD AS TRUTH(1,944円)
ATRIARCH / DEAD AS TRUTH
ex FINAL CONFLICT/ex HOLY MOLAR他Ron AnarchyらによるUSオレゴンのブラッケンド・スラッジ/ドゥーム・メタル、17年4thフル・アルバム。リチュアルな暗黒空気が全体を支配し、重苦しい圧殺リフに呪術的なノーマル・ヴォイスと病んだ絶叫ヴォイスにより、オカルト的な雰囲気も強く感じさせる闇世界を繰り広げる作品。
 


 
■POISON BLOOD / POISON BLOOD(1,944円)
POISON BLOOD / POISON BLOOD
HORSEBACKのJenks MillerとKRIEGのNeill Jamesonによるブラック・メタル、17年デビューEP。アンダーグラウンドな暗黒オールドスクール・ブラック・メタルをベースにサイケデリック・ロックからクラウト・ロックの要素までも感じさせるエクスペリメンタルさも内包したサウンド。HORSEBACKとKRIEG両者の特性が絶妙に融合されて新たな暗黒サウンドを生み出している。
 


 
 
【輸入盤/再入荷】
■DYING FETUS / WRONG ONE TO FUCK WITH(1,944円)
DYING FETUS / ダイング・フィータス / WRONG ONE TO FUCK WITH
ハードコア要素を大胆に取り入れた90年代中盤以降ニュースクール・ブルータル・デス・メタルを築き上げたパイオニアにしてオリジネイターDYING FETUSの約5年振りとなる8thフル・アルバム。高速ブラスト・パートからミドルで重厚なモッシュ・パートまでを猛烈なブルータルさで攻撃してくる彼等特有のブルータル・デス・メタルに一切の陰りはなし。テクニカルな要素も含め相変わらず強烈なサウンドを聴かせてくれる作品。
 


 
■DYING FETUS / DESTROY THE OPPOSITION(1,944円)
DYING FETUS / ダイング・フィータス / DESTROY THE OPPOSITION
USデス/グラインド・バンド、00年発表の3rdフル。
 
■DEATH WORSHIP / EXTERMINATION MASS(1,620円)
DEATH WORSHIP / EXTERMINATION MASS
BLASPHEMYのNocturnal Grave Desecrator and Black Winds、BLASPHEMY/ex CONQUERORのRyan Förster、REVENGE/ex CONQUEROR/ex AXIS OF ADVANCEのJames Readによるカナディアン・ベスチャル・デス/ブラック・メタルの17年EP。BLASPHEMY~CONQUEROR/REVENGE直系のデス・メタルもブラック・メタルもグラインドコアも飲み込んだ強烈ベスチャル・サウンド。
 
 
【国内盤/再入荷】
■マルス・ブリゲイド / プログレス(1,620円)
MARS BRIGADE / マルス・ブリゲイド / PROGRESS / プログレス
2015年4月結成。元GUNBRIDGE(元GALNERYUS YAMA-Bによるソロプロジェクト)のHideとYu-ichiroが中心となって結成したメロディック・スピード・メタル・バンド。超ハイトーン・ヴォーカル、泣きのギター、テクニカルなリズム隊と三拍子揃ったサウンド。メタルでありながらもキャッチーな楽曲が収録されており、各方面からもじわじわと人気をあげてきている今話題のバンド。メロディック・スピード・メタル・ナンバーが基本となるものの、ミドルテンポのバラードや泣きのインストゥルメンタル、アニメ、マンガを題材にしたストーリー感のある楽曲等、バラエティの富んだ楽曲を収録した作品。
 
 
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。
 
 
 


友だち追加数
商品の価格は税込価格で記載されております。
 
【チケット/新入荷】
■2017.10.15 ラウドパーク(15,500円)
■2017.10.14 ラウドパーク(15,500円)
■2017.10.14-15 ラウドパーク2日通し券(27,500円)
 
 
【国内盤/新入荷】
■ELUVEITIE  / イヴォケーションII(2,700円)<初回限定盤CD+インストゥルメンタルCD>(3,240円)
ELUVEITIE / エルヴェイティ / EVOCATION2 / イヴォケーションII<初回限定盤CD+インストゥルメンタルCD>
昨年、大幅なメンバー・チェンジがあり、ファンを心配させたELUVEITIEだが、メイン・コンポーザーにしてコンセプターでもあるクリゲル・グランツマン(vo)がいる限り、その屋台骨が揺らぐことは決してない。そもそもこのバンドは、'02年にそのクリゲルのソロ・プロジェクトから結成に到り、'03年にEP『VEN』でデビューを飾って以降、『SPIRIT』('06)、『SLANIA』('08)、『EVOCATION I』(’09)、『EVERYTHING REMAINS AS IT NEVER WAS』('10)、『HELVETIOS』('12)、『ORIGINS』('14)と作を重ねる中、実のところ、何度も何度もメンバー・チェンジを経てきているのだ。
そのユニークなサウンドは、伝統的なケルト・ミュージックとエクストリーム・メタルの絶妙なる融合により生み出された。アグレッシヴかつダイナミックな面と、叙情的かつ牧歌的な面を併せ持ち、激しいモッシュ・ピットを誘発させると同時に、どこか聴く者の郷愁も掻き立てる。背景にあるのは古代ガリアの失われた歴史や文化。ELUVEITIEとは、現在のスイスから南ドイツにかつて居住していたガリア人の部族を指し、やがてローマに支配され、同化を遂げていくケルト人一派への強いシンパシーが、彼等の作品には常に込められているのだ。
今回、『イヴォケーション II ~ガリアの神々~』のテーマとなったのはガリアやケルトの神々。パンテオンというと、古代ギリシャや古代ローマの神々を祀る神殿=万神殿がイメージされるが、元々は単に“すべての神々”を意味していた。実際、各曲のタイトルにはガリア万神の名前やそれにまつわる言葉が採用され、様々な古楽器を駆使した神秘的で土着的、時に絢爛たるフォーク/トラッド・サウンドが展開される。
『ORIGINS』発表後、'14年にペデ・キストレル(pipes, whistles)、'16年にイヴォ・ヘンツィ(g)、メルリン・スッター(ds)、アナ・マーフィ(hurdy gurdy, vo)が相次いで脱退し、その後任として、マッテオ・システィ(pipes, whistles)、ヨナス・ヴォルフ(g)、アラン・アッケルマン(ds)、ファビエンヌ・エルニ(vo, harp)、ミハリナ・マリシュ(hurdy gurdy)が新たに加入。それにより現ラインナップは、クリゲル(vo, mandola, whistles, pipes, bodhran)以下、ラファエル・ザルツマン(g)、カイ・ブレム(b)、ニコル・アンスペルゲル(fiddle, cello)、そして、マッテオ、ヨナス、アラン、ファビエンヌ、ミハリナという総勢9名の大所帯となった。
バンドのルーツに立ち返り、アコースティック・アルバムで新たなスタートを切ったELUVEITIE。そこにはケルト神話の深淵が息衝いている…!!
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (サイズ:ヨコ70mm)
 
 
■THY ART IS MURDER  / ディア・デソレイション(2,484円)
THY ART IS MURDER / ザイ・アート・イズ・マーダー / DEAR DESOLATION / ディア・デソレイション
2015年の3rdアルバム『ホーリー・ウォー』がオーストラリアのナショナル・チャートにあたるARIAチャートにて7位をマークし、エクストリーム・ミュージックのフィールドに留まらず名実共に同国を代表するバンドへと成長を遂げたデスコア・ヒーロー、ザイ・アート・イズ・マーダーが、名門ニュークリア・ブラストからは2作目となる4thフル・アルバム『ディア・デソレイション』をリリースする!!!!!
 
前作では2ndアルバム『ヘイト』リリース後のギタリスト脱退に伴いベースとギターを兼任していたアンディ・マーシュがベースに専念。現在はザイ・アート・イズ・マーダーと同様ニュークリア・ブラストに所属するブリスベンのデスコア・バンド、アヴァージョンズ・クラウンの一員だったケヴィン・バトラーが新たなギター・プレイヤーとして加入し、久々の5人編成が復活。“結婚するには収入が少ない”というあまりに切ない理由から一時はバンドを離れたシンガー、C.J.マクマホンもドラッグの問題をカミングアウトし、克服と共に完全復帰。ジ・アケイシア・ストレインやサバーバン・スカム、レイン・シュプリーム、そして彼らにとっては今やライバルと言うべきスーサイド・サイレンスなどを手がけた名匠ウィル・パットニーを前作に引き続きプロデューサー/レコーディング・エンジニアに迎え、最高の状態で制作されている。
“デスコア”と一口に言えど、そのスタイルはあまりに多種多様。ザイ・アート・イズ・マーダーがこれまでに共演した面々だけでも、エクスペリメンタルなほどに圧倒的なへヴィネスを追及したジ・アケイシア・ストレイン、ヒップホップに通じるバウンシーなグルーヴを重量級リフで構築するエミュア、高度なテクニックをプログレッシヴなコンポジションに惜しみなく投入するボーン・オヴ・オシリス、残虐なまでに複雑な展開をヘヴィかつリズミカルに聴かせるディスパイズド・アイコンなど、様々な異形が存在する。デスメタル/グラインドコアの意匠を受け継ぐ鋭利なブラストビート。フロアの地獄絵図が目に浮かぶウルトラヘヴィな段階別ブレイクダウンを用いた、広義でのダンス・ミュージックとして機能するグルーヴ。そして確かな演奏技術とアレンジメントのセンスを持ち合わせなければ実現できない爽快でキャッチーな聴後感。そのすべてを網羅した『ディア・デソレイション』は、デスコアのネクロノミコンとなるべくして生まれたかの如き内容だ。
 
■STEVEN WILSON  / トゥ・ザ・ボーン(2,592円)
STEVEN WILSON / スティーヴン・ウィルソン / TO THE BONE / トゥ・ザ・ボーン
4度グラミー賞にノミネートされた経歴を持つ、現代プログレの雄ポーキュパイン・ツリーの中心人物スティーヴン・ウィルソンが5枚目のソロ・アルバム『トゥ・ザ・ボーン』をリリース!!!
 
90年代以降の英プログレッシヴ・ロックシーンを背負って立つ、現代プログレの雄ポーキュパイン・ツリーの中心人物スティーヴン・ウィルソンが2年振りとなる5枚目のソロ・アルバム『トゥ・ザ・ボーン』をリリース!
アルバム収録の先行シングル「Pariah」にはイスラエルの女性シンガー、ニネット・テヤブがボーカルとして参加しています。今作はスティーヴンが若い頃に好きだったピーター・ガブリエル『So』やトーク・トーク『Colour of Spring』、ティアーズ・フォー・フィアーズ『Seeds of Love』のような非常に野心的なプログレッシブ・ポップ作品からインスピレーションを受けた作品となっています。
30年前にポーキュパイン・ツリーの創設メンバーとして活動を開始したスティーヴンは2008年からソロ活動を開始。今までに合計4度グラミー賞にノミネートされており、自身の創作活動のみならず、キング・クリムゾン、エマーソン・レイク・アンド・パーマー、イエス、ジェスロ・タル、XTC、ティアーズ・フォー・フィアーズ、 ロキシー・ミュージックなどのリイシューで最新ミックスを任される等、現在のイギリス・ロック界に欠かせないキーパーソンとして活躍をしています。
【3面デジパック仕様】
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
ジャケット・カンバッジ
 
 
【輸入盤/新入荷】
■CIRCUS MAXIMUS / HAVOC LIVE IN OSLO<BLU RAY+2CD>(3,240円)
CIRCUS MAXIMUS / サーカス・マキシマス / HAVOC LIVE IN OSLO
KAMELOTのサポートやTHE MAGNIFICENTでも美声を聴かせたMichael Erikse擁するノルウェーのメロディック/プログレッシヴ・メタル・バンド、キャリア初のライブ作品。
DREAM THEATER影響下の緻密でハイレベルなスキルを擁するテクニカルな楽曲と北欧らしい叙情美と絶妙なポップ・フィーリングを融合させたメロディアスなプログレ・メタル・サウンドで、デビュー以降着実に支持層を拡大している彼等。そのハイレベルな楽曲をライブで完璧に再現する驚嘆のライブ作品。
 
■WINGER / BETTER DAYS COMIN(2,484円)
WINGER / ウィンガー / ベター・デイズ・カミン
 
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。 
 
 
 


友だち追加数
商品の価格は税込価格で記載されております。

【国内盤/新入荷】
■ALL OUT WAR / Give Us Extinction (2,052円)
ALL OUT WAR / オールアウトウォー / Give Us Extinction

NYHCダークサイドから、ALL OUT WARの7年ぶり待望の最新アルバムが日本盤リリース!
ニューヨーク・ハードコア、エッジメタル/メタルコアのファンのみならず、BOLT THROWERやAMEBIXといったUKハードコア/クラスト系も巻き込み、メタルもハードコアも完全に超越した傑作です!
NY出身ALL OUT WARが7年ぶりとなる新作アルバムを完成させ、RETRIBUTE RECORDSから日本盤にてリリース!1990年代初頭からの長年の活動、25年を超える活動の中で常に異端児的サウンドを出し続け、HARDCORE/METALをクロスオーバーさせたダークでメタルなスタイルは現在活動するの幾千のハードコアバンドに影響を与え続けているといっても過言では無い。前作「Dying Gods」にて復活の狼煙とも取れる初期のを彷彿させる楽曲を、更にブラッシュアップさせ本作最高峰のアルバムと仕上がっています!
彼らの名作2ndアルバム"For Those Who Were Crucified"のメンバーが復帰しての初アルバムだけあり、彼らのクラシックリリースを思い起こす原点回帰のアグレッションに満ち溢れた作品。HATEBREED、TURMOIL、BURIED ALIVE、SUICIDE SILENCE等を手掛けているSteve Evettsによるプロデュースにより重厚かつソリッドなサウンドプロダクションと単音の鋭さを最大限に活かしたこれぞALL OUT WARな傑作音源!
【ディスクユニオンオリジナル特典:缶バッジ】



■WORLD OF PAIN / No Utopia (1,836円)
WORLD OF PAIN (US) / ワールド・オブ・ペイン / No Utopia
2013年初来日、そして2017年9月にはJAPAN TOURとBLOODAXE FESTにも出演が決まっているサンディエゴ出身ハードコア・バンド、WORLD OF PAINの新作がRETRIBUTE RECORDSより日本独占リリース決定!
今回のリリースは世界でRETRIBUTE RECORDSからのみのリリースという日本発信の特別な音源になっています!
既に2枚のアルバムとMCDを出してアクティブに活動を続けているバンド。2013年の初来日、数々のヨーロッパへのツアー等もこなし、2017年彼らの集大成ともいえる本作「No Utopia」をリリース!90年代東海岸のタフなハードコアからの影響をベースに、よりヘビーでブルータルなサウンドを作り上げ、メタリックで図太いリフ、硬質なバックと吐き捨てボーカル、ビートダウンの応酬等どこを切ってもWORLD OF PAINの積み上げてきたサウンドを堪能出来る作品となっています!
これまでSANDをはじめ、NASTY、XIBALBAなど世界で活躍する人気のビートダウン・ハードコアを多数リリースしてきた名門BEATDOWN HARDCOREよりリリースしてきたWORLD OF PAIN。現行ハードコアの最高峰として名高いXIBALBAやRUCKUSとスプリットをリリースする等、いま最も注目のビートダウン・ハードコアです!!


■V.A. / UNHOLY FORCES COMP (1,500円)
V.A. (UNHOLY FORCES COMP) / オムニバス(アンホーリー・フォーセズ・コンピレーション) / UNHOLY FORCES COMP#1 / アンホーリー・フォーセズ・コンピレーション#1
98年の国産ブラック・メタル・バンドを集めたコンピレーション・アルバム。収録した全てのバンドが活動を終え、失われていた「不浄なる力」は再評価の声と共に必然的な復活を見せ付けるのである。日本の地下シーンより98年にリリースされていた国産ブラック・メタル・バンドを集めたコンピレーション・アルバムがついに再発。90年代を生きた伝説が今・・・。


■WEEMOED / INSANIA MORALIS & TRAUMMORD (1,800円)
WEEMOED / ウェームーズ / INSANIA MORALIS & TRAUMMORD / インサニア・モラリス・アンド・トラウモード
オランダのプリミティヴ/デプレッシヴ・ブラック・メタル、Weemoedの2nd+3rd。泣き、喚き、叫びまくるキチガイ系デプレッシヴ/プリミティヴ・ブラックが投下!!年代順にリリースされたセカンド・アルバムとサード・アルバムを収録した2枚組みCDでリリース。暗闇、死、腐敗に対処する意思の失敗と、コントロールを失った人間自身の影から暗い押し下げられた絶望の感情の多様性を構成する、オランダの奥地からのダーク・アンビエント/クラシック・アート/デプレッシヴ・ブラック・メタル!SortsindやSilencerに入れ込んだリスナーへオススメだ!!


【輸入盤/新入荷】
■EXIT EDEN / RHAPSODIES IN BLACK (2,160円)
EXIT EDEN / EXIT EDEN  / RHAPSODIES IN BLACK
Amanda Somerville, Clémentine Delauney(VISIONS OF ATLANTIS), Marina La Torraca(HIGHLIGHT KENOSIS), Anna Brunnerという女性シンガー4人によるシンフォニック・メタル・プロジェクトのデビュー作。
MADONNA、RIHANNA 、BACKSTREET BOYSなどの世界的ヒット曲のカヴァーを収録。


■PRIVATEER (from Germany) / GOLDSTEEN LAY (2,160円)
PRIVATEER (from Germany) / GOLDSTEEN LAY
ドイツの専任ヴァイオリン奏者含む5人組フォーク/パワー・メタル・バンド、約4年ぶりの新作となる17年発表の3rdフル・アルバム。
ヴァイオリンの奏でるクサめのフォーク・メロディに、雄々しいクワイア、ダミ声、クリーン声が入り乱れる勇壮なVoパートで聴かせる男気溢れるフォーク/パワー・メタル・サウンド。FALCONERからORDEN ORGANあたりのファンにまでオススメ。


■DAWN OF DISEASE / ASCENSION GATE (2,160円)
DAWN OF DISEASE / ASCENSION GATE
ドイツのメロディック・デス・メタル・バンド、前作『Worship the Grave』から1年ぶりの新作となる17年発表の4thフル・アルバム。
初期はVADERあたりからの影響を感じさせる比較的王道のデスメタルをやていたが、前作で大幅にメロディを導入。DARK TRANQUILITYやNIGHTRAGEあたりにも通じる北欧っぽい哀メロを導入したメロディック・デス路線へと進化。本作もその延長線上に位置する作風。


■MIDNIGHT GHOST TRAIN / CYPRESS AVE (2,160円)
MIDNIGHT GHOST TRAIN / CYPRESS AVE
Sカンザスのトリオ編成ストーナー/サザン/ブルース・ハードロック・バンド、17年発表の4thフル。


■RUSSKAJA / KOSMOPOLITURBO (2,160円)
RUSSKAJA / KOSMOPOLITURBO
メタル、ロシア民謡、パンク、スカ、ポルカなどをミックスした独自のサウンドを追求する自称「Russian Turbo Polka」バンド、17年発表作


【国内盤/再入荷】
■MARCHEN STATION / フォー・ザ・セイク・オブ・ゴッド (1,620円)
MARCHEN STATION / メルヘン・ステーション / フォー・ザ・セイク・オブ・ゴッド
超絶ハイトーン・ヴォーカルと超絶技巧派ギタリストが織り成すメロディック・スピード・メタル・ユニット、デビュー作。ヴォーカルは元MINSTRELIXのLeo Figaro。


【輸入盤/再入荷】
■F.K.U. / WHERE MOSHERS DWELL (2,160円)
F.K.U. / WHERE MOSHERS DWELL
DARKANEの1stアルバムやANDROMEDAの1stアルバムに参加しSCARVEのメンバーでもあるLarry Lethal(Lawrence Mackrory)、ex MIDAS TOUCHのPat Splat(Patrik Sporrong)らによるスウェーデンのクロスオーバー/ホラー・スラッシュメタル・バンドの3rdアルバム。元々はS.O.D.からの影響が強かったサウンドだったが、今作では刻むリフはもちろん、ゴリゴリのベースやBlitzを彷彿させるヴォーカル等、「UNDER THE INFRUENCE」や「THE YEARS OF DECAY」、あるいは「W.F.O.」辺りのOVERKILLに近い感じになっている。ex GRAVE/ex ENTOMBED他のJorgen SandstromやENGORGED他のRyan Sorrensonがゲスト参加。Napalmからの再発盤。


【書籍/再入荷】
■伊藤政則 / 伊藤政則の“遺言” (2,000円)
伊藤政則 / 伊藤政則の“遺言”
60年代を起点に時間軸を辿り、“日本のメタル・ゴッド"伊藤政則氏が豊富な実体験に基づいてHM/HRの歴史を読み解くトークイベント『伊藤政則の“遺言"』の、第1回(2016年6月6日)から第5回(2017年1月23日)までの内容を完全収録。HM/HRファン必携の1冊、遂に登場!!


ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


友だち追加数
商品の価格は税込価格で記載されております。
 
【輸入盤/新入荷】
■ORDER (METAL/from Norway) / LEX AMENTIAE<DIGI>(2,484円)
ORDER / LEX AMENTIAE
初期MAYHEMのメンバーだったManheim(Ds)とMessiah(Vo)、CADAVERのAnders Odden(G)とRené Jansenにより13年に結成されたノルウェーのブラック/デス・メタル・バンド。14年にRené Jansenが亡くなり後任にex GRUECIFERのStu Manx(B)が加入し制作された17年1stフル・アルバム。暗黒な空気が立ちこめるブラック・メタル/ブラッケンド・デス・メタル・サウンド。デジパック盤CDのみのボーナス・トラック収録。
 
■WAGE WAR / DEADWEIGHT(1,944円)
WAGE WAR / ウェイジ・ウォー / DEADWEIGHT
デス・ボイスの咆哮と澄んだハイトーン・ボイスが絡み合う攻撃的かつメロディアスなメタルコア・サウンド! Wage Warのセカンド・アルバム登場!
Wage War:米フロリダ州オカラ出身の5人組メタルコア・バンド。メンバーはBriton Bond(VOCAL)、 Seth Blake(GUITAR)、Cody Quistad(GUITAR,VOCAL)、Chris Gaylord (BASS)、Stephen Kluesener(DRUMS)。
本作:デビューアルバム『Blueprints』より2年。 前作に引き続き、プロデュースはA Day to RememberのボーカリストJeremy McKinnonと日本のHER NAME IN BLOODも手掛けたAndrew Wade。
 
■BOULEVARD / BLVD.(1,620円)
BOULEVARD / BLVD.
2ndでは名義をBOULEVARDに変更するため、そちらの名前で記憶している方も多いかと思いますが、BLVD.名義でリリースされたこの1stと、2ndは共にマニアの間で名盤とされている一枚。如何にもカナダのバンドらしい哀愁とポップさが同居した極上のメロディと、Keyを大々的にフューチャーした80年代産業ロックっぽい楽曲が満載。特にシングル・カットされ、それぞれヒットを記録した「Dream On」「Far From Over」「When The Lights Go Dawn」の3曲は名曲で、その2曲が連続して続く冒頭の流れに反応しないメロディアス・ハード・ファンはいないのでは??と思うほど。
HAREM SCAREM、HONEMOON SUITE、LOVERBOYなどカナディアン・メロディアス・ハード好きは必ず押さえていただきたいバンドです。
 
■DEEP PURPLE / JOHNNY'S BAND<DIGI>(1,404円)
DEEP PURPLE / ディープ・パープル / JOHNNY'S BAND
17年発表のアルバム『INFINITE』からのシングル・カット。リハーサル音源や未発表ライブ音源なども収録した5曲入り。
 
■BONEHUNTER /  RABID SONIC FIRE(3,456円)
 
■CALLEJON / FANDIGO<DIGI>(2,268円)
CALLEJON / FANDIGO
かつてNuclear Blastからもアルバムをリリースしていたドイツのメタルコア・バンド、17年発表の7thフル。
初期はHEAVENS SHALL BURNなどにも通じるメタルコア路線だったが、徐々にメロディアスな要素を強化。現在はポストハードコア風味もあるオルタナ・ロックといったような内容。
 
■THE LURKING FEAR / OUT OF THE VOICELESS GRAVE <DIGI>(2,160円)<BLACK VINYL>(2,916円)
THE LURKING FEAR / ザ・ラーキング・フィア / OUT OF THE VOICELESS GRAVE
AT THE GATESのTomas Lindberg(Vo)、Adrian Erlandsson(Dr)、GOD MACABREの Jonas Stålhammar(G)らによるスウェディッシュ・デス・メタル・バンドの1stフル。
 
■SNAFU / LIVE NOTTINGHAM 1976(2,160円)
SNAFU / LIVE NOTTINGHAM 1976
PROCOL HARUM〜FREEDOMのBobby Harrison<Vo,Ds>を中心に、JUICY LUCY~後にWHITESNAKEに加入するMicky Moody〈G〉も在籍したブリティッシュ・スワンプ/ブルース・ハード・ロック・バンド、76年ノッティンガムでのライヴ。ボーナス・トラックにBobby HarrisonらによるNIAGRAの77年ラジオ用セッション音源3曲を収録。
 
■NECROPHOBIC / PESTA<BLACK 7INCH>(1,296円)
NECROPHOBIC / ネクロフォビック / PESTA
DISSECTIONと並んでスウェーデンにてブラック・メタルにかなり近い暴虐性を発していたNECROPHOBIC。『Womb of Lilithu』以来の新作となる8thフルからの先行シングルとなる7インチ。
 
■ATOMIC ROOSTER / IN HEARING OF<LP>(2,916円)
ATOMIC ROOSTER / アトミック・ルースター / IN HEARING OF
71年発表の3rdフル。MUSIC ON VINYL再発盤。
【仕様】
• 180 GRAM AUDIOPHILE VINYL
• GATEFOLD
 
 
【輸入盤/再入荷】
■INCANTATION / DIRGE OF ELYZIUM<DIGI>(2,700円)
INCANTATION / インカンテーション / DIRGES OF ELYSIUM<DIGI>
US暗黒デス・メタルの14年10thアルバム。相変わらず暗黒な空気が滲み込んだリフとグロウル・ヴォイスにより90年代からのオールドスタイルなデス・メタルを貫いている。初期のころのようなドロっとした感触はさすがに薄れてはいるが、今の時代に即しながらもフル・ブラスト・パートからドゥーミーな重苦しいパートまでデス・メタル本来の暗黒性をきちんと伝えている辺りはさすがと言える。
 
■IMMOLATION / DAWN OF OSSESSION<DIGI>(2,592円)
IMMOLATION / イモレーション / DAWN OF OSSESSION
元々RIGOR MORTIS(テキサスの方とは異バンド)として活動し88年に改名したUS/NYのデス・メタル、Roadrunnerから91年にリリースされた1stアルバム。当時のデス・メタル勢の中でも一際暗黒な空気を放っており、INCANTATIONと並んでUSの地下臭いデス・メタルの極意を見せていた。後に聴き易いデス・メタルとなっていくが、この作品は暗黒デス・メタルが何たるかを端的に示している歴史的名作。全ての初期デス/オールドスクール・デス・メタル・ファンは避けて通れない作品。サウンドからは想像出来ない美しいタッチのジャケットはBLIND GUARDIANやIN FLAMES、GRAVE DIGGER等でお馴染みのAndreas Marschallによるもの。
 
■BOULEVARD / INTO THE STREET(1,620円)
BOULEVARD / INTO THE STREET
カナダのメロディアス・ハード/ハードポップ・バンドがBLVD.からBOULEVARDに改名して'90年にリリースした2nd。
AOR寄りの内容だった1stと比較するとよりハードさが際立ったメロディアス・ハード寄りの内容ながら持ち前のポップで爽快なメロディは健在どころか更に磨きがかかっている。LOVERBOY、HONEYMOON SUITEなどカナダを代表するバンドたちと比較しても何の遜色もない名盤。
 
■HAVOK (from US) / CONFORMICIDE<DIGI>(2,160円)
HAVOK (from US) / CONFORMICIDE<DIGI>
USコロラド出身のスラッシュ・メタルの17年発表、Century Media移籍第一弾となる4thアルバム。
もともとパワー・メタル要素やクロスオーバー要素なども交えたバラエティ豊かなサウンドを武器としていたが、本作ではそこにモダンな要素をプラス。過去最も広い振れ幅を感じさせる作品に仕上がっている。
 


 
■ORPHANED LAND / EL NORRA ALILA<DIGI>(2,160円)
 
 
【国内盤/再入荷】
■ラクシャサ / 六道羅刹(2,700円)
Rakshasa / ラクシャサ / 六道羅刹
「エレジアック・ブラックメタル・バンド、ETHEREAL SIN を率いて、幾多のキャリアを誇るYama.DB が、持てる音楽的才能を凝縮させ結成した注目バンド、Rakshasa。新たに元Albion の百合(vo)を得て、繰り広げられる百花繚乱の『劇的ピュアメタル』を味わい尽くせ!
Rakshasa の1st アルバムを和田誠(CAPTAIN-WADA)がプロデュースするレーベル『爆音RAD』より、リリース!!
 

 
 
■ラピス・ライト / 焔~FLAME~(2,300円)
LAPiS LiGHT / ラピス・ライト / 焔~FLAME~
ネオ・ジャポ・ヘヴィー・ロック・バンド、LAPiS LiGHTの3部作ミニアルバム 第1弾。
 


 
■リリース・ハルシネーション / ディストピア(823円)
RELEASE HALLUCINATION / リリース・ハルシネーション / ディストピア
PHANTAS-MAGORIA名義で発表されたemiの2ndソロ・アルバムに、ギタリスト kaorinが参加したことがきっかけとなり、本ユニットであるRelease hallucinationが結成された。 Release hallucination名義の初作品となる3曲入りシングル。PHANTAS-MAGORIAでも聴かせたテクニカルなギターとシンフォニックなキーボードなど楽曲の基礎となる部分はそのままに、よりプログレッシブな方向性へと押し進めた作品。非理想郷をテーマに極端な管理社会での葛藤を描いたプログレッシブ・メタル・ナンバー“Dystopia”など3曲を収録。
 
■ベルズ・ファイア / イントゥ・ザ・ライト(2,057円)
VELL'Z FIRE / ベルズ・ファイア / イントゥ・ザ・ライト
「アトラクション・メタル」という新ジャンルを提唱する正統派ヘヴィ・メタル・バンドの2ndアルバム。日本のメタル・シーンに確かな軌跡を残したドラマーMAD大内氏(ANTHEM、TYO、SOLITUDE、5X、他)をプロデュースに迎えた本作は80年代から脈々と受け継がれる普遍的なヘヴィ・メタルを探求。伸びやかなハイトーン・ヴォーカル、メロディアスなギター、グルーヴィ&パワフルなリズム隊、流行に媚びることなく、自らの信念を貫くメタル・サウンドに胸が熱くさせられてしまうだろう。ゲストに夜叉、成田☆一家の成田伸治、成田☆一家のNAOTOがコーラスで参加。
 
■BETWEEN LIFE AND DEATH / トランジエンス(540円)
BETWEEN LIFE AND DEATH / トランジエンス
神戸のメロディック・デス・メタル・バンド、Aresの中心メンバーであるYasushiとTakeshiによって新たに結成されたメタル・コア・バンド。メロディック・デス・メタルを基調としたリフとメロディー、強力なビート・ダウン、ブレイク・ダウンにエレクトロニカを融合させたモダンなメタル・コア・サウンドを聴かせる。I Killed The Prom Queen、Parkway Drive、Unearth、August Burns Red、Attack Attack!、 Asking Alexandria、Jamie's Elsewhere等が好きな人は要チェックの注目バンドです。
 
■ディキャピテイテッド / アンチカルト(2,484円)
DECAPITATED / ディキャピテイテッド / ANTICULT / アンチカルト
ヴェイダーとも縁の深いポーランド出身のエクストリーム・メタル・バンド、ディキャピテイテッドが、およそ3年ぶりとなるファン待望のニュー・アルバム『アンチカルト』をリリース!ブルータルかつグルーヴィーな持ち前の音楽性を、新たなラインナップでさらに磨き上げた充実のアルバム!
 
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。

 
 
 


友だち追加数
商品の価格は税込価格で記載されております。
【国内盤/新入荷】
■アンラッキー・モルフェウス / ライブ 2017 CD (1,620円) <DVD> (3,240円)
常に進化するUnlucky Morpheusの現在をパッケージしたライブCD。バンドの圧倒的な超絶技巧とアグレッシブなパフォーマンスを余すことなく収録!!
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・DVD-R (MVメイキング映像)
 
■サイレックス / サイレンス・イン・エクスプロージョン・パート2 (1,620円)
SILEX / サイレックス / SILENCE IN EXPLOSION PART II / サイレンス・イン・エクスプロージョン・パート2
Silex(サイレックス)は、2016年にギタリストMashaを中心に結成された4人組メタル・バンド。2016年のデビューと同時に発売され、大きな話題を呼んだ衝撃のSilex第一弾シングルが、最新のライブ・テイク2曲を新たに加え、全5曲入りのスペシャル・エディションとして再リリース。日本のTV・CMの歌唱やナレーション、HR/HMシーンで活躍中の実力派プレイヤーがメンバーとして集結。幅広い世代から支持を受けており、今最も注目すべき気鋭のメロディック・メタル・バンドと言える。
 
■アイアン・アタック / 士魂 ~占守島の戦い~ (1,296円)
IRON ATTACK! / アイアン・アタック / 士魂 ~占守島の戦い~
今回のIRON ATTACK!新作は、北海道を舞台に繰り広げられる"占守島の戦い"がモチーフの、ヒロイック・スピード・メタル叙事詩。レギュラー・メンバーである、Yu-ta(GAUNTLET)、勇舞(LIGHTNING)、中村拳一郎(LONGINUS)に加え、元SABER TIGERのSANPEI擁する北海道の正統派HR/HMバンド「HOWLING★STAR」から、Dummy(TAKAYUKI)が2曲で初参加。
エンジニアは、北海道在住の伊藤誠悟氏。可愛らしいジャケットからは想像もつかぬ、勇壮極まりないパワー・メタルと、師匠・屍忌蛇(VOLCANO)譲りの慟哭を誘うギターが、北方領土に木霊する!!
 
■バイ・バング / ロック・オブ・ライフ (2,571円)
BAI BANG / バイ・バング / ROCK OF LIFE / ロック・オブ・ライフ
スウェーデン出身のメロディック・ロックバンド、BAI BANG、
安定感抜群の王道メロディック・ロックが炸裂!!
8枚目のニュー・アルバム登場!
バンドの看板で、頭脳でもある存在感抜群のシンガー、ディディ・カーステンホルト率いる、BAI BANG、
過去最高にメロディアスな8thアルバムで2011年以来の日本リリース!
度重なるメンバー・チェンジがありながらも、メロディアスで、ポジティヴで、ソリッドな、その音楽性がまったくブレないのは、
偏にリーダー、ディディ・カーステンホルトの強い意志の元に音楽が作られている。
今作はそのディディ以外のメンバーを一新し、新たな歴史を作るべき逸品!!
 
■ウインド・ローズ / ストーンヒム (2,571円)
WIND ROSE / ウインド・ローズ / STONEHYMN / ストーンヒム
イタリア出身、壮大で劇的なパワーメタル・サウンドで大きな賛辞を受ける
ウインド・ローズ、サードアルバムで待望の本邦デビュー!! 
2009年結成、過去2枚のアルバムをリリースしてきた彼ら、待望の新作は彼らの最高傑作というだけでなく、
フォーク・メタル・シーンにとっても超重要な位置づけとなること必至の快作!!
メンバーには元Labÿrinth, Vision Divineで有名なベーシスト、クリステイアーノ・ベルトッツィが2012年より加入!
既にフォーク/ペイガンメタルのファンの熱い支持を得ている彼らの今作での評価が最大限になることは明白!!
 


 
■a crowd of rebellion / Gingerol 【初回限定盤】(3,780円)
a crowd of rebellion / Gingerol
 
【輸入盤/新入荷】
■TOTO & FRIENDS / THE JEFF PORCARO TRIBUTE CONCERT (2CD) (1,944円)
TOTO & FRIENDS / トト・アンド・フレンズ / THE JEFF PORCARO TRIBUTE CONCERT (2CD)
92年FMラジオ放送用ライヴ音源が2CD化!
92年12月14日、LAはUNIVERSAL AMPHITHEATRE公演を収録。
TOTOの中心メンバーとしてだけでなく、世界でも有数の超売れっ子セッション・ドラマーとして絶大な人気を誇った故JEFF PORCARO。92年8月5日、南カリフォルニアの自宅の庭で心臓発作を起こし38歳で急死したロック史を代表する名ドラマーの早すぎる死を悼んで行われたトリビュート・コンサートの模様を収録しています。
聴衆にも多くのミュージシャンがいたというそのステージは、弟MIKE PORCARO、STEVE PORCAROはもちろんのこと、MICHAEL MCDONALD、DAVID CROSBYにDONALD FAGEN等々、全員が盟友といえる非常に豪華な顔ぶれによる充実の一夜となりました。BOZ SCAGGSはある意味JEFFの代表作でもある76年傑作『SILK DEGREES』から"LOWDOWN"と"LIDO SHUFFLE"を、DON HENLEYは82年のデビュー・ソロ作『I CAN'T STAND STILL』からの"DIRTY LAUNDRY"を披露とJEFFのセッション・マンとしての歴史も交えながら、STEVE LUKATHERはEDDIE VAN HALENとJIMI HENDRIXの"FIRE"カヴァーを熱演、もちろん"ROSANNA"、"AFRICA"、"I'LL BE OVER YOU"などTOTOヒットも満載で贈るファン必聴の夢のようなステージとなっています。ラストはGEORGE HARRISONがスペシャル・ゲスト参加し、LUKATHER、SCAGGS、HENLEY、MCDONALD、CROSBY、聴衆まで巻き込んでJOE COCKERアレンジによる"WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS"で〆。ちなみにJEFFの位置に座ったのは後任としてTOTOに加入したSIMON PHILLIPS。
 
■DEAD CROSS / DEAD CROSS<PAPER SLEEVE> (2,268円)
DEAD CROSS / デッド・クロス / DEAD CROSS
Mike Patton(Vo/FAITH NO MORE)、Dave Lombardo(Dr/ex-SLAYER)、THE LOCUSTのJustin Pearson(B)、RETOXのMike Crain(G)というメンバーで15年に結成されたエクストリーム・メタル/ハードコア・バンド、17年発表の1stフル・アルバム。
 

 
 
■CLAYMOREAN(CLAYMORE) / SOUNDS FROM A DYING WORLD (2,268円)
CLAYMOREAN(CLAYMORE) / SOUNDS FROM A DYING WORLD
CLAYMORE名義で90年代中盤より活動をしてきたセルビアの女性Voエピック・メタル・バンド、改名後2作目となる17年発表の4thフル。
 
■CLOVEN ALTAR / ENTER THE NIGHT (2,268円)
CLOVEN ALTAR / ENTER THE NIGHT
ROCKA ROLLAS/BLAZON STONE/MORTYR他のCed(G/B/Dr)率いる正統派メタル・バンド、17年発表の2ndフル。
本作もROCKA ROLLASに匹敵するマニア歓喜のパワー・メタルを聴かせてくれる。
 
■THOR / BEYOND THE PAIN BARRIER (1,944円)
THOR / BEYOND THE PAIN BARRIER
マッチョ・ヴォーカリストJon Mikl Thorによるカナダの正統メタル、17年19thフル・アルバム。今作でもMANOWARに通じるガチガチのパワー・メタル・スタイルでありながら、MANOWARよりもキャッチーな要素も多いサウンドを聴かせる。
 
■THOR / LIVE IN DETROIT<2CD+DVD/DIGI> (3,456円)
THOR / LIVE IN DETROIT
筋肉隆々マッチョ・ヴォーカリストJon Mikl Thorによるカナダの正統メタルTHORの、85年にRaw Powerからリリースされたライヴ・アルバム。76年から85年にかけてのライヴ等の映像収録し05年にリリースされた『AN-THOR-LOGY 1976-1985』DVDと、ライヴ音源収録『CHARIOTS ACROSS THE AMERICAS LIVE』CD付き3枚組。
 
■ARCHANGE / FLASHBACK (1,836円)
ARCHANGE / アークオンジュ / FLASHBACK
RATT, DOKKEN, SCORPIONSに影響を受けた80'sスタイルのサウンドを標榜するフランスのハードロック・バンドのデビュー作。
 


 
■STEVE HOWE / ANTHOLOGY 2: GROUPS & COLLABORATIONS (2,700円)
STEVE HOWE / スティーヴ・ハウ / ANTHOLOGY 2: GROUPS & COLLABORATIONS
再びYES及びソロに専念し活発に活動するProgressive Rockシーンを代表する名ギタリストの一人、初期から近年までの活動の歩みを纏めた'16年3枚組新規ベスト盤が登場!タイトルとおり'15年に発表された『ANTHOLOGY』の第2弾で、副題のとおり在籍バンドや自身が率いるトリオを含む各種コラボ音源から選曲/編纂。Disc1は60/70/80年代、Disc2は90年代から近年までの自身が在籍したバンドの音源を、Disc3は元バンド・メイトであるRick Wakemanの実子OliverをはじめAnnie Haslam/Billy Currie/Fish/Paul Sutin等々80年代以降のコラボレーション音源から構成。多彩なプレイヤビリティーと時代の変遷を同時に味わえる年代順に並べられた構成の妙に加え、TOMORROW時代の盟友Keith West/GTRのフロントマンとして活躍したMax Baconとのコラボを含む今回初出となる13曲の未発表音源を収録。第1弾に比べマニアックながら、内容面では勝るとも劣らないYESはもとよりProgressive Rockファン要チェックの1枚です!!
 
■BLACK KNIGHT / MASTER OF DISASTER (1,836円)
BLACK KNIGHT / MASTER OF DISASTER
カナダの正統派メタルバンドが85年にリリースしたミニ・アルバム。ボーナス・トラック追加、16年再発盤。
 
■ROADHOG / THE OPPRESSORS (2,268円)
ROADHOG / THE OPPRESSORS
ポーランドの4人組80'sスタイルのパワー・メタル・バンド、17年STORM SPELL RECORDSから発表の2ndフル。
同レーベルのTREND KILLRESシリーズでデビューを果たしたバンドで、本作もとても現代のバンドとは思えない80年代ど真ん中のマイナー臭漂うパワー・メタルを聴かせる。
 
■NICUMO / STORMS ARISE (1,836円)
NICUMO / STORMS ARISE / STORMS ARISE
フィンランドのメランコリック・ゴシック・バンド、17年発表の2nd。TO/DIE/FORあたりにも通じる中音域でマイルドな声質で歌い上げる男声クリーンVoとメランコリックなメロディが印象的なゴシック・ロック。
 


 
■CONTAMINATED (from Australia) / FINAL MAN (2,160円)
CONTAMINATED (from Australia) / FINAL MAN
オーストラリアのオールドスクール・デス・メタル、17年1stフル・アルバム。スウェディッシュ・デス・メタル直系の重厚なリフに、80'S後期から90'S初期のデス・メタルにグラインドコアの要素も混ぜて初期フィンランド・デス・メタル勢にも通じるサウンドを聴かせる。Blood HarvestとHleter Skelter/Regain Recordsの共同リリース。
 
■CHASTAIN / WE BLEED METAL 17 (2,484円)
CHASTAIN / チャステイン / WE BLEED METAL 17
技巧派ギタリストDavid T. ChasteinによるUSパワー・メタル・バンド、前作『SURRENDER TO NO ONE』から約2年ぶりの新作となる15年発表の10thアルバム。PURE STEELからのジャケット・リニューアル再発盤。前作より復帰している80年代の活動を支えた女性シンガー・Leather Leoneの衰え知らずのパワフルな歌唱を軸としたストレートなUSパワー・メタルといった路線は前作同様。初期にあったダークさやDavid T. Chasteinのテクニカルなギターは少し控えめな作りながらも、80年代からシーンを支える自信を感じさせるツボを押さえた楽曲を聴かせる。
パワー・メタル・ファンは安心して聴ける好盤!!
 
■TRAPPED UNDER ICE / HEATWAVE (2,160円)
 
■COLOSSEUM (JAZZ/PROG: UK) / DAUGHTER OF TIME: REMASTERED & EXPANDED EDITION (2,160円)
COLOSSEUM (JAZZ/PROG: UK) / コロシアム / DAUGHTER OF TIME: REMASTERED & EXPANDED EDITION - REMASTER
British Jazz Rockを代表する名バンド、英Vertigoから発表された'70年作が英Esoteric Recordingsから新規リマスターで'17年再発CD化!新たに専任voにChris Farlowが加入、bが元RENAISSANCE,STEAMHAMMERのLouis CennamoからMark Clarkeへと入れ替わる流動期の中で制作/発表された1枚。前作で完成された音楽性はそのままにより、新たな実力派メンバーが加わったことによりアンサンブル/Album共にさらにパワー/クオリティが向上。Jack Bruce'Theme For Imaginary Western'カヴァーも含め、音楽/演奏面共に頂点へと達するバンドの姿が捉えられた強力作です!!マスターはオリジナル・マスター・テープからの新規リマスタリング音源を使用(予定)、ボーナスとして旧Castle盤CDにも収録されていた'71年8月英Lansdowne StudioでのSession音源から'Jumping Off the Sun(Chris Farlow vocal ver.)'と、現在入手困難な'09年4枚組BOX『MORITURI TE SALUTANT』に収録されていた'70年5月/'71年8月英Lansdowne Studio各Session音源から'Bring Out Your Dead(Demo ver.)'と未発表曲The Pirate's Dream'を追加、ブックレットには新規バイオグラフィーを掲載。
【ボーナス3曲収録/2017 Remaster】
 
■LETHAL NIGHT(US) / VISIONS IN THE NIGHT (2,268円)
LETHAL NIGHT(US) / VISIONS IN THE NIGHT
15年結成。USカリフォルニアのツインG編成若手正統派メタル・バンドの1stフル・アルバム。
IRON MAIDENからの影響を感じさせるツイン・ギターにハイトーンVoを乗せた80年代型の正統派/パワー・メタル。
 
■ALAE NOCTIS / OMEGA FORCE (2,268円)
ALAE NOCTIS / OMEGA FORCE
スペインの自称"Retro synthwave heavy metal"バンド、2作品同時リリースとなる17年発表作。
 
■ALAE NOCTIS / SLASHER (2,268円)
ALAE NOCTIS / SLASHER
スペインの自称"Retro synthwave heavy metal"バンド、2作品同時リリースとなる17年発表作。
 
■RUNNING WILD / BRANDED AND EXILED (3,456円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / BRANDED AND EXILED
ギタリストの片翼がPreacherからMajk Motiに交替しての85年発表2ndフル・アルバム。JUDAS PRIESTやIRON MAIDENの影響下にあるパワー・メタル・スタイルに変更はまったくないが、サウンドが前作に比べてシャープになり粗々しさがかなり削がれて楽曲クオリティも大きくアップしており、RUNNING WILDスタイルが完全確立されたと言える作品。
17年リマスターの17年Noise再発盤。
 
■RUNNING WILD / GATES OF PURGATORY (3,456円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / GATES OF PURGATORY
前身バンドGRANITE HEARTSから79年にRock 'N' Rolfにより活動を始めたジャーマン・メタル・バンド、84年にNoise Recordsよりリリースされた1stフル・アルバム。この時のメンバーはRock 'N' Rolf(Vo,G)、Preacher(G)、Stephan(B)、Hasche(Ds)。まだ海賊イメージを纏う前のJUDAS PRIESTやIRON MAIDENからの影響を強く受けたストレートなスピード/パワー・メタル・サウンドながら、すでに後のRUNNING WILD節が随所に見られ、早くもサウンド・スタイルを確立させている作品。
17年リマスターの17年Noise再発盤。
 
■RUNNING WILD / UNDER JOLLY ROGER (3,456円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / UNDER JOLLY ROGER
海賊イメージを前面に押し出してRUNNING WILDのキャラクターを決定付けた87年発表3rdフル・アルバム。ベースは前作の延長線上にある一途なパワー・メタル・スタイルだが、Rock 'N' Rolfのヴォーカルも堂に入ってきており、勇壮な要素も強くなってきた名作。短期間ながらBIRTH CONTROLのメンバーでもありACCEPTやSINNER、MAD MAX、PINK CREAM 69を手掛けたDirk Steffensがプロデュース。
17年リマスターの17年Noise再発盤。
 
■RUNNING WILD / PORT ROYL (3,456円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / PORT ROYL
ベースが後にGRAVE DIGGERのJens Beckerに、ドラムがU.D.O./後にACCEPTのStefan Schwarzmannに替わっての88年4thフル・アルバム。前作よりもさらに歌メロにフックが出てきてRUNNING WILD節に磨きが掛かってきた。楽曲の充実度や勇壮さもさらにレベル・アップされ、疾走するパワー・メタリックな曲からドラマティックな曲の中に確個たるRUNNING WILDらしさが詰め込まれた名作。ラストの8分以上に及ぶ大曲"Calico Jack"では展開構築力の高さを見せつける。
17年リマスターの17年Noise再発盤。
 
■RUNNING WILD / DEATH OR GLORY<2LP> (3,996円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / DEATH OR GLORY
89年発表RUNNING WILDの存在を世界中のメタル・ファンに知らしめることとなった大出世作にしてヘヴィ・メタル史上に輝く名盤5thフル・アルバム。メタル・ファン永遠のアンセムである1曲目"Riding The Strom"から捨て曲一切なしでとにかく楽曲の充実ぶりが凄まじく、随所にアイリッシュ・メロディを散りばめながら、前作までのB級以上A級未満なナイマー・メタル臭も一掃されRock 'N' Rolfのセルフ・プロデュースながら完全メジャー級のサウンド・クオリティへと変身し、これまでRock 'N' Rolfが培ってきたRUNNING WILD節が大きな昇華を果たした作品。ちなみに今作ではドラムはex DEMON PACTのIain Finlayに替わっている。
ボーナス・トラックに89年EP『BAD TO THE BONE』からの"March On"と90年EP『WILD ANIMAL』からの3曲を収録。
全曲17年リマスターの17年Noise再発盤。
【仕様】
・2LP
・Gatefold
 
■WARRANT (from US) / LOUDER HARDER FASTER<RED VINYL> (3,456円)
WARRANT (from US) / ウォレント / LOUDER HARDER FASTER
84年結成。80年代末~90年代初頭にかけてヒットを飛ばしたUSハードロック・バンド、WARRANT。前作『Rockaholic』から約6年ぶりの新作となる17年発表作品。前作から加入しているex-LYNCH MOBのRobert Masonの歌唱もバッチリとはまり、往年のキャッチーでグラマラスなハードロック・サウンドへと完全回帰!これぞWARRANTといわんばかりのPOPで躍動感溢れるサウンドに仕上がっている。
【仕様】
・RED VINYL
・GATEFOLD
 
■QUIET RIOT / ROAD RAGE<LP> (3,456円)
QUIET RIOT / クワイエット・ライオット / ROAD RAGE
Randy Rhoadsを輩出し、80年代の「Cum On Feel The Noise」の大ヒットでも知られるUSハードロック・バンド、実に11年ぶりの新作となる17年発表作品。
Randyに続き、シンガー・Kevin Dubrowを07年に失ってからQUIET RIOT名義では初のフル・アルバム。レコーディング完了後にシンガーを務めていたSeann Nicolsが脱退。新たにJames Durbinなる人物をシンガーに向かえ、ヴォーカル・パートを再レコーディングして制作。 発売延期を経てようやく本作が完成いた。
黄金期を彷彿とさせるキャッチーさとハードさを兼ね備えたサウンドに仕上がっている。バンドとしての完全復活を感じさせる作品。Randy、Kevinというバンドの中心メンバー2人を失う悲劇を乗り越え、新たに歩みはじめたバンドの姿を聴かせる完全復活作。
【仕様】
・LP
・GATEFOLD
 
■AXEL RUDI PELL / THE MASQUERADE BALL<2LP+CD> (3,456円)
AXEL RUDI PELL / アクセル・ルディ・ペル / THE MASQUERADE BALL
00年発表の8thフル。
【仕様】
・2LP+CD
・GATEFOLD
 
 
  
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。
 
 
 
 
 
 


友だち追加数


NWOBHM特集

70年代後半のイギリスはパンク・ロックの台頭でハード・ロックはオールド・ウェイヴとの認識が蔓延る一方で、70年代のハード・ロックを継承しつつ新たに出現したヘヴィ・メタルの波ということで名付けられたNew Wave Of British Heavy Metalムーヴメント。IRON MAIDENやDEF LEPPARDと言ったモンスター・バンドを輩出する一方で多くのマイナー・バンドも生み出し、短期間ながら80年代以降ヘヴィ・メタルすべての源流となり歴史を塗り替え、メタル史において最重要なシーンとなった。
そんなNWOBHMの重要作からマイナー発掘もの、さらには最近復活して再び気を吐くアルバムまで、入手可能なCDで当時の熱気と情熱をご紹介します。



当店2F、NWOBHMコーナーにて展開中!
ぜひご覧ください!

友だち追加数

 
CHAOS ASSAULT VOL.1
 
 
9/22(金) 
OPEN 18:00 / START 18:30
渋谷GARRET
Sigh / MANTAR / Boris
 
9/23(土)
OPEN 16:30 / START 17:00
渋谷GARRET
DOOM / Sigh / CHURCH OF MISERY / MANTAR
 
■ 1日券 5,500円
■ 2日通し券 10,000円
 
 
ディスクユニオンでは下記店舗にて1日券/2日通し券を販売します。
新宿ヘヴィメタル館
新宿パンクマーケット
お茶の水ハードロック・ヘヴィメタル館
渋谷パンク・ヘヴィメタル館
 
 
ワードレコーズ・ダイレクト CHAOS ASSAULTホーム・ページ
https://wardrecords.com/special/CHAOSASSAULT.php
 
 
主催:ワードレコーズ
制作:Zeppライブ
協力: METAL MASTER METAL /ディスクユニオン / タワーレコード / ローソンHMVエンタテイメント / ヘドバン 総合問合せ:Zeppライブ 03-5575-5170(平日13:00~17:00) 
 
 
 


友だち追加数
 
商品の価格は税込価格で記載されております。
 
【国内盤/新入荷】
 ■THE LURKING FEAR / OUT OF THE VOICELESS GRAVE (2,160円)
THE LURKING FEAR / ザ・ラーキング・フィア / OUT OF THE VOICELESS GRAVE
AT THE GATESのTomas Lindberg(Vo)、Adrian Erlandsson(Dr)、GOD MACABREの Jonas Stålhammar(G)らによるスウェディッシュ・デス・メタル・バンドの1stフル。
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
 缶バッジ

■VENOM INC. / AVE (2,700円)
VENOM INC. / ヴェノム・インク / AVE / アヴェ
ヴェノムがあらゆるエクストリーム・メタルの産みの親であることに、疑問の余地はない。81年リリースの彼らのデビュ―・アルバム『Welcome to Hell』に収録された「Witching Hour」は、モーターヘッドからの影響が色濃いものの、世界初のスラッシュ・ソングと呼べるものである。デス・メタルのパイオニア、フロリダのデスは、もともとマンタスというバンド名であったのだが、これはヴェノムのギタリスト、マンタスに由来する。そしてブラック・メタルというジャンルに至っては、そのジャンル名がヴェノムのセカンド・アルバム『Black Metal』(82年)からとられているのだ。あらゆるエクストリーム・メタルは、ヴェノムを出発点としており、直接的にしろ間接的にしろ、ヴェノムから影響を受けていないエクストリーム・メタル・バンドなど存在しえないのである。
だが、今回『アヴェ』というアルバムをリリースするのはヴェノム Inc.であって、ヴェノムではない。一体どういうことなのか。上述の『Welcome to Hell』、『Black Metal』、そして『At War with Satan』(84年)、『Possessed』(85年)という4枚のスタジオ・アルバムは、いわゆるオリジナル・ヴェノムと言われるクロノス(Ba、Vo)、マンタス(Gu)、アバドン(Dr)の3名で作られた。しかし『Possessed』リリース後にマンタスが脱退したのを皮切りに、その後はクロノスが脱退したり、活動休止したり、挙句の果てにはクロノスが復活してオリジナル3人が揃ったり、でもまたアバドンが抜け、マンタスが抜け、結局現在3人のうちヴェノムに残っているのはクロノスただ一人なのである。つまり最近では、ヴェノム=クロノスという等式が成り立っていたのだ。だがマンタスはマンタスで、歴史的名盤とされる『Welcome to Hell』、そして『Black Metal』の曲の殆どを書いたのは自分であり、自分こそがヴェノムを名乗るに相応しいという自負を持っている。という訳で、そのマンタス、アバドン、そしてクロノスの代わりにデモリション・マンという、5枚目のアルバム『Prime Evil』(89年)期のトリオが集まって始められたバンドが、ヴェノム Inc.なのである! つまり現在、ヴェノムとヴェノム Inc.という、いわば2つのヴェノムが存在しているのだ。まあメタルの歴史も長く複雑になってきた現在、こういう元祖・本家争いというのはもはや珍しくも何ともないが。
そのヴェノム Inc.は、もともと15年、ドイツのKeep It Trueというフェスティヴァル用の、一夜限りのプロジェクトとして企画された。しかし、いくらクロノスを欠くとはいえ、約20年の時を経てマンタスとアバドンが再合体、ヴェノムの名曲を演奏するというのだから大事件にならないはずがない。その場にいあわせた数千人のファンが大熱狂したのは当然のこと、ヴェノム Inc.には世界中のプロモーターからラブコールが殺到。結局彼らは3人での活動継続を決意するに至った。『Welcome to Hell』、『Black Metal』というヴェノムの2大クラシック・アルバムの曲を演奏するということで大きな話題となったツアーは、15年にここ日本にもやってきた。やがてツアーを続けるうちに、バンド内では新しいアルバムを作りたいという意欲が、そしてファンからは新作をぜひ聴きたい声が大きくなってくる。一夜限りのプロジェクトとしてスタートしたヴェノム Inc.は、過去の名曲を聴かせるライヴ・バンドになり、そしてついに完全に現役復帰を果たす決断をするに至ったのだ。その結果が、ヴェノム Inc.名義ではデビュー・アルバムとなる、この『アヴェ』である!
肝心の音だが、これは紛れもなくヴェノムのアルバムだ。ここ最近のクロノス・ヴェノムよりも、はるかにヴェノムである。冒頭から「In Nomine Satanas」を彷彿させるリフが飛び出すだけでなく、アルバム全体がマンタス印のリフ、フレーズで溢れている。デモリション・マンの声も、クロノスと同系統の声であるので、一切の違和感がない。(ライヴだとヴィジュアルも含め、かなり違うが。)だが、このアルバムを何よりもヴェノムたらしめているのは、やはりアバドンによるドラミングだろう。アバドンが持つ独特の、というより独特すぎるリズム感覚こそが、「ヴェノムらしさ」のカギなのである。ヴェノム Inc.自身も、今回のアルバムを「クラシック、ヘヴィ、ヴェノム!」とシンプルに表現しているが、これほど『アヴェ』を的確に表す3単語も他にないだろう。この言葉は、(クロノス率いるヴェノムではなく)自分たちこそが本物のヴェノムであるという意気込み、主張でもある。そしてそんな大胆な主張も、この『アヴェ』を聴けば、十分に説得力を持つものであることがわかる。これほどヴェノム感を持つ新譜を聴くのは、一体何十年ぶりだろう。ついにあのヴェノムが帰ってきた。そう感じさせてくれるヴェノム Inc.のデビュー・アルバムである。
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・ VENOM INC.缶バッジ

 

■BLACKMORE'S NIGHT / TO THE MOON AND BACK  (3,240円)
BLACKMORE'S NIGHT / ブラックモアズ・ナイト / TH THE MOON AND BACK / トゥ・ザ・ムーン・アンド・バック・20イヤーズ・アンド・ビヨンド
DEEP PURPLEとRAINBOWでハード・ロックの歴史を切り開いてきた“巨匠”リッチー・ブラックモアが、「中世の吟遊楽隊の音楽を演奏する」という夢を実現したアコースティック・ユニットBLACKMORE'S NIGHT。歌姫キャンディス・ナイトをフィーチュアしたこのプロジェクトは、1997年に1stアルバム「SHADOW OF THE MOON」を発表して以来コンスタントに活動を続け、今年で20周年を迎えた。
ルネッサンス音楽を標榜し、吟遊楽団のコスチュームを身に着けてはいるものの、BLACKMORE'S NIGHTの音楽は決して中世音楽を再現しているわけではなく、その本質は、DEEP PURPLEやRAINBOWでリッチー・ブラックモアが披露してきたものに通じている。ルネッサンス音楽への深い憧憬をベースにヨーロッパ全域の民族音楽の伝統を取り入れたBLACKMORE'S NIGHTは、「ハード・ロックの要素を取り去ってもなおリッチー・ブラックモアの想像する音楽世界は魅力に満ちている」ことを示すプロジェクトと言ってもいいだろう。DEEP PURPLEやRAINBOWでリッチーが奏でたメロディを愛したファンなら、BLACKMORE'S NIGHTからも同じエッセンスを感じ取ることが出来るに違いない。アコースティック中心ではあるけれどもエレクトリック・ギターも適宜用いられ、そこで聴けるのは唯一無二の“リッチー節”そのものだ。
今回、デビュー20周年を記念してリリースされるのは、BLACKMORE'S NIGHTの集大成とも言えるCD2枚組のベスト・アルバム。この20年間に発表された9枚のオリジナル・アルバムから、リッチー・ブラックモアとキャンディス・ナイトが自ら選んだ彼らの代表曲の数々(2017年新録音ヴァージョンを含む)に加えて、ジョー・リン・ターナー時代のRAINBOWのヒット曲“I Surrender”をキャンディス・ナイトが歌うBLACKMORE'S NIGHTヴァージョンや、RAINBOWのショウのオープニングSEとして知られるエルガーの行進曲“威風堂々”第1番をリッチーがギターでプレイする“Land Of Hope And Glory”といった新録ナンバーを収録。“Possum's Last Dance”は海外の「SHADOW OF THE MOON」に収録されていたインスト曲で、日本盤では聴くことが出来なかったもの。日本盤リリ-スがなかった6thアルバム「SECRET VOYAGE」(2008年)からは“The Circle”が選ばれている。さらにボーナス・トラックは未発表曲の“Ghost Of John”と、ファン必携の内容となっている。
文●広瀬和生/BURRN!
 
■SWEET MIRACLE / SWEET MIRACLE (1,500円)
SWEET MIRACLE / スウィート・ミラクル / SWEET MIRACLE / スウィート・ミラクル
元ANTHEM、アニメタルのさかもとえいぞうがJulicの金城舞子をメイン・ボーカルに迎えて結成したニュー・バンド。HRを基盤としたサウンドから溢れだす疾走感、爽快感、そして絶妙なレトロ感。さかもとえいぞうのギター・ワークがサウンドに独特な色を添える。2014年ANTHEM脱退後、プロデュース業、楽曲制作活動をメインとしていたさかもとえいぞうの感性と魂が宿る衝撃のデビュー・シングル。
 
 
■バルフレア / ダウンポアー (2,571円)
BALFLARE / バルフレア / DOWNPOUR / ダウンポアー
ジャパニーズ・メロディック・スピード・メタルの黎明期からシーンを牽引するBalflareの4thアルバム。バンド・サウンドにさらなる磨きをかけ、疾走するツーバスに導かれるリズムと、美しくドラマティックなメロディーを、キーボードや多重コーラスによる重厚かつシンフォニックなアレンジで織り成す、メロディック・スピード・メタルの傑作!!
 
■六弦アリス / 初期Best2 (1,500円)
六弦アリス / 初期Best2
六弦アリスとして2008年から2009年までの間にリリースした作品から、選りすぐりの楽曲たちを凝縮しました。七つの大罪をテーマとした 「Omen of Seven」 という作品を皮切りに、休む間もなく駆け抜けた日々を一枚にまとめています。当時の楽曲とともに懐かしい日々を思い出せる、そんな作品を目指して作られたファン向けの作品です。サウンド面は全て刷新し、リアレンジなどを施しております。音質面では昨今のオーディオ機器の変化に合わせ、2017年版の音で表現しておりますので、是非お手持ちのヘッドフォンで確かめてみて下さい。
 
 ■zArAme / 11 (2,160円)
zArAme / 11
2015年発売後数週間で完売した1stミニアルバム『lastorder』、2016年発売したミニアルバム『amnesia』、SOSITEとのsplit 7インチ収録の「noFEAR」(どちらも現在完売)これらの廃盤音源をひとつなぎにまとめた編集盤のリリース。これは言うなればzArAmeの鉄板的入門編!
90年代~00年代に台頭したオルタナティブ~エモを牽引したcowpersのメンバーを中心に結成されたバンド、zArAmeが2015年~2016年にリリースし廃盤となっていた音源をコンパイルし復刻。メンバーのバックボーンとなるパンク/ニューウェーブをベーシックに貪欲に現代音楽をも包括するこれぞ最新型オルタナティブミュージック。 
元cowpers、spiral chordの竹林現動を中心に、初期cowpersやソロにてサハリンTV等を経た戸嶋智武、元Discharming man、現eveparty在籍の江河達矢らにより2014年札幌にて結成。その後元theSun、moonwalk等に在籍した井齋俊行が加入し現在の4人体制へ。2015年12月に自主レーベルDISRUFFより1st EP『lastorder』、2016年6月に2nd EP『amnesia』、同年8月にstiffslackよりSOSITEとのスプリット7インチを発売(全て現在完売)。2017年4月には3rd EP『COLD』をライブ会場限定でリリース。
Official Website ⇒ http://zarame0000.wix.com/zarame 

 
【ディスクユニオンオリジナル特典:キーホルダー付き】


 

【輸入盤/新入荷】
 
■INCANTATION / PROFANE NEXUS (1,944円)
INCANTATION / インカンテーション / PROFANE NEXUS
IMMOLATIONと並んでUSアンダーグラウンド暗黒デス・メタルのパイオニア的な存在となったINCANTATIONの17年11thフル・アルバム。初期の頃から貫徹されている暗黒な空気を発するデス・メタル・スタイルに一切の妥協はなし。リフから滲み出るダークさが渦巻く空気感にグロウル・ヴォイスによる凶々しさは全く変わっておらず、80年代末期から90年代初頭の真の意味でのデス・メタルの桃源郷サウンドを聴かせる。ミキシングとマスタリングはDan Swanö。
 
 
■SHAMAN'S HARVEST / RED HANDS BLACK DEEDS<DIGI> (1,836円)
SHAMAN'S HARVEST / RED HANDS BLACK DEEDS
オーガニックでアナログな肌触りを持つ、アメリカン・ロックの逸品が今生まれる…! 
ミッドウェストが生んだディープ・アメリカン・ロック・アクト、SHAMAN'S HARVEST(シャーマンズ・ハーヴェスト)。善と悪を並列に並べ、何が正しく何が過ちなのかを聴く者に問う、深く重いテーマを骨太なアメリカン・ロック・サウンドに乗せて歌う、男気溢れるロッカー達による通算6作目となる最新作が完成! この作品で、世界はこの驚くべきバンドの存在に気付く事となる…!
ミズーリ州ジェファーソン・シティが生んだ、男気溢れる骨太なアメリカン・ロックを鳴らす5人組、SHAMAN'S HARVEST。モダン・ロックとクラシック・ロックを独自の手法でミックスし、そこにサザン・テイストを色濃く打ち出すことで独特のアメリカン・ロックを提示する彼らが、通算6作目となる最新作『RED HANDS BLACK DEEDS』を完成させた…!
彼らが活動をスタートさせたのは、1996年の事。地元を中心に活動を続けながら1999年にデビューを果たし、その後2002年、2006年にアルバムを発表、そのサウンドと熱いパフォーマンスで徐々にファンベースを築き上げてきた彼らだが、2009年にシングル「Dragonfly」がアクティヴ・ロック・チャートを駆け上がり、その知名度を一気に全米規模へと広げていく。その骨太で男気溢れるロック・サウンドはプロレス界からも熱い注目を集め、WWEのレスラー、Drew McIntyreのテーマ・ソングやWade Barrett、The Correといったレスラーの入場曲などを手掛けるようになっていく。
2014年、彼らはレーベルをMascot Recordsへと移し、前作『SMOKIN' HEARTS & BROKEN GUNS』を発表、全米だけで15万ダウンロードや3,000万回のストリーミング再生という数字を叩きだし、さらに大きな注目を集める存在となったのだが、そんな彼らが前作より約3年振りとなる最新作『RED HANDS BLACK DEEDS』を完成させた。
プロデューサーに、HALESTORMやBLACK STONE CHERRY、DEFTONESらとの仕事でも知られるKeith Armstrongを迎えた今作は、今まで以上にダークな世界観を持つロック・アルバムとなっている。「俺達の内側にあるダークな性質を表に出したかのような作品だね。全体を通して、押し引きの緊張感が存在している。善と悪を並列に並べ、何が正しく何がまちがっているのかを問いただしているんだ。意図していたわけじゃないけど、ある意味コンセプト・アルバム的な内容になっている」 ─ Nathan Hunt (vo.)
これまでもモダンとクラシック両方の側面を持つサザン・テイストの骨太なロックを奏でてきた彼ら、今作でKeithをプロデューサーに起用したのは、彼の得意とする「アナログ・アプローチ」だったという。デジタル機器は一切使わず、ダイアル式電話をマイクの中にしこみ、そのマイクを通してレコーディングしたり、中にはヤギのひづめで出来たパーカッションなども使用するなど、全てのエフェクトやサウンドをアナログなやり方で収録していった。そうして手間と時間をかけてじっくりと作り上げられたこの最新作は、オーガニックでアナログな肌触りを強く感じさせてくれるサウンドが収録されており、そのサウンドが、さらに彼らの「独特な世界観」をより際立たせることに成功している充実の作品となっているのだ。
ここ日本ではまだ知られていないバンドではあるが、この夏、NICKELBACKの全米ツアーに帯同することが決定しており、この充実の最新作とNICKELBACKとのツアーでさらに人気を広めることは間違いないだろう。この作品で、ミッドウェストが生んだ驚くべきロック・バンドを今世界は知ることになるのだ…!
※メーカー・インフォより

 
【国内盤/再入荷】
 
■UNLUCKY MORPHEUS / AFFECTED (1,512円)
UNLUCKY MORPHEUS / アンラッキー・モルフェウス / AFFECTED / アフェクテッド
同人音楽シーンで圧倒的な人気と実力を誇るUnlucky Morpheusが満を持して発表するオリジナル1stアルバム。女性ヴォーカル、天外冬黄による圧倒的ハイトーン・ヴォイスと、ギタリスト、平野幸村による速弾きと泣きのメロディを駆使した演奏が特徴的。ドラムのふ~みん(森下フミヤ)はUNDEAD CORPORATION、THOUSAND EYESにも参加している。
Galneryus、MinstreliX、Dragon Guardian、LIGHT BRINGER等の国産クサメタルや、Asriel、妖精帝國、喜多村英梨等のアニソン系メタルファンは必聴の作品です。
 
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


友だち追加数
商品の価格は税込価格で記載されております。
【国内盤/新入荷】
■ダイ・ライク・ア・メイフライ / リーブス (1,490円)
DIE LIKE A MAYFLY / ダイ・ライク・ア・メイフライ / LEAVES / リーブス
日本では数少ない耽美派ゴシック・メタル・バンド。前作「Kyrie Eleison」よりも幅広い音楽性を取り入れ、内省的な世界を構築。暗闇の中にうっすらと輝く光、そんな音を表現する7曲入りアルバム。
■ダークシュナイダー / ライヴ・イン・チェコ 2016~バック・トゥ・ザ・ルーツ-アクセプテッド! (3,024円) <DVD+2CD> (6,480円) <DVD> (4,320円) <ブルーレイ+2CD> (7,560円) <ブルーレイ> (5,400円)
DIRKSCHNEIDER / ダークシュナイダー / LIVE - BACK TO THE ROOTS - ACCEPTED! / ライヴ・イン・チェコ2016~バック・トゥ・ザ・ルーツ-アクセプテッド!<2CD>
元ACCEPT~U.D.O.のウド・ダークシュナイダーが、ACCEPT時代の楽曲に別れを告げるために始動した別プロジェクト“ダークシュナイダー”が、2作目となるライヴ作品『ライヴ・イン・チェコ 2016 ~バック・トゥ・ザ・ルーツ - アクセプテッド!』をリリース!
ACCEPTの名曲を網羅した豪華セットリスト!日本先行発売。
【仕様】
◼2枚組CD
このDIRKSCHNEIDERは、元ACCEPTのシンガーであり、現在は自身のバンドであるU.D.O.を率いているウド・ダークシュナイダーによる別プロジェクトだ。2015年8月、世界最大のヘヴィ・メタル・フェスティヴァル『WACKEN OPEN AIR』のステージにて、U.D.O.とオーケストラの共演によるライヴを行なったウドは、ファンを驚かせる宣言をした。「ウド・ダークシュナイダーがACCEPTの曲を演奏するのは、2016年から始まるスペシャル・ツアーをもって最後とする」と。
ウドがこのような決断をした背景には、再結成したACCEPTとU.D.O.との比較論を第三者から聞かされることに疲れたということがあった。ファンやメディアは「ACCEPTはこの曲をやっている、U.D.O.はやっていない、U.D.O.はあの曲をやっている、この曲をやるべきだ」といったようなことを指摘しがちだが、ウドとしては「ACCEPTが再結成して活動を続けている以上、過去のACCEPTの曲は彼らに任せればいい、U.D.O.のスタジオ・アルバムは既に15枚もあるのだからU.D.O.のライヴはU.D.O.の曲だけで構成出来る」という結論に至ったのだった。たとえ一時的とはいえ、U.D.O.としてACCEPTの曲だけを演奏するツアーを行なうことには疑問符が付くことから、そのプロジェクトについてはDIRKSCHNEIDERという名義で活動を行なうことも決めた。
DIRKSCHNEIDERのラインナップは、ウド以下、アンドレイ・スミノルフ(ギター)、カスペリ・ヘイッキネン(ギター)、フィッティ・ヴィーンホルト、そしてウドの息子であるスヴェン・ダークシュナイダー(ドラムス)という5人。つまりU.D.O.の現在のラインナップが顔を並べている。
DIRKSCHNEIDERによるツアー『BACK TO THE ROOTS』は2016年の2月18日オランダのドラメン公演を初日とする欧州巡業からスタート、同年5月には来日も実現して東京、名古屋、大阪で計3回のショウを行なっている。その後はヨーロッパに戻って各地のフェスティヴァルに出演した他、東ヨーロッパやロシアにまで足を伸ばした。このツアーは各地で評判を呼び、世界各地のプロモーターから公演の要望が殺到したことで予定外の長期巡業となった。2016年10月には、同年4月のドイツ・メミンゲンにて録音された音声を素材とする2枚組ライヴ・アルバム「LIVE – BACK TO THE ROOTS」をDIRKSCHNEIDER名義でリリースした。
ツアーはもとよりライヴ・アルバムも好評を博したのだが、彼らはその勢いを駆ってDIRKSCHNEIDERのライヴ作品第2弾の制作を決断。2016年12月9日にチェコのブルノ公演にて撮影と録音を行なったのだった。そこで記録された音声と映像を素材とするのが、このたび日本で先行発売される運びとなったCD/DVD/Blu-Ray『ライヴ・イン・チェコ 2016 ~バック・トゥ・ザ・ルーツ - アクセプテッド!』である。
ACCEPTを代表する定番曲はもちろんのこと、本家がライヴで演奏しなくなって久しい曲までをも網羅した幅広いセットが、唯一無二の剃刀ヴォイスの持ち主であるウド・ダークシュナイダーと彼が全幅の信頼を寄せる4人のミュージシャン達によってパワフルにエネルギッシュに具現化されるこのライヴ作品。全ヘヴィ・メタル・ファン必携アイテムの登場だ。

【輸入盤/新入荷】
■RIAN / OUT OF THE DARKNESS (1,944円)
RIAN / OUT OF THE DARKNESS
スウェーデン・ストックホルム出身のトリオ・メロディアス・ハード・バンド、Melodic Rock Recordsからのリリースとなる1stフル・アルバム。
北欧らしい哀愁と大陸的な洗練されたキャッチーさを兼ね備えた極上のメロディアス・ハードを聴かせる。H.E.A.TやART NATIONあたりに続く有望株!!
プロデュースはMIN'S EYE/FIND ME/THE MURDER OF MY SWEETなどで知られるDaniel Flores。




【輸入盤/再入荷】
■TYGERS OF PAN TANG / THE MCA YEARS (3,348円)
TYGERS OF PAN TANG / タイガース・オブ・パン・タン / THE MCA YEARS <5CD BOX>
MCA時代の初期5作品をまとめたボックス・セット。
■SHADE EMPIRE / POETRY OF THE ILL-MINDED (2,484円)
SHADE EMPIRE / POETRY OF THE ILL-MINDED
99年結成。フィンランドのシンフォニック/メロディック・デス・メタル・バンド、前作『Omega Arcane』から約4年ぶりの新作となる17年発表の5thフル。
初期はシンフォニック・ブラックともいえる路線だったが、作を追う毎にメロディック・デス・テイストを強めており、現在ブラック的な要素はほとんど感じられず。壮麗なオーケストレーションとモダンなエレクトロ要素を共存させたシンセ・ワークと北欧らしい冷徹なメロディを武器としたサウンドは近作の延長線上ながらも、本作より加入した新Vo・Henry Hämäläinenの影響もあってかクリーンVoをこれまで以上に導入するなどドラマ性を更に強化した仕上がりに。
壮大かつ叙情的、持ち前の北欧的な要素を強く打ち出しつつこれまで以上の急成長を感じさせる最高傑作と呼べる一枚!!

■WITCHFINDER GENERAL / FRIENDS OF HELL (2,581円)
WITCHFINDER GENERAL / ウィッチファインダー・ジェネラル / FRIENDS OF HELL
BLACK SABBATH直系のヘヴィなリフでVENOM、WITCHFYNDEと並んでNWOBHMのダーク・サイドを代表した彼等の1983年発表2ndアルバム。ベースがチェンジしドラムは1st時のグラハムディッチフィールドがゲスト参加となった。1st同様冒涜なジャケがインパクトを与えるが、内容の方も1st同様にトニー・アイオミからの影響大のリフが満載の重量級サウンド。1stと甲乙付け難い名盤。バンドは今作を以って解散となるが、後のドゥーム・メタルへの影響は絶大。カリスマとして崇め祭られるべき存在だ。
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


友だち追加数
商品の価格は税込価格で記載されております。
 
【書籍/新入荷】
■ヤングギタ- / 2017年09月(980円)
 
■ウイロック / VOL.60(1,543円)
 
■伊藤政則 伊藤政則の“遺言”(2,000円)
伊藤政則 / 伊藤政則の“遺言”
60年代を起点に時間軸を辿り、“日本のメタル・ゴッド"伊藤政則氏が豊富な実体験に基づいてHM/HRの歴史を読み解くトークイベント『伊藤政則の“遺言"』の、第1回(2016年6月6日)から第5回(2017年1月23日)までの内容を完全収録。HM/HRファン必携の1冊、遂に登場!!
 
<内容>
 第1章 ロックの時代が来た! 
70年代初頭の“日本の洋楽"事情
 
第2章 ハード・ロック誕生
スウィンギング・ロンドンと英国ロック
 
第3章 IRON MAIDENの衝撃
ハード・ロックからヘヴィ・メタルへ
 
第4章 アメリカ主導の時代
ビッグ・ビジネスとなったヘヴィ・メタル
 
第5章 崩壊から再構築へ
90年代と“ビッグ・イン・ジャパン"
 
 
【国内盤/新入荷】
■ケン・ヘンズレー / 誇り高き言霊(3,240円)
KEN HENSLEY / ケン・ヘンズレー / PROUD WORDS ON A DUSTY SHELF / 誇り高き言霊<紙ジャケット仕様>
ユーライア・ヒープのキーボーディスト、ケン・ヘンズレーが73年にリリースしたファ-スト・ソロ。『悪魔と魔法使い』と『魔の饗宴』の制作の合間を縫ってレコーディング。ユーライア・ヒープのリー・カースレイクとゲイリー・セインがリズム隊を務め、その他の楽器とヴォーカルはすべてケン・ヘンズレー自身が手掛けた。高音質『Blu-spec CD』採用。英国盤LPを元にした紙ジャケット仕様。オリジナル内袋封入。日本初CD化。
【仕様】
・高音質『Blu-spec CD』採用
・英国盤LPを元にした紙ジャケット仕様
・オリジナル内袋封入
・2017年24ビット・リマスタリング
 
■ケン・ヘンズレー / 愛と苦悩(3,240円)
KEN HENSLEY / ケン・ヘンズレー / EAGER TO PLEASE / 愛と苦悩<紙ジャケット仕様>
75年にリリースされたセカンド・ソロ。元ヒープのメンバーで当時はテンペストに在籍していたマーク・クラーク(ペース)、ジャッキー・ロマックスが在籍していたことで知られるアンダーテイカーズのバグス・ペンバートン(ドラムス)が全面参加。前作同様その他の楽器とヴォーカルはすべてケン・ヘンズレーが手掛けた。高音質『Blu-spec CD』採用。ボーナス・トラック1曲収録。英国盤LPを元にした紙ジャケット仕様。オリジナル内袋封入。日本初CD化。
【仕様】
・高音質『Blu-spec CD』採用
・英国盤LPを元にした紙ジャケット仕様
・オリジナル内袋封入
・ボーナス・トラック収録
・2017年24ビット・リマスタリング
 
■デイヴィッド・バイロン / テイク・ノー・プリズナーズ(3,240円)
DAVID BYRON / デイヴィッド・バイロン / TAKE NO PRISONERS / テイク・ノー・プリズナーズ<紙ジャケット仕様>
ユーライア・ヒープのヴォーカル、デイヴィッド・バイロンが75年にリリースしたファースト・ソロ。バンド・メンバーのミック・ボックス、リー・カースレイク、ケン・ヘンズレー、後に加入するジョン・ウェットン。元マッギネス・フリントのルー・ストーンブリッジ、元ベドラムのデニー・ボールがゲスト参加。高音質『Blu-spec CD』採用。ボーナス・トラック3曲収録。英国盤LPを元にした紙ジャケット仕様。オリジナル内袋封入。日本初CD化。
【仕様】
・高音質『Blu-spec CD』採用
・英国盤LPを元にした紙ジャケット仕様
・オリジナル内袋封入
・ボーナス・トラック収録
・2017年24ビット・リマスタリング
 
■上記3タイトルまとめ買いセット【特典:紙ジャケット収納BOX】(9,720円)
KEN HENSLEY / DAVID BYRON / ケン・ヘンズレー/デイヴィッド・バイロン / まとめ買いセット<3タイトル/紙ジャケット>
・DAVID BYRON『テイク・ノー・プリズナーズ』
・KEN HENSLEY『誇り高き言霊』
・KEN HENSLEY『愛と苦悩』
※ 特典はなくなり次第終了となります。
 
 
【輸入盤/新入荷】
■TOWER OF BABEL / LAKE OF FIRE(2,160円)
TOWER OF BABEL / LAKE OF FIRE
REIGN OF TERROR/HOLY HELLなど様々なバンドでキャリアを積んできたアメリカ人技巧派ギタリストJoe Stumpらによる新バンド。
Joe Stumpのネオクラシカルなギターワークが冴え渡るRAINBOW、YNGWIE MALMSTEENスタイルの王道ネオクラシカル・メタル。
 
■SACRED REICH / IGNORANCE(30TH ANNIVERSARY)<DIGI>(1,944円)<LP>(3,564円)
SACRED REICH / セイクレッド・ライチ / IGNORANCE(30TH ANNIVERSARY)
USアリゾナ出身のスラッシュ・メタル・バンドの87年1stアルバムの30周年記念再発盤。
アートワーク変更、ボーナス・トラックにデモなど4曲を追加収録。
  
■DEF LEPPARD / HYSTERIA<3CD/DELUXE>(4,104円)
DEF LEPPARD / デフ・レパード / HYSTERIA
全世界で3,000万枚以上のセールスを記録した87年発表の大名盤の30周年記念盤。
【仕様】
・3CD
・デジパック
 
■EDGUY / MONUMENTS<2CD+DVD/DIGI>(3,240円)<4LP/BOX>(7,236円)
EDGUY / エドガイ / MONUMENTS
今やジャーマン・メタル・シーンを代表するバンドのひとつとしての地位を確立したEDGUYの結成25周年記念作品。
新曲と未発表曲などのレア音源で構成されたディスク1、25年のバンドの歴史を凝縮したベスト選曲のディスク2、そして04年のライブやMVなどを収録したDVDの3枚組。
バンドの歴史の集大成であると同時に、彼ららしい新曲で未来も感じさせるファン・マスト・アイテム。
【仕様】
・2CD+DVD
・DIGIBOOK
 
■CATEGORY VI / WAR IS HELL(1,944円)
CATEGORY VI / WAR IS HELL
カナダの女性シンガー擁するパワー・メタル・バンド、17年発表の2ndフル。
 
■DEF LEPPARD / HYSTERIA<2LP>(4,320円)
DEF LEPPARD / デフ・レパード / HYSTERIA
全世界で3,000万枚以上のセールスを記録した87年発表の大名盤の30周年記念盤。BLACK VINYL
【仕様】
・2BLACK VINYL
・Gatefold 
 
■WINTERSUN / THE FOREST SEASONS(2,160円)<2CD/DIGI>(2,700円)<2BLACK VINYL>(3,456円)<BOX>(7,236円)
WINTERSUN / ウィンターサン / THE FOREST SEASONS
ENSIFERUMの初期メンバーでもあったJari Mäenpää(Vo/G/Key)によって03年にスタートしたシンフォニック/メロディック・デス・メタル・バンドの17年発表の3rdフル・アルバム。
春夏秋冬をイメージした大曲で構成された作品。
 
 
■RAGE / SEASONS OF THE BLACK<2CD/DIGI>(2,700円)<2BLACK VINYL>(3,456円)
RAGE / レイジ / SEASONS OF THE BLACK
ジャーマン・メタルの重鎮RAGE、新体制第2弾となる17年発表作。
AVENGER時代の楽曲6曲の再録を収録したボーナスCD付2枚組デジパック仕様。
【仕様】
・2CD
・DIGIBOOK
 
■REX BROWN / SMOKE ON THIS<LP+CD>(2,916円)
REX BROWN / レックス・ブラウン / SMOKE ON THIS
PANTERAのベーシストとして活動し、その後もDOWNやKILL DEVIL DRIVEに参加してきたRex Brownのキャリア初、17年発表のソロ作品。
ドラム以外のパートを全てRex自身が担当。自身のルーツでもあるZZ TOPやLED ZEPPELINEなどに影響を受けたというクラシック・スタイルでサザン・テイストも漂う渋いロック・サウンドをベースとした作品。なかにはDOWN時代の延長線ともいえるヘヴィな曲から肩の力の抜けたカントリー・ナンバーまで彼の音楽のバックボーンを感じさせる仕上がりとなっている。
 
■GARY MOORE / BAD FOR YOU BABY<BLUE VIVNYL>(3,909円)
GARY MOORE / ゲイリー・ムーア / BAD FOR YOU BABY
ブルース・ロックを基盤にハードなリフ・ワークも復活させた08年発表作。
【仕様】
・180G AUDIOPHILE VINYL
・リマスター
・限定1,500 / BLUE VINYL
 
■VAIN / ROLLING WITH THE PUNCHES<LP>(3,996円)
VAIN / ROLLING WITH THE PUNCHES
独特の声と歌唱が印象的でプロデューサーとしても活動をしていたDavy Vain率いるLAのハードロック・バンド、前作から約6年ぶりの新作となる17年発表作品。
 
【グッズ/新入荷】
■SLAYER / EAGLE/WORLD PAINTED BLOOD<TURN BAG>(2,484円)
SLAYER / スレイヤー / EAGLE/WORLD PAINTED BLOOD TURN BAG
EAGLE/WORLD PAINTED BLOOD TURN BAG
リバーシブルで使用可能です。
【仕様】
・表デザイン:WORLD PAINTED BLOOD
・裏デザイン:EAGLE
・ヨコ35cm x タテ33 cm
 
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。
 
 


友だち追加数
  
商品の価格は税込価格で記載されております。
  
【国内盤/新入荷】
  
■ADAGIO / LIFE  (2,808円)
ADAGIO / アダージョ / LIFE / ライフ
ギター・マエストロ、ステファン・フォルテ擁するアダージョ、久々の新作!!
フランスを代表するテクニカル系ギタリスト、ステファン・フォルテ率いるアダージョの7年ぶりとなるニュー・アルバム!!
中心人物のステファンの緻密なソング・ライティングと卓越したギター・テクニックが炸裂したシンフォニック・メタル・は本作でも健在のほか、本作よりヴァイオリニストも新メンバーに迎え、唯一無二のサウンドを確立した渾身作!!
キーボード奏者のケヴィン・コッファートはチュニジア産メロディック・メタル・バンド、ミラスのプロデューサーとして知られる人物。
ステファンと合わせて二人の才能を駆使した様式美かつ技巧派の約最強のメロディック・メタルが完成した!!
日本先行発売/日本盤ボーナス・トラック1曲収録予定
  
 
 
■極楽浄土 / GHOST IN THE WELL (1,620円)
極楽浄土 / GHOST IN THE WELL / ゴースト・イン・ザ・ウェル
惜しまれつつも絶賛解散中の極楽浄土最新作が遂に完成!
更にパワーアップしたサウンドと、その達観したシニカルな歌詞は抱腹絶倒
ラウドシーンとも、メタルシーンともにリンクする、唯一無二の世界。
これが、真の極楽!
~Profile~
2006年某日、神戸のとある居酒屋にて「仏教メタルっておもしるくないかな」という
思いつきで結成されたバンドが、我々「極楽浄土」である。
バンド名は2秒くらいで決めた。
仏教とメタルの完全融合を目指し、精力的な活動も続けるも、メンバーが一切仏教に詳しくなかったことから
早々にネタ切れし、2008年に1stアルバム「仏オーバードライヴ」をリリースして以降「仏教メタル」を名乗る
ことを自粛しバンドは日本史ネタにシフトしていく。
歴史上の人物についてウィ〇ペディアを駆使して調べ上げ彼らの代弁者たらんとし、
歴史的根拠に乏しい風評被害的な曲を量産した結果産み出されたのが2011年リリースした2ndアルバム「日本史B」である。
しかし、メンバーの就職に伴い、バンドは2012年3月に惜しまれつつも解散・・・。
が、「一夜限りの復活」と称し、毎月コンスタントにライブを行う姿勢は「解散詐欺」として物議を醸し、
キバオブアキバVo.ふとし様からは「善悪の区別がつかないサイコパスバンド」と絶賛される。
  
■NIGHT FLIGHT ORCHESTRA / アンバー・ギャラクティック (2,484円)
NIGHT FLIGHT ORCHESTRA / ナイト・フライト・オーケストラ / アンバー・ギャラクティック
SOILWORKやARCH ENEMYのメンバーが在籍するクラシック・ロック・プロジェクト、ザ・ナイト・フライト・オーケストラが3作目のアルバム『アンバー・ギャラクティク』をリリース! 従来のエクストリーム・メタルから距離を置いた、円熟と洗練を刻み込んだ本格派のロック・サウンドを体感せよ!
【日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】
ザ・ナイト・フライト・オーケストラのそもそものアイディアが芽生えたのは2006年のこと。SOILWORKの6枚目のアルバム「STABBING THE DRAMA」に伴う北米ツアー中、ヴォーカルのビョーン・ストリッドとツアー・ギタリストだったデイヴィッド・アンダーソン(現在はバンドの正式メンバー)の2人が「自分達がいかに昔のハード・ロック、クラシック・ロック、AORが好きか」という話で盛り上がったことがきっかけだった。DEEP PURPLE、RAINBOW、KANSAS、BOSTON、FOREIGNER、JOURNEY、SURVIVOR、FLEETWOOD MAC、STEELY DAN、TOTO、そして彼らの母国の英雄であるABBA等について大いに語り合ったという。SOILWORKのライヴで120%のエネルギーを出し切った後、ツアー・バスの中で彼らはビールを片手にそういったグループのアルバムを聴いたりビデオを観たりしていたようだ。
ツアーからスウェーデンに戻った彼らはデモ作りを開始、それと平行してメンバー探しにも着手した。彼ら2人のもとに集まったのはARCH ENEMYやSPIRITUAL BEGGARS等で活動しているシャーリー・ダンジェロ(ベース)、MEAN STREAKに在籍しているヨナス・カールズバック(ドラムス)、ビョーンの幼馴染みであるリチャード・ラーソン(オルガン、キーボード)といった面々だった。
それぞれ別のバンド活動等を抱えているため作業はすぐに進まなかったが、2011年の後半、彼らはアルバムのレコーディングに着手、そして完成して2012年に発表されたのがザ・ナイト・フライト・オーケストラとしてのファースト・アルバム「INTERNAL AFFAIRS」だった。SOILWORKやARCH ENEMYといった肩書きからは想像のつかないクラシック・ロック・サウンドは驚きと絶賛をもって迎えられ、彼らとしてもザ・ナイト・フライト・オーケストラの活動についての展望が開けたと感じたのだった。
2014年、ギターやコンガ、パーカッションを担当するセバスチャン・フォースルンドを6人目のメンバーとして迎えたザ・ナイト・フライト・オーケストラは、セカンド・アルバムの制作に着手、翌2015年に「SKYLINE WHISPERS」を発表した。更なる飛躍と洗練を感じさせる仕上がりは高い評価が寄せられた。
2016年後半、それぞれの本業バンドの活動が一段落ついたところで彼らはザ・ナイト・フライト・オーケストラの3枚目のアルバム制作に着手、そして完成したのがヨーロッパでは既に5月にリリース済みであり、日本発売が8月9日に決まった本作『アンバー・ギャラクティク』である。過去2枚の作風を継承しつつ曲作りとアレンジの面で更なる多様性と広がりを感じさせる仕上がりは、彼らの敬愛する70年代や80年代の音楽シーンのメインストリームを席巻したアーティスト達のスタイルを真正面から受け継ぐものと言える。
  
 
■BASTAHAZE / GROWING ANXIETY (2,000円)
BASTAHAZE / バスタヘイズ / GROWING ANXIETY  / グロウィング・アングザイアティ
40~60歳代の洋楽全盛期世代とインターネットによってタイムレス&ジャンルレスな感覚が当たり前となった10代を直撃する
“ヘヴィ&キャッチー”なアルバム。 スラッシュ/スラッジ/ストーナーメタルとグランジとを飲み込んだ
8弦ギターと6弦バリトンギター、5弦ベースとが奏で、 胃袋を激しく揺さぶるコアな激烈さと
一度聴くと必ず耳に残ってしまうキャッチーさとが奇跡的にバランスした超重低音楽曲を奏でる。
そして聴く者の心の闇を浄化していくという不思議さも兼ね備えている内容である
ロックからヒップホップやジャズ、ボサノヴァ等あらゆるジャンルを飲み込んだ音楽性で日本ではビクターから、
アメリカではシカゴの老舗インディ DRAG CITYからデビューを飾った「HOT TOASTERS」のリーダーであるmetal tenchouが
新たに結成したメタルバンド、「BASTAHAZE(バスタヘイズ)」。
同じCDショップのスタッフであるAbeと2007年末に結成。低い音程とヘヴィさ、そしてキャッチーさとを兼ね備える事に
徹底的にこだわり楽曲制作とライブを繰り返しバンドサウンドをブラッシュアップ、
そして遂に9曲を収録したアルバムを全世界メタルファンに向けてリリースする
  
■311 / モザイク (2,268円)
311 / モザイク
 
■ZIGGY / SINGLE COLLECTION (3,780円)

2017年、ZIGGY再始動! 
デビュー30周年を記念して全シングルを網羅した超豪華シングルコレクションをリリース。
1987年7月にVICEレコードから初のLP『それゆけ! R&R BAND』発売。同年10月5日
徳間ジャパンよりアルバム『ZIGGY ~IN WITH THE TIMES~』でメジャーデビュー。
ブックレットには、歌詞、各シングルジャケット表裏写真等のデータ掲載。
森重樹一コメント等をブックレット内に掲載予定。
 
【輸入盤 / 新入荷】
■AUTOGRAPH / ANTHOLOGY<2CD/DIGI> (2,160円)

CD1:83~88年のスタジオ・デモ音源18曲、CD2:03年発表「BUZZ」に"Turn Up The Radio"のアンプラグド・ヴァージョンとAlternate Electricヴァージョン収録。
 
■CONVEYER / NO FUTURE (1,944円)
Conveyer - No Future (2017)
ミネソタ産5人組ハードコアバンド"CONVEYER"の11曲入り2ndアルバムが完成!! 前作と同様名門VICTORYからリリース!!
一瞬で沸点に到達するテンションの高さ、爆発力のあるボーカルと勢いのある疾走感が最高!! 程良いブルータル具合もたまりませんね。Shai Hulud, Comeback Kid, Stick To Your Guns辺りのファンには間違いなくオススメできるバンド!要チェックです。
 
■BLACK SABBATH / BLACK SABBATH<BLACK VINYL> (5,184円)

空間が歪むような怪しく不穏な鐘の音で幕が開けるブラック・サバスのデビュー作!!ダークでブルージーかつサイケデリックなサウンドはのちのドゥーム・メタル/ストーナー・ロックを先駆けたもの。数多のフォロワーを生んだ歴史的傑作!!
 
■RUNNING WILD / DEATH OR GLORY<2CD/DIGI> (2,160円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / DEATH OR GLORY
89年発表RUNNING WILDの存在を世界中のメタル・ファンに知らしめることとなった大出世作にしてヘヴィ・メタル史上に輝く名盤5thフル・アルバム。メタル・ファン永遠のアンセムである1曲目"Riding The Strom"から捨て曲一切なしでとにかく楽曲の充実ぶりが凄まじく、随所にアイリッシュ・メロディを散りばめながら、前作までのB級以上A級未満なナイマー・メタル臭も一掃されRock 'N' Rolfのセルフ・プロデュースながら完全メジャー級のサウンド・クオリティへと変身し、これまでRock 'N' Rolfが培ってきたRUNNING WILD節が大きな昇華を果たした作品。ちなみに今作ではドラムはex DEMON PACTのIain Finlayに替わっている。
ボーナス・トラックに89年EP『BAD TO THE BONE』からの"March On"を収録。さらに90年EP『WILD ANIMAL』からの4曲(1-4)と本編収録曲詳細不明2曲(5,6)を収録したボーナス・ディスク付き。
全曲17年リマスターの17年Noise再発盤。
 
■RUNNING WILD / UNDER JOLLY ROGER<2CD/DIGI> (2,160円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / UNDER JOLLY ROGER
海賊イメージを前面に押し出してRUNNING WILDのキャラクターを決定付けた87年発表3rdフル・アルバム。ベースは前作の延長線上にある一途なパワー・メタル・スタイルだが、Rock 'N' Rolfのヴォーカルも堂に入ってきており、勇壮な要素も強くなってきた名作。短期間ながらBIRTH CONTROLのメンバーでもありACCEPTやSINNER、MAD MAX、PINK CREAM 69を手掛けたDirk Steffensがプロデュース。
91年リ・レコーディング・アルバム『THE FIRST YEARS OF PIRACY』からの4曲(1-4)、92年Alternative Version(5)、未発表"Under Jolly Roger"セッション音源(6)、本編収録曲詳細不明2曲(7,8)を収録したボーナスCD付き。
全曲17年リマスターの17年Noise再発盤。
 
■RUNNING WILD / PORT ROYL<DIGI> (1,944円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / PORT ROYAL
ベースが後にGRAVE DIGGERのJens Beckerに、ドラムがU.D.O./後にACCEPTのStefan Schwarzmannに替わっての88年4thフル・アルバム。前作よりもさらに歌メロにフックが出てきてRUNNING WILD節に磨きが掛かってきた。楽曲の充実度や勇壮さもさらにレベル・アップされ、疾走するパワー・メタリックな曲からドラマティックな曲の中に確個たるRUNNING WILDらしさが詰め込まれた名作。ラストの8分以上に及ぶ大曲"Calico Jack"では展開構築力の高さを見せつける。
"Uaschitschun '92"(『PILE OF SKULLS』の99年再発盤CDボーナス・トラック)と、本編収録曲詳細不明2曲(13,14)がボーナス・トラックで収録。
全曲17年リマスターの17年Noise再発盤。
 
■RUNNING WILD / GATES OF PURGATORY<DIGI> (1,944円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / GATES OF PURGATORY
前身バンドGRANITE HEARTSから79年にRock 'N' Rolfにより活動を始めたジャーマン・メタル・バンド、84年にNoise Recordsよりリリースされた1stフル・アルバム。この時のメンバーはRock 'N' Rolf(Vo,G)、Preacher(G)、Stephan(B)、Hasche(Ds)。まだ海賊イメージを纏う前のJUDAS PRIESTやIRON MAIDENからの影響を強く受けたストレートなスピード/パワー・メタル・サウンドながら、すでに後のRUNNING WILD節が随所に見られ、早くもサウンド・スタイルを確立させている作品。ボーナス・トラックに83年Noiseからリリースされたオムニバス『ROCK FROM HELL-GERMAN METAL ATTACK』からの2曲(9,10)、84年12"EP『VICTIM OF STATES POWER』の2曲(11,12)、84年Noiseからのオムニバス『DEATH METAL』からの2曲(13,14)、91年のリ・レコーディング・アルバム『THE FIRST YEARS OF PIRACY』からの2曲(15,16)を収録。
全曲17年リマスターの17年Noise再発盤。
 
■RUNNING WILD / BRANDED AND EXILED<DIGI> (1,944円)
RUNNING WILD / ランニング・ワイルド / BRANDED AND EXILED
ギタリストの片翼がPreacherからMajk Motiに交替しての85年発表2ndフル・アルバム。JUDAS PRIESTやIRON MAIDENの影響下にあるパワー・メタル・スタイルに変更はまったくないが、サウンドが前作に比べてシャープになり粗々しさがかなり削がれて楽曲クオリティも大きくアップしており、RUNNING WILDスタイルが完全確立されたと言える作品。91年リ・レコーディング・アルバム『THE FIRST YEARS OF PIRACY』からの3曲(9-11)、本編収録曲詳細不明2曲(12,13)がボーナス・トラックに収録。
全曲17年リマスターの17年Noise再発盤。
 
■YNGWIE MALMSTEEN / FIRE & ICE (1,836円)
YNGWIE MALMSTEEN / イングヴェイ・マルムスティーン / FIRE & ICE
前作に続きex MADISONのGöran Edman(Vo)や後にARK/IRON MASK他のMats Olausson(Key)が参加しての92年6thフル・アルバム。ボーナス・トラックにTeaserのシングル・ヴァージョンと日本盤ボーナス・トラックだった"Broken Glass"を収録した17年再発盤。
 
■DEATH WORSHIP / EXTERMINATION MASS (1,620円)
「DEATH WORSHIP / EXTERMINATION MASS」の画像検索結果
BLASPHEMYのNocturnal Grave Desecrator and Black Winds、BLASPHEMY/ex CONQUERORのRyan Förster、REVENGE/ex CONQUEROR/ex AXIS OF ADVANCEのJames Readによるカナディアン・ベスチャル・デス/ブラック・メタルの17年EP。BLASPHEMY~CONQUEROR/REVENGE直系のデス・メタルもブラック・メタルもグラインドコアも飲み込んだ強烈ベスチャル・サウンド。
 
 
■GLENN HUGHES / RETURN OF CRYSTAL KARMA (2,484円)
GLENN HUGHES / グレン・ヒューズ / RETURN OF CRYSTAL KARMA
2000年発表ソロ・アルバム。Tony Iommiが曲もあり、JJ Marsh、Gary Fergusonらが参加。Steamhamer限定CD/日本盤に収録された99年11月25日ブラジル/サン・パウロでのライヴが入ったボーナスCD付き17年再発盤。
 
■GLENN HUGHES / THE WAY IT IS (2,484円)
GLENN HUGHES / グレン・ヒューズ / THE WAY IT IS
99年発表ソロ・アルバム。Stevie Salas、Marc Bonilla、Matt Sorum、JJ Marsh、Gary Fergusonらが参加。ボーナス・ディクスに未発表オフィシャル・ブートレグ音源2000年11月22日ロンドンでのライヴ収録17年再発盤。
 
■MARCO MINNEMANN / BORREGO (2,916円)
MARCO MINNEMANN / マルコ・ミネマン / BORREGO
※価格は予定価格です。海外レートにより変更なる場合も御座いますので、予めご了承くださいませ。
Paul Gilbert/UKZからKREATORまでジャンルを超えて活躍、現在も超絶テクニカル・トリオTHE ARISTCRATSやSteven Wilson BANDのメンバーとして多忙な活動を続ける辣腕ドラマー、'17年作が2枚組で登場!米国California:Colorado Desert内に位置するAnza-Borrego Desertを舞台とするコンセプトを基にした2枚組大作で、前作に続きヴァラエティに富んだソング・ライティングとHard/テクニカルな要素を前面に押し出しつつ、よりメロディアスかつストレートなサウンド/arr.に仕上がった1枚。過去2作よりも楽曲/アンサンブルともに楽曲重視のよりシャープでタイトなサウンドに仕上がっており、持ち味のストレンジで捻じれまくったキャッチーさの魅力がさらに発揮されたダイナミックなMelodius Hard/テクニカルFusionが味わえるテクニカル系はもとよりHR/HMファンも要チェックの1枚です!!RUSHのAlex Lifeson(g)が'On That Note''South End'、Joe Satriani(g)が'The Healer''North Bound''Horsepower''Hometown’にそれぞれゲスト参加。ボーナスとして'Walls''Why Should I Care?''And Over Again'とAlex Lifeson(g)/Tonu Levin(b/stick)がゲスト参加した'OTN(Remix)'を追加。
 
 
 
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


友だち追加数
新品輸入盤特集:みんなのブルデス
~ブルータル/テクニカル・デス・メタル・レジェンド特集~

SUFFOCATION、IMMOLATION、INCANTATION等ブルータル・デスの黎明を担ったとも言うべきNY近郊デス・メタルの登場からDYING FETUSを筆頭とするニュースクール勢ほか、21世紀にはORIGINや、欧州でもDECAPITATED、HOUR OF PENANCE等が巷を賑わし、近年はDECREPIT BIRTH、RINGS OF SATURN等の衝撃的な登場等々、重鎮から新時代の猛者たちも一堂に会する昨今!!!何と今年はこれらのバンド全てが新譜を出しているというとんでもないブルデス・イヤー!!そこで今回は今年新譜を発表しているレジェンド達の現存タイトルを堂々入荷。ディスク・ユニオンの担当スタッフによるコメントを寄せて大特集です!!

開催店舗:お茶の水ハードロック/へヴィメタル館 / 新宿ヘヴィメタル館 / 千葉店 / 北浦和店 / 横浜西口店


 

■INCANTATION / ONWARD TO GOLGOTHA (2,160円)
Incantation - Onward to Golgotha

Relapse Records契約後の92年1stフル。ex-REVENANTのJohn McEntee氏(Gt)を中心に、後にDISCIPLES OF MOCKERYやDISMAを結成されるCraig Pillard氏(Vo,Gt)と、そのDISCIPLES OF MOCKERYに参加されるRonnie Deo氏(Ba)とJim Roe氏(Dr)の4人組で製作。猟奇的かつスリリングな展開の数々がデス・メタルの最も深く昏い思想へ臨んだ名盤。ACHERONやCRUCIFIER、MORPHEUS DESCENDS等にも類する、反キリストに根差した陰惨で密教的なサウンドのオカルトめいた原点である。


■INCANTATION / MORTAL THRONE OF NAZARENE (2,160円)
Incantation - Mortal Throne of Nazarene
  
USペンシルヴァニア州ジョンズタウン出身の4人組ブルデスバンドによる94年発表の2nd。ジャケの破壊力は言うまでもなく置いとくとして、95年のリレコ版であるUpon the Throne of Apocalypse(タイトルは全く違うが)の名の元、リミックスバージョンが再発されているが、あえてこちらの魅力を語るとするならば、何といっても地の底から突き上げるかのごとく鳴り響く地鳴りのようなボーカル、2トラック目に於ける癖のあるベースラインと変態的なギターリフであろう。何といってもギタリストでミクシングも担当しているJohn McEnteeのセンスの高さを存分に味わうことができる。ギターのディスト―ションはこれでもかというほどかけられており、ボーカルも極限までこもらせているので、多少の音の悪さはあるものの、そこもまたブルデスというジャンルの醍醐味の一つなのではないだろうか。果たして94年当時にここまでブルータルな(残
酷さを極めた)バンドがいただろうかと思わせてくれる1枚である。
■INCANTATION / DIABOLICAL CONQUEST (2,160円)
INCANTATION / インカンテーション / DIABOLICAL CONQUEST

    
USペンシルヴァニア州ジョンズタウン出身の4人組ブルデスバンドによる98年の3rd。そのサウンドはまさに暗黒デスメタルという名にふさわしいほど邪悪。メキシコのデスメタルバンド、The Chasmのボーカリスト、 Daniel Corchadoがボーカルとして参加した唯一作である。目いっぱいダウンチューニングされたギターが奏でる不協和音は聴く者に怒りと戦慄を与え、また凄まじいまでにまばらに組み込まれたテンポによって予測不可能な緊張感を味わうことも可能。聴けば聴くほど彼らの魅力に取りつかれてゆくこと間違いなし。
 
 
■INCANTATION / INFERNAL STORM (1,944円)

INCANTATION / インカンテーション / INFERNAL STORM
  
US暗黒デス・メタルのパイオニア、'00年発表5thアルバム。USデス第一世代の中でもIMMOLATIONと並び一際邪悪さを放っていたが、IMMOLATIONの初期は、まだスラッシュ・メタルの香りが残る初期SUFFOCATIONにも通じる切れ味鋭い部分もあったのに対し、INCANTATIONはその辺りのどのバンドよりもドゥーミーな暗黒さが突出していた。本作にはMORPHEUS DESCENDS、DEATHRUNE等のメンバーや、主にMALEVOLENT CREATIONでの活躍で知られるDave Culross<Ds>が参加。Dave Culrossの切れ味鋭い安定したドラミングがカオティックな音像を上手くまとめ上げた名盤。

■INCANTATION / VANQUISH IN VENGEANCE (2,700円) 
INCANTATION / インカンテーション / VANQUISH IN VENGEANCE

IMMOLATIONと並ぶUS暗黒デス・メタルのパイオニア。コンスタントにアルバムを出してきた彼らにとっては若干久々、前作から6年ぶりとなった'12年発表9thアルバム。本作より、あのDan Swanöがミックス、マスタリングを担当しており、それが功を奏したのか、非常にクリアかつダイナミックなサウンドになっている。安定の邪悪トレモロ&ドゥーミーなリフ、デス・メタルかく在るべしといったリズム、そして、すでに堂に入ってきた感も十分なJohn McEnteeの低音ガテラルVoまで、音質がクリアな分そのダイレクトな破壊力が今まで以上に伝わってくる、近年のINCANTATIONの方向性を決定付けた名盤。
 
■IMMOLATION / HERE IN AFTER (2,268円)
 Immolation - Here in After
 
Metal Blade Records移籍後の96年2ndフル。IMMOLATIONファンからの評価が高いCraig Smilowski氏(Dr)在籍時最後の作品。1stフルよりもファスト&ブルータルとなった作品であるが、機械的ではない生身の質感が伴っており、同時期のDEMILICHやDEICIDE等にも通じるテクニカルな方法論が満載。手数の多い同氏の技巧的なドラミングは、時に変拍子や重厚なミッド・テンポを絡めつつ畳み掛けられ、今作からオリジナリティを確立することとなる不協和音的な進行を持つ暴虐的なギター・ワークとも一体となり、彼らの異質な雰囲気を生み出すことに成功した名盤と言えるだろう。
 
 
■IMMOLATION / FAILURES FOR GODS (2,268円)
 
 Immolation - Failures for Gods
 
NY出身、US暗黒デス・メタルのパイオニアによる'99年発表3rdアルバム。スラッシュ・メタルを暗黒荘厳方面に激化させて創り上げたデス・メタルのオリジネイターとしては、MORBID ANGELを陽とするならば、やはりこのIMMOLATIONが陰。より屈折感の強いリフとリズムが全体を支配しており、ブラストで走るパートも爆裂する爽快感と同時に妙な引っかかりがあり、沈み込むようなスロー・パートでの不協和音、音程低めのピッキング・ハーモニクスを多用した屈折リフ、そして、恐らく全体の低音域とのかぶりを避けるために生音に近い音像でミッドが強調されたバス・ドラム等、総じて独特の感触が非常に癖になる名盤。
 
■IMMOLATION / CLOSE TO A WORLD BELOW (2,268円)
 
Immolation - Close to a World Below
  
Metal Blade Recordsからの00年4thフル。過去作にあった排他的な密教性が異質化した。オールドスクール・デスの持つ暴虐性よりも、デス・メタルの世界に於いて不協和音の可能性を追及していった先にある楽曲の整合感が、ULCERATEや再結成後のGORGUTSを筆頭とする、ケイオスかつ前衛的なデス・メタルの要素を内包した先駆者的な意義として、現在のIMMOLATIONが持つ危うい音楽性を象徴する名盤を生み出した。この不協和音的進行の連続は、Robert Vigna氏(Gt)の異様な作曲技術によるもので、VOIVODをはじめジャズや実験音楽からクラシックまで影響源は多岐に渡るものだ。


■IMMOLATION / HARNESSING RUIN (2,808円)
 
IMMOLATION / イモレーション / HARNESSING RUIN<DIGI>
  
Listenable Recordsからの05年6thフル。NYデス・メタル/ハードコア・バンドであるODIOUS SANCTIONに在籍していたSteve Shalaty氏(Dr)加入後初の作品。96年以降から本作までのIMMOLATIONによる音楽的変遷は、Drの違いによる印象が強く、それが全体の質感を左右しているのもまた事実。今作はオールドスクール寄りな密教的作風への揺り戻しを感じさせるものの、グルーヴ重視のアンサンブルは00年代終盤で界隈に大きな衝撃を与えるPORTALにも近しき異形なもので、オールドスクール・デス~デス・アンビエンティブ時代への体系的変遷も彷彿とさせる力作である。
 
 
■IMMOLATION / SHADOWS IN THE LIGHT (2,808円)
 
IMMOLATION / イモレーション / SHADOWS IN THE LIGHT<DIGI>
  
USニューヨーク州ヨンカーズ出身の4人組による2007年発表の7th。ブラックメタルにも近いサウンドをかき鳴らす今作は聴き応え十分。聴く側を引き付ける魅力が詰まっている。Ross Dolanのボーカルが非常にいい味を出しており、ボーカルの素質としての高さを再認識させてくれる。時折プログレッシヴさが顔を出すギターも緊張感が有ってたまらない。全体として邪悪なデスメタルを聴くことができ、非常に完成度の高いアルバムとなっている。流石はニューヨーク発の大御所デスメタル・バンドである。ディスコグラフィにおけるNo1として選ぶファンも多い。
 
■IMMOLATION / MAJESTY AND DECAY(2,160円)
 
IMMOLATION / イモレーション / MAJESTY AND DECAY
  
 USニューヨーク州ヨンカーズ出身の4人組による2010年発表の8th。彼らのNuclear blast移籍後のデビュー作。パワフルなリズムに加えグルーヴの効いた分厚いギターリフはブルデスサウンドとして申し分ない。特に前3曲はアルバムのハイライト的役割を果たしており、ヘッドホンから突き出るかのごとく音圧が耳を圧倒する。全体の構成としては古株ファンからすれば後半部分の内容が若干薄れていると感じるかもしれないが、曲自体の構成はしっかりとImmolation本来のスタイルを貫いており、期待を裏切ることはないだろう。45分という長さの中での割り当てがちょうど良い具合になっているので、アルバムとして偏りがなく綺麗に仕上がっている。
 

■IMMOLATION / KINGDOM OF CONSPIRACY (2,160円)
 
Immolation - Kingdom of Conspiracy
 
USニューヨーク州ヨンカーズ出身の4人組による2013年発表の9th。耳を引くのがSteve Shalatyによるドラミング。2003年から一貫して彼のドラムスは衰えるところを知らない。重くかつ早く!これぞまさにブルデスに求められたドラミングなのではないか。ギターリフもブルデスファンなら鳥肌が立つほど邪悪さを極めている。グルーヴが盛り込まれている部分もデスメタルリスナーなら多少の新鮮味を感じることができる。しっかりとした不協和音でありながらまったく気分を害さないとこが素晴らしい。ブルデスはこうであるべきという模範ともいえる作品である。
 
■SUFFOCATION / BLOOD OATH (1,944円)

Suffocation - Blood Oath
   
RelapseからNuclear Blastへと移籍し約2年のスパンでリリースされた6thフル。前作の完成度が非常に高く、どうしても比べてしまう作品ですが相変わらずDerek Boyerのバキバキなベースをはじめ、Mike Smithの凄まじい怒涛のドラミング、Frank Mullenの迫力あるヴォーカルなど完成度は当たり前のように高く、窒息するような重苦しさとダークでムーディな世界観に支配された作品。スピード感はやや抑えめで、不穏なミドル・グルーヴのなか切り込んでくるギターソロ構成など、演奏面での充実も毎回ながら唸らされるポイント。スピード抑え目とはいえ、その分爆発力が引き立つ印象で、前作の充実がなければこちらが傑作と呼ばれていた気も。 


■SUFFOCATION / PINNACLE OF BEDLAM(1,944円)


Suffocation - Pinnacle of Bedlam
 
ドラムのMike Smithが2度目脱退、そしてバンド解散前にリリースされた98年のEP『Despise the Sun』で叩いていた元MALEVOLENT CREATIONのDave Culross(Ds)が加入、約4年ぶりとなった7thフル。過去最高にクリアな音質と、昨今増加しているテクニカル・デス系のバンドに近い要素を感じる部分が賛否両論を振りまいた作品。これがSUFFOCATIONでなければ・・という声も多くきかれるものの、作品としてのクオリティは非常に高く、複雑でありながらフックあるリフや楽曲展開は正にこのバンドならではで、シャープネスに変化したサウンドに重さを感じないか否か、そこにブルータリティを感じるかどうかで好き嫌いが分かれる作品かもしれません。
 

■DYING FETUS / STOP AT NOTHING (2,160円)
 
DYING FETUS / ダイング・フィータス / STOP AT NOTHING
 
ハードコア要素を取り入れた90年代中盤以降のニュースクール・ブルータル・デス・メタルのパイオニア。Relapse Recordsと契約して発表し、世界的な人気と実力を不動のものとした前作から3年、中心メンバーのJohn Gallagher<G/Vo>以外のメンバーを一新し発表された'03年4thアルバム。他作品に比べるとストレートな疾走感が若干多い印象もあるが、基本的にはテクニカル&グルーヴィーなDYING FETUS節は随所に健在で、John Gallagherさえ居れば問題無し、という事をファンに認識させた1枚。大幅メンバー・チェンジももろともせず、当然オススメ。
 

■DYING FETUS / WAR OF ATTRITION (1,944円)
 
   Dying Fetus - War of Attrition
07年作。DISORDEREDのMike Kimball氏(Gt)と、SARCOPHAGUS(US)等でのCryptic Winter氏(Dr)の加入作。モダンなアプローチの中でスピードと苛烈さを極め絶頂期だった前作から4年間空いて発表されたことも期待感を煽ったもので、技術的な面でファンからはDYING FETUSの最低品質とまで言われた作品ですが、これで駄作!?と言いたい程の能動的なブラストとトレモロやシュレッド・ギター・ワークの応酬で畳み掛けられ、彼らが保っているクオリティの高さが逆に裏付けられております。個人的なお気に入りポイントで恐縮ですが♯4の始まり方はかなりアツいです。


■DYING FETUS / DESCEND INTO DEPRAVITY (2,160円)
 
 DYING FETUS / ダイング・フィータス / DESCEND INTO DEPRAVITY
 
アメリカのテクニカル/ブルータル・デス・メタル・バンド、DYING FETUSの09年6thフル。アルバムを通して最初から最後まで残忍極まりないサウンドを貫いており、グルーヴィーなパートの直後に超絶技巧パートを畳み掛けるスタイルは病み付きになること間違いなし。特に全パートが一斉に暴れ散らかすその瞬間は、なんとも形容し難い高揚感に見舞われるだろう。テクニカルかつグルーヴィーで尚且つブルータル。一度で三度おいしい名盤。


■DYING FETUS / REIGN SUPREME (1,944円)

Dying Fetus - Reign Supreme

シーンの元祖として君臨し続けるアメリカのテクニカル/ブルータル・デス・メタル・バンド、DYING FETUSの12年7thフル。前作から約3年の時を経て発表された今作だが大きな路線変更は無く、弦楽器隊による超絶テクニカルなリフのユニゾンが随所に飛び出し、その裏で尋常ではない速さのブラストが攻め立てる。その後も畳み掛けるように2ビートで疾走し、どっしりと全てを飲み込むようなビート・ダウン・パートで押しつぶす。既に完成されたはずのサウンドがさらに研ぎ澄まされているのではないかと感じざるを得ないほどの傑作だ。テクニカル・デス、ブルータル・デス好きであれば見逃してはいけない内容となっている。


■DECAPITATED / NIHILITY (2,484円)

DECAPITATED / ディキャピテイテッド / NIHILITY
   
ポーランドのテクニカル・デス・メタル・バンド、DECAPITATEDの02年2ndフル。綿密に練られた繊細かつ殺傷力抜群なリフ、マシーナリーでアグレッシブなドラム、 そして破壊力、表現力共に段違いの成長を遂げたボーカル。どれをとっても非の打ちどころがない。 デス・メタルながら適度にメロディアスなフレーズが垣間見えるが、それがかえってダークで陰湿な雰囲気を引き立たせ、ディキャピテイテッドの世界観の構築に貢献しているという点では流石の一言に尽きる。 このアルバムだけは是非いつもより音量を上げて聴いていただきたい。
 
 
■DECAPITATED / THE NEGATION (2,160円
)
 
 Decapitated - The Negation
 
96年結成のポーランド・デスによる04年3rdフル。結成当初は十代そこそこの年齢ながらクオリティの高さで注目され、よく同郷のVADERと比較されていましたが、2枚目のアルバムより技巧派ブルータル・デスのスタイルを確立。いわゆるテクニカル系のデスメタル・バンドとは一線を画す群を抜いたセンスが特徴で、実際は複雑ながら小難しさをそれほど感じさせない楽曲の組み立て/バランス感覚が見事。テクニカルさを前面に出したバンドとの違いは明白で、あくまでリフとリズムを中心に攻めつつ、流麗なギターソロを効果的に導入。ダークな世界観ながら制御されたブルータリティが素晴らしい。前後の作品から比べるとテクニカル度は下がるものの音圧は高く作品としての完成度は非常に高い。 


■DECAPITATED / ORGANIC HALLUCINOSIS (2,160円)
 Decapitated - Organic Hallucinosis
   
結成当初からのヴォーカルSauronが脱退、ATROPHIA RED SUNのCovanが加入、前作に続きEaracheからリリースとなった06年4thフル。複雑さより楽曲重視、嫌味のないテクニカルさが印象的な作品で、前作に比べリフやドラミングなどのコンビネーション、入り組み方が洗練され、ブルータルでありながら様々な場面にフックを仕掛ける事に成功。またサウンドがシャープに切れ味よく変化しており、より細かい技術の応酬にも耳を奪われます。この作品リリースの年の11月、交通事故によりVitek(Ds)が23歳の若さで亡くなる悲劇に見舞われ、Vogg(G)との兄弟コンビネーション最後の作品となってしまう。非常に残念であり、このバンドの魅力をKiełtyka兄弟に感じている方も多い。R.I.P. Vitek


■DECAPIT
ATED / CARNIVAL IS FOREVER (2,268円)
 Decapitated - Carnival Is Forever
 
ポーランドのテクニカル・デス・メタル・バンド、DECAPITATEDの5年ぶりのリリースとなる11年5thフル。ドラマー Vitek の交通事故死、ボーカル Covan の昏睡状態で休止期間となっていたが、体制を立て直し新たなラインナップで制作された復活作。サウンドは変化しているものの、マシーナリーなリフであったり禍々しい雰囲気を纏って疾走する様はDECAPITATEDならではなのだなと実感できる作品に仕上がっている。ミックスはBEHEMOTHやMESHUGGAH、 DEFLESHED等を手掛けたDaniel Bergstrand氏が担当。


■DECAPITATED / BLOOD MANTRA (2,484円)
 DECAPITATED / ディキャピテイテッド / BLOOD MANTRA<CD+DVD / DIGI>
 
ポーランドのテクニカル・デス・メタル・バンド、DECAPITATEDの14年6thフル。複雑なリズムとリフで突き進むスタイルを踏襲し、非常に実験的で面白い作品となっているのが今作である。リフは複雑さを抑えストレートかつクールなものが多く登場し、それに合わせるかのようにドラムが暴れまわる様はとてつもなくグルーヴィーだ。だがしかしブルータル路線は健在で、リフやドラムがストレートになったからこそ滲み出てくるブルータリティがたまらない。ノリの良いハイテンションなデス・メタルを好む方にはこの上ない選択となるとともに、グルーヴ・メタルが好きな方にも自信を持ってお勧めできる一枚となっている。


■ORIGIN / INFORMIS INFINITAS INHUMANITAS (1,620円)
 ORIGIN / オリジン / INFORMIS INFINITAS INHUMANITAS
  
USテクニカル・ブルータル・デス・メタル。Relapse Recordsから02年の2ndフル。脅威のテクニックを披露した前作から今作にかけては、より安定感が増してきており、ブラストの持続性と単音リフの精度が先鋭化されております。音質も現代性のものになり、1stフル『ORIGIN』からの技巧度が向上した実践的アプローチの数々へ感動。オーバーテクノロジーな世界観にはオーバーテクノロジーなプレイがよく似合うもので、どこまでもテクニカルの向こう側にブチ抜けてゆくテクニカル・ブルータル・デスの熱量が心地良いんだなあ。


■ORIGIN / OMNIPRESENT (2,484円)
 
ORIGIN / オリジン / OMNIPRESENT<DIGI>
 
USのテクニカル・ブルータル・デス・メタル・バンド、ヴォーカルがex SKINLESSのJason Keyserに交替となった'14年発表の6thアルバム。2000年代初頭に登場して以来、一貫してコンスタントに最高峰のブルータル/テクニカル・デスを生産し続ける重鎮だけあり、本作も安心のクオリティ。特に、一時期離脱していたものの、戻ってからは再びその座に安定しているJohn Longstrethの鬼神の如きドラミングが相変わらず凄まじく、マシンガンのようなブラスト&フィルインが本作でも全開。ラストのS.O.D.のカヴァーも、基本は原曲に忠実ながら彼らの色も上手く出てブルータルさが増した非常に良いカヴァー。


■HOUR OF PENANCE / THE VILE CONCEPTION (2,160円)

 HOUR OF PENANCE / THE VILE CONCEPTION
 
"イタリアのテクニカル/ブルータル・デス・メタル・バンド、HOUR OF PENANCEのUNIQUE LEADER移籍作となった08年3rdフル。このアルバムが世界中にHOUR OF PENANCEという存在を知らしめたといっても過言では無い程の名盤。
デス・メタル界の帝王 CANNIBAL CORPSE のベーシストである ALEX WEBSTER氏も好んで聴くという HOUR OF PENANCE だが、その言葉に嘘偽りの無いことはこの作品を聴いていただければ一発でわかるだろう。テクニカルさを前面に押し出しながらも根底にある徹頭徹尾ブルータルなスタイルが一時たりとも霞んでおらず、もはや激しいなんて言葉では生ぬるい。"。

■HOUR OF PENANCE / SEDITION (2,160円)

 HOUR OF PENANCE / SEDITION
 
イタリアのテクニカル/ブルータル・デス・メタル・バンド、HOUR OF PENANCEのPROSTHETIC RECORDSに移籍しての12年5thフル。 相変わらず怒涛の勢いと殺傷力を武器に突撃するサウンドには脱帽せざるを得ない。 一糸乱れず超速ブラストでひたすら突き進むドラム、残忍かつ流麗なリフ捌きで魅せる弦楽器隊、全てを食らいつくすかのような悍ましさをこれでもかと醸し出すボーカル。 何をとっても至高の一枚と呼べるにふさわしい作品である。従来のHOUR OF PENANCEの立ち位置を一段階も二段階も押し上げた名盤。


■HOUR OF PENANCE / REGICIDE (1,944円)
 
 HOUR OF PENANCE / REGICIDE<DIGI>
 
ブルデス大国イタリアのブルータル/テクニカル・デス・メタル。Prosthetic Records移籍後2作目となる14年の6thフル。本作からMarco Mastrobuono氏(Ba)とJames Payne氏(Dr)が前任者と入れ替わり加入。作風としては、これまでの圧倒的な推進力に、練られたツイン・リードやタッピングを用いた展開等して技巧性に比重が傾けられたメロディアスなパートが増加。これまでの砲弾のような一体感とはまた違う重厚感だが、どこまでも苛烈に畳み掛けられるテンションの高い音像は変わらずにグルーヴのメリハリが効いたもので、密教的でコンセプチャルなSEも作品の完成度を高めている秀作。


■HOUR OF PENANCE / CAST THE FIRST STONE (1,944円)
 
HOUR OF PENANCE / CAST THE FIRST STONE
 
イタリアのテクニカル・ブルータル・デス・メタル・バンドによる'17年発表の7thアルバム。ザクザクと刻まれるシュレッド・リフと流麗なギター・ソロが、カッチリとしたテクニカルなリズム隊に絡む高品質なデス・メタルは健在で、このソング・ライティング力と演奏力の高さは、誤解を恐れずに言えば、デス・メタル系が苦手な方にもオススメできそうなほど、良い意味での聴き易さも持っている。もちろんテクニカル・デス・メタル・ファンには今さらオススメする必要も無いくらいの知名度と人気があり、発売以降のセールスが物語るように本作でもその内容はお墨付き。まだお持ちでない方はぜひ。
  

 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


友だち追加数
 
商品の価格は税込価格で記載されております。
 
【輸入盤/新入荷】
■NECROMANDUS / NECROMANDUS<DIGI> (1,944円) <通常盤> (2,376円)
NECROMANDUS / NECROMANDUS
Tony Iommiがプロデュースし72年にレコーディングされながらお蔵入りとなったアルバム『OREXIS OF DEATH』が有名なブリティッシュ・ハード・ロック・バンドの何と17年発表アルバム。当時のヘヴィなリフによる暗黒なハード・ロックを受け継ぎつつソリッドでダイナミックなサウンドを聴かせる作品。
 
■SWEET LEOPARD / HORNY HOUSE(SPECIAL EDITION) (1,620円)
SWEET LEOPARD / HORNY HOUSE(SPECIAL EDITION)
チェコのスリージー・ハードロック・バンドが16年に発表した2ndフル・アルバムにボーナス・トラックを追加したスペシャル・エディション。
見た目もサウンドもLAメタルや80'sスルージー・ハードロックへの憧れを強烈に感じさせるもの。チェコ出身のバンドであるが、辺境くささは一切なく堂々たるクオリティを誇る作品で、特に聴き手の耳を確実にとらえるメロディのフックの強さは特筆もの。ポップでキャッチーなハードロックが好きな方には掘り出し物!!
 
 
■METALLICA / CLASSICS LIVE (1,836円)
 
 
■MANILLA ROAD / TO KILL A KING<DIGI> (1,836円) <2CD/BOX> (5,940円)
MANILLA ROAD / マニラ・ロード / TO KILL A KING<DIGI>
結成は70年代後半。長きに渡りアンダーグラウンド・シーンに君臨し、カルト的人気を誇るUS元祖エピック・メタル・バンド、『The Blessed Curse』以来、約2年ぶりの新作となる17年発表18thフル・アルバム。
 
■AN AUTUMN FOR CRIPPLED CHILDREN / ETERNAL<PAPER SLEEVE> (2,160円)
AN AUTUMN FOR CRIPPLED CHILDREN / ETERNAL<PAPER SLEEVE>
オランダのポスト・ブラック・メタル、16年にデジタルのみでリリースされた6thフル・アルバム。シューゲイザー譲りの儚く悲哀度のかなり強い激情トレモロ・リフによるポスト・ブラック・メタルで、ALCESTにも匹敵する憧情性にKRALLICEやLITURGY辺りにも通じる質の高いポスト・ブラック・メタルを今作でも聴かせる
 
■FELLWARDEN / OATHBEARER (1,944円)
FELLWARDEN / OATHBEARER<DIGI>
FENのThe WatcherとPete AplinによるUKアトモスフェリック・ブラック・メタル、17年1stフル・アルバム。幽玄なキーボードを配しながら悲哀感と郷愁感の強いメロディを醸し出すトレモロ・リフによるアトモスフェリックなブラック・メタルで、FENにも通じる所も多いが、こちらの方がブラック・メタル然とした要素は強い。アトモスフェリック/ポスト・ブラック・メタル・ファンは要注目。ESOTERICのメンバーでFENやNOKTURNAL MORTUM、PANTHEIST等を手掛けてきたGreg Chandlerがマスタリングを担当。
 
■OFERMOD / SOL NOX<DIGI> (2,160円)
OFERMOD / SOL NOX<DIGI>
NEFANDUSやSERPENT NOIRでも活動するMika Hakolaにより、96年から始動され以前はNorma Evangelium Diaboliからもアルバムをリリースしていたスウェーデンのブラック・メタル、17年3rdフル・アルバム。殺傷性の高いコールドなリフと漆黒な空気が渦巻く暗黒度のかなり高いブラック・メタルながら質も高いサウンドは変わらず。そして今作もまたDEATHSPELL OMEGA等のNorma Evangelium Diaboli系ブラック・メタルに通じるところもかなりあり。Shadow Reciords/Regain Recordsからのリリース。
 

 
 
■EARLY CROSS / PATHFINDER (1,851円)
EARLY CROSS / PATHFINDER
日本の女性ヴォーカル・プログレッシヴ・メタル・バンドの13年1stフル・アルバム。悲哀感のある叙情的メロディや、静と動の対比に緻密さも感じさせる変化に富んだ曲構成と、完成度も高ければ芸術性にも長けた驚異の作品。OPETHやPOCUPINE TREE、ANATHEMA、KATATONIA等にも比肩するクオリティと世界観を持ち合わせたサウンド。
 
■TEHOM / THE MERCILESS LIGHT (2,160円)
TEHOM / THE MERCILESS LIGHT
BRAND JORD/ex GRIEF OF EMERALD/ex OBLIGATORISK TORTYRのFredrik Helgessonとex BESTIAL MOCKERYのMaster Motorsågによるスウェーデンのブラッケンド・デス・メタル、17年1stフル・アルバム。暗黒な空気が渦巻くオールドスクールなデス・メタルをベースにブラック・メタル色もかなり強いサウンドを聴かせる。Blood HarvestとRegain Recordsの共同リリース。
 
 
■SUFFERING HOUR / IN PASSING ASCENSION (2,160円)
SUFFERING HOUR / IN PASSING ASCENSION
テクニカル・スラシュ・メタルのCOMPASSION DIESの後身バンドであるUSミネソタのブラッケンド・デス・メタル、17年1stフル・アルバム。禍々しい暗黒空気を撒き散らしながらテクニカルな要素も強いオールドスクールなデス・メタルを聴かせる。Blood HarvestとRegain Recordsの共同リリース。
 
■PAGANIZER / LAND OF WEEPING SOULS (1,728円)
PAGANIZER / LAND OF WEEPING SOULS
RIBSPREADERやTHE GROTESQUERY、REVOLTING、PUTREVORE、DEMIURG、DOWN AMONG THE DEAD MAN等々数多くのバンド/プロジェクトで活動するスウェディッシュ・デス・メタル・マスターRogga Johanssonによるデス・メタル、17年10thフル・アルバム。これまで通り初期スウェディッシュ・デス・メタル直系の重厚なリフによるオールドスクールでオーセンティックかつクオリティの高いデス・メタルを聴かせる。


 
■TEN / GOTHICA<LP> (3,456円)
TEN / テン / GOTHICA<LP>
Gary Hughes(Vo)率いる英国の叙情派メロディアス・ハード・バンドTENの17年発表スタジオ作品。一時期の地味な印象は完全に払拭。初期の気品と哀愁に満ちた叙情メロとGaryのディープなハスキーヴォイスが融合したサウンドでファンを魅了した2部作品『Albion』『Isla De Muerta』の充実を継承。これぞTENと言わんばかりの極上のメロディとドラマ性を兼ね備えた素晴らしい内容の作品。『TEN』『THE NAME OF ROSES』と言った90年代のアルバムが好きだった人に改めて手にとって頂きたい一枚。
 
■RIVERDOGS / CALIFORNIA<LP> (3,456円)
RIVERDOGS / リヴァードッグス / CALIFORNIA<LP>
Vivian Campbell(G)率いるハードロック・バンド、約6年ぶりの新作となる17年発表作。
 
 
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。


友だち追加数
商品の価格は税込価格で記載されております。
 
【書籍/新入荷】
■BURRN! 2017年9月号(800円)
・EXCLUSIVE COVER STORY
ACCEPT
 
・EXCLUSIVE LIVE REPORT
IRON MAIDEN
RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW
CHEAP TRICK
 
・EXCLUSIVE INTERVIEW
MICHAEL MONROE
DEF LEPPARD
LOUDNESS
EUROPE
RAGE
FREDDIE NELSON
MARTY FRIEDMAN
NIGHT FLIGHT ORCHESTRA
SHADOWSIDE
ORDEN OGAN
 
・STAR IS BURRN!
PROPHESIA
 
・SPECIAL EDITION
『PUMPKINS UNITED』来日カウントダウン
『キーボードのイントロが印象的な曲BEST 5』
『TALES FROM THE FRONTLINE』 1SAXON:Part 1
LAメタルの真実2017
 
・SPECIAL LIVE REPORT IN JAPAN
X JAPAN
DRAGONFORCE
LIONHEART & PRAYING MANTIS
DEAD DAISIES
PAUL SHORTINO
 
・METAL FOCUS
SIN ISOMER
 
・POSTER
MR. BIG
 
 
【国内盤/新入荷】
■ACCEPT / ザ・ライズ・オブ・ケイオス(2,700円)<完全生産限定CD+Tシャツ(Lサイズ)>(5,400円)
ACCEPT / アクセプト / THE RISE OF CHAOS / ザ・ライズ・オブ・ケイオス<完全生産限定CD+Tシャツ(Lサイズ)>
重戦車のごとくひたすら突き進む5人の戦士たち、遂に帰還!
ジャーマン・メタル界の雄、アクセプトが放つ3年ぶり通算15作目の新作『ザ・ライズ・オブ・ケイオス』!
徹底したヘヴィネス、男気溢れる硬派なサウンドは、すべてのメタルヘッズ必聴!
 
このアルバムを引っ提げた“The Rise of Chaos World Tour”が9月に日本からスタート!
ジャーマン・メタル界のパイオニアにしてドイツ最強のヘヴィ・メタル・バンド、アクセプトが最新アルバム『The Rise Of Chaos』を発表。スタジオ・アルバムは2014年の『ブラインド・レイジ』以来約3年ぶりのことである。
1979年にデビューしたアクセプトは、従来のハード・ロックに疾走感を加えたアグレッシヴなサウンドが主体のバンドで、パワーメタルの代表的なバンドの一つとして、主にヨーロッパや日本で人気を博していた。1985年にクラシック音楽からの影響をダイレクトに反映させた5thアルバム『メタル・ハート』を発表。このアルバムはヨーロッパや日本などの国々で熱狂的な支持を受け、特にベートーヴェン「エリーゼのために」をギターソロに挿入したタイトル曲は、ヘヴィ・メタル史上屈指の名曲として今だに愛され聴き継がれている。ドイツは世界有数のメタル大国であると同時に、バッハ、ベートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーン、ワーグナー等々、世界的に有名な作曲家を数多く輩出した音楽大国でもある。ドイツ出身の彼らが長きに渡り支持され続けているのは、ヘヴィ・メタルの中にクラシック音楽の要素を盛り込んだこの音楽性が挙げられるだろう。
1989年のアルバム『イート・ザ・ヒート』発表後にバンドは一度解散するも、根強い多くのファンに応える形で1993年に再結成。1996年に再結成3作目のアルバム『プレデター』を発表後に再び解散。ところが2010年にニュークリア・ブラストとの契約を得て14年ぶりのアルバム『ブラッド・オブ・ザ・ネイションズ』を発表。すると、ドイツのアルバム・チャートで過去最高の4位を記録し、国民的メタル・バンドに返り咲く。2014年には14thアルバム『ブラインド・レイジ』を発表。翌年4月、ギタリストのウヴェ・ルイスとドラマーのクリストファー・ウィリアムズが加入し、今年年1月には2015年の欧州でのブラインド・レイジ・ツアーでの音源映像を収録した作品『レストレス・アンド・ライヴ』を発表。近年は精力的な活動を継続している。
再び戦闘モードに突入した熱き5人の戦士たち、アクセプトの3年ぶりの新作は『The Rise Of Chaos』。重戦車のごとく突進していくその生き様が見事に反映された作品である。ミックスとマスタリングは、アーチ・エネミー、オーペス、クリエイター、カーカス等々、数多くのヘヴィ・メタル作品のプロデュースとミキシングで知られているアンディ・スニープが前作に引き続いて担当。終始徹底したヘヴィネスが貫かれた、男気溢れる硬派なサウンドとなっている。ジャケットはデストラクションやグレイヴ・ディガーなどの作品も手掛けているGyula Havancsákが担当。混沌とした世界を緊張感溢れる筆致で描いている。
バンドは海外でのアルバム・リリース日の前日である8月3日、ドイツで行われる世界最大のメタル・フェスティヴァル『Wacken Open Air festival』に出演し、スペシャルなショーを披露することも発表した。当日は3部構成となっており、第1部は新旧のヒット曲を披露、第2部はギタリストのウルフ・ホフマンがチェコ国立交響楽団とソロ・アルバム『Headbangers Symphony』(ベートーヴェン、ヴィヴァルディ、モーツァルトなどの作曲家によるクラシック音楽の有名曲をヘヴィメタル調にアレンジした作品集)からの楽曲を演奏するソロ公演、そして第3部はアクセプトとチェコ国立交響楽団の競演コンサートとなる予定だ。今年に入って活発な動きをみせている彼らであるが、9月の来日公演『ACCEPT - THE RISE OF CHAOS WORLD TOUR 2017』もすでに決定しており、その人気は今後ますます拡大していくものと思われる。
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・革製キーホルダー (ロゴ入り)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 
【輸入盤/新入荷】
■MAKE THEM SUFFER / WORLDS APART<DIGI>(1,728円)
MAKE THEM SUFFER / WORLDS APART<DIGI>
暗黒のブラック/デス・メタルと獰猛なハードコア、そしてゴシックでシンフォニックな響きを融合させた時、MAKE THEM SUFFERというサウンドが世に解き放たれる… 
オーストラリアが生んだデスコア・ゴシック・メタル・アクト、MAKE THEM SUFFER(メイク・ゼム・サファー)が放つ通算3作目となるスタジオ・アルバムが完成! 荘厳さと獰猛さを兼ね備えたそのサウンドは、全てのヘヴィ・ファンの胸を熱く焦がす事となる…
 
◆漆黒の闇を思わせるようなダーク・ヘヴィネスと、牙をむき襲いかかる獰猛なハードコア・サウンド、そしてゴシックかつシンフォニックな響き、その要素を融合させ、圧巻のヘヴィさがありながらも浮遊感と荘厳さすら感じさせてくれる、オーストラリアはパース出身のヘヴィ・アクト、MAKE THEM SUFFER。2010年にアルバム『NEVERBLOOM』でデビューを果たし、その独自に深化させたヘヴィ・サウンドで大きな注目を集める彼らが、前作より2年振り、通算3作目となるスタジオ・アルバム『WORLDS APART』を完成させた…!
 
◆MAKE THEM SUFFERというバンドが吐き出すそのヘヴィ・サウンドは、よくあるデスコア・バンドのようにファスト・パートとブレイクダウンを行きかい、グロウルとスクリームで感情の全てを吐き出すだけのサウンドではなく、獰猛さに満ちた重量級ヘヴィネスを底辺に、そこにブラスト・ビートやトレモロ・ギターで暗黒さをかもし出しつつ、安易にブレイクダウンに入ることなく徹底したヘヴィ・グルーヴを追求し続ける、感動すら感じさせる潔さを持っている。が、彼らのサウンドの最大の特徴は、紅一点のキーボーディストが奏でる荘厳なシンフォニック/ゴシックの要素と、彼女のコーラス・ワークだと言えよう。
 
◆デビュー作でも、イントロにピアノによる緊張感に満ちた荘厳な調べを配し、そこからクワイアやオーケストレーションが加わる重厚なサウンドへと変化した後、強靱なブラスト・ビートが牙をむく圧巻のヘヴィネスへと突き進んでいくという凄まじい構成を持つ楽曲で幕を開けたこのMAKE THEM SUFFER。そのオープニング・トラックだけでも彼らの独自性を強く感じさせてくれるのだが、その独自のサウンドをより研ぎ澄ませ、さらなる高みに到達させたのが、この最新作『WORLDS APART』なのだ。
 
◆狂気のスクリームと圧巻のグロウル、そこにのびやかな女性コーラスを織り交ぜたヴォーカル・パート…、この展開だけでも背筋がぞくぞくするような興奮を味わえるのだが、このヴォーカル・ワークと同様、圧巻のヘヴィネスとクラシカルに響くピアノの旋律、重量級のダークさと浮遊感を感じさせるキーボードの不穏なメロディ、そして獰猛な音像と荘厳なるサウンドを見事なバランスで融合させるその世界観は、見事の一言。今作から先行して公開されている新曲「Fireworks」を聴けば、その壮大なヘヴィネス、というサウンドを感じ取ってもらえることだろう。
 
◆2008年に結成して以降、すぐにデビューすることなく地元を中心に精力的に活動を行い自らのサウンドとパフォーマンスを研ぎ澄ませていったMAKE THEM SUFFER。地道とも言えるその活動で着実のファンベースを拡大させていった彼らは、努力を惜しまず地に足をしっかりとつけながら徐々に注目を集める存在へと成長していったのだが、そのバンドそのものが持つ地の力の強靱さはこの努力によって培われたものだ。
 
◆この3作目となる最新作『WORLDS APART』で、彼らはより幅広い、世界中のヘヴィ・ミュージック・ファンの注目を集める存在へとさらにその歩みを進めることになる。もしかするとこの作品がメタルコアというジャンルの流れを変えてしまうかもしれない…、そんな期待すら感じさせてくれる作品を、MAKE THEM SUFFERは作り上げたのだ!
※メーカー・インフォより
 

 

■PISTOL PETE / PISTOL PETE'S KILLER BASH<PAPERSLEEVE>(2,700円)

シカゴのブルース・サーキットにあって異端のハード・ロッキン黒人ギター・スリンガー、ピストル・ピートの新作登場!
 
ジミヘンばりにギターを引き倒す轟音ロック・アルバム!
Pヴァイン制作アルバム『エレクトリック・ブルース・ランド』(2002 年)『エヴォルーション・ブルース』(2008 年)で衝撃的なブルース・ロック・ギターを轟かせ、二度の来日公演でも観客のド肝を抜いたピストル・ピート。いまもシカゴで精力的に活動を続けている彼から届けられた久々の新作は、もはやブルースの枠組みを飛び出した、ジミ・ヘンドリクス・マナーのギターで攻めまくる轟音ハード・ロック・アルバムとなった。
全15 曲、推進力全開のタイトなリズム隊を従え、歪みっぱなしのギターを凶暴に引き倒し、野太いヴォーカルで吠えまくる!
来日公演でも見せたギターでDJ スクラッチ風の音を出すギミック・プレイも健在。60sR&B 風「She’s My Baby」やロック・バラード「Down On Me」「I’m Sorry」では定評のあるソウルフルなヴォーカルをたっぷり聴かせてくれる。旧来のブルース・ファンよりも若いギター小僧やロック~メタル・キッズにこそ聴いてもらいたい、シカゴ産ブラック・パワー・ギター・アルバムです!
Members: 
Pistol Pete (vocals & guitar)
Melvin Carlise (drums)
Daniel Frye (drums)
Jay Knapik (Bass)
The Wizard (keys)
Tyler Staehlin (trombone)
John Gutierrez (trumpet)
Joel Baer (drums on 6&10)
Aaron Whittier (bass on 6&10)
Special Guests:
Rodney Brown (baritone sax, wood wind)
Cece Mo (vocals)
※ メーカー・インフォメーションより
 
 
【グッズ/再入荷】
■12" SLIPMAT(1,458円)
スリップマット / 12" SLIPMAT (1枚組)
12" SLIPMAT  (12インチサイズ)
厚さ2ミリ高密度フェルトを含浸加工・表裏樹脂コーティング。
従来よりもフェルトの使用量を約28%増量した新開発素材『2ミリ厚・高密度フェルト』。
絶妙なスベリ(転がり抵抗)を尊重するため、程よい柔らかさをに近づけられるよう樹脂加工が施されました。
「防振性」にも優れ、コントロールの際に起こるノイズが大幅に削減できるように仕上げてられている上、特殊加工により「帯電防止」と「脱磨耗性」の性能も高めています。
スリップシート不要でもスムーズなレコード・コントロールを実現しました。
ブログ掲載商品以外にも基本アイテムをはじめ連日入荷しております。
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。
ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。
 
 
 


友だち追加数
店舗案内


disk union
お茶の水HR&HM館
 
〒101-0062
千代田区神田駿河台2-6-10 アカネツボビル2F/3F/4F
TEL:03-3219-5781
email :
do2@diskunion.co.jp
営業時間
11:00~21:00
日祝11:00~20:00

disk union
お茶の水HR&HM買取センター
 
買取専用フリーダイヤル:
0120-816-950
(携帯電話の方は03-3219-5782)
email:
do_metal_buy@diskunion.co.jp
営業時間:
11:00~21:00 日祝11:00~20:00
HR/HM専門の買取窓口です。新譜、廃盤系はもちろん、国内帯付は高額査定!
大量処分や遠方にお住まいの方は是非ご利用下さいませ。まずはお電話を!

買取センター案内はこちら
店舗情報はこちら
ブログ内検索
メタルCD/DVD/レコード/Tシャツ/本/グッズ他絶好調買取中

fefa58a5.jpeg

600977b4.png
遠方の方/大量ご処分の方の買取もとっても簡単!

買取申込書はこちら
まずはお電話ください!
フリーダイヤル:
0120-816-950 (携帯電話の方は03-3219-5782) 
******************
コピペで簡単!送料無料
宅配買取のご依頼


お名前:
ご住所:
お電話番号:
内容:
(
例)メタル系のCD300点位
ダンボール発送ご希望数:

以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do_metal_buy@diskunion.co.jp

ご依頼頂きましたら、ダンボール(と買取申込書/着払い伝票)をご住所へ発送させて頂きます。

お客様がご準備出来次第、着払いにて当店へお送りくださいませ

買取センター案内はこちら


①パソコンをお持ちの方はパソコンで登録

②【買取申込書】をプリントアウトして

③必要事項を記入して

④お売りいただく商品を同梱していただいて

⑤電話で宅急便を依頼 (送料はもちろん無料!)


⑥店舗に届いたら1点1点査定して

⑦お支払いは現金か振込みでスムーズ


皆様のお持込お待ちしております♪
通信販売:コピペでラクチン!メールご注文シート
お名前:
お届け先:
お電話番号:
ご注文内容:(当店ブログもしくはメルマガから商品名をコピペして下さいませ。)

(例)●RIOT / Thundersteel / 2,300円 〔1枚〕
※枚数の記載がない場合、ご注文枚数は1枚と判断させていただきます。


以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do2@diskunion.co.jp

通信販売について、詳しくは こちら をご覧くださいませ。
在庫検索
2c72eba7.gif 
中古WEBショップ
a3d44fd6.jpeg



LINE@
当店LINE@はこちら

友だち追加数
Twitterはじめました♪
メルマガ会員募集中!

お茶の水ハードロック/ヘヴィメタル館の新品入荷情報や特典情報、中古セール情報、
お買得品情報などをメール配信しております。メルマガ会員様限定の割引サービスもございます!

↓携帯電話での登録はコチラ

05b5c974.jpeg






■◇■パソコンでの登録はこちらで■◇■ 

★鋼鉄チケット配布中★

国内盤を1,000円お買い上げごとに100円分の割引チケットをプレゼント!
国内盤をお買い上げになるなら当店が断然お得!
もちろん鋼鉄チケットは国内盤、輸入盤、中古品いずれにでもご利用できます!

チケット取扱中!


JAPANESE ASSAULT FEST 17

詳細は→コチラ

 

Asakusa Deathfest 2017 2017/10/27,28,29 浅草 Gold Sounds

詳細は→コチラ



CHAOS ASSAULT VOL.1

詳細は→コチラ

10月~注目国内盤新譜!予約受付中!
10月20日入荷予定! ■TRIVIUM / ザ・シン・アンド・ザ・センテンス

詳細は→コチラ

■GWAR / ザ・ブラッド・オブ・ゴッズ

詳細は→コチラ

■CYHRA / レターズ・トゥ・マイセルフ 【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

10月25日入荷予定! ■LOVEBITES / アウェイクニング・フロム・アビス【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■IN FOR THE KILL / イン・フォー・ザ・キル【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■SONS OF APOLLO / サイコティック・シンフォニー【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■CONCERTO MOON / ティアーズ・オブ・メサイア【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

10月27日入荷予定! ■THE UNCROWNED / ティアーズ【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■黒薔薇王国 / ブラック・ローゼス【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

2F国内新譜・入荷しました!!
10月6日入荷! ■BLACK DAHLIA MURDER / ナイトブリンガーズ

詳細は→コチラ

■THE RASMUS / ダーク・マターズ

詳細は→コチラ

10月4日入荷! ■UNDEAD CORPORATION / ノー・アンチドート【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■LEOPARDEATH / リブート【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■REVOLUTION SAINTS / ライト・イン・ザ・ダーク 【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■人間椅子 / 異次元からの咆哮【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

10月1日入荷! ■CINQ ELEMENT / サークレット【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

9月27日入荷! ■GALNERYUS / ULTIMATE SACRIFICE【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■OCTAVIAGRACE / ポリヒドラ【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■ショーヤ / アウロラ【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■SONS OF TEXAS / フォージド・バイ・フォーティテュード【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

9月22日入荷! ■CRADLE OF FILTH / クリプトリアナ~腐蝕への誘惑【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■ARCHSPIRE / リレントレス・ミューテーション

詳細は→コチラ

9月20日入荷! ■NOCTURNAL RITES / フェニックス【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■WOLVES IN THE THRONE ROOM / THRICE WOVEN【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■DOOM ドゥーム / Insomniac Days -The History of DOOM【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■LOUDNESS / ハリケーン・アイズ 30TH アニヴァーサリー・リミテッド・エディション【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■H.E.A.T / イントゥ・ザ・グレイト・アンノウン

詳細は→コチラ

9月15日入荷! ■BELPHEGOR / トーテンリチュアル~屍骸典礼

詳細は→コチラ

■ENSIFERUM / トゥー・パス【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

9月6日入荷! ■BASKERVILLE / オプス・アエテルヌム

詳細は→コチラ

■FUEL / サーティース・メディケーション

詳細は→コチラ

9月1日入荷! ■PARADISE LOST / メデューサ

詳細は→コチラ

■ARCH ENEMY / WILL TO POWER【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

注目の輸入盤リリース情報
9月~11月入荷予定!  
■CRUCIFIXION / TAKE IT OR LEAVE IT/ON THE RUN

Neat Recorddよりリリースされた82年7"シングルの再発。 詳細は→コチラ


■THOUSAND BELOW / THE LOVE YOU LET TOO CLOSE

"エモーショナルな音像が今新鮮さと共にラウドに鳴り響く! メタルコア/エモ/ポスト・ハードコア…、感情を揺さぶるラウド・ミュージックをかき鳴らすサンディエゴ出身のニュー・カマー、THOUSAND BELOW(サウザンド・ビロウ)デビュー! 2枚のシングルとツアーで既にシーンからの注目を集める彼らが、Rise Recordsよりデビュー・アルバムをリリース! 今チェックしておくべきバンドは、彼らで決まり! 詳細は→コチラ


■10 YEARS / (HOW TO LIVE)AS GHOSTS

"""10YEARSの名の下に再び集いし輩から轟く再生の凱歌――。 テネシー州ノックスヴィル出身のオルタナ・メタル・バンドが、通算8作目『(how to live) AS GHOSTS』で復活する! オリジナル・メンバーのブライアンとマットが再び加わり、“再生”した10 YEARSが、自分たちの限界を突き破り創り上げた、ダイナミックで多面的なへヴィ・サウンド。新しくスタートを切った彼らの光射す新章が今幕を開ける・・・。"" 詳細は→コチラ


■LONEWOLF / RAISED ON METAL

"90年代から活動をしているフランスのパワー・メタル・バンド、前作『The Heathen Dawn』から約1年ぶりの新作となる17年発表の9thフル・アルバム。 デビュー以来、徹底して貫かれるRUNNING WILD/GRAVE DIGGERスタイルの暑苦しく勇壮なパワー・メタル・サウンドは健在!!ボーナス・トラック2曲を収録したデジパック仕様。" 詳細は→コチラ


■GRAVETEMPLE / IMPASSABLE FEARS

SUNN O)))のStephen O'Malley、MAYHEMのAttila Csiharらによるドローン/エクスペリメンタル・ドゥーム・バンド、10年ぶりとなる'17年リリースの2nd。 詳細は→コチラ

当店オススメのメロディアスハードロック作品!
9月~11月入荷予定!


■MONTROSE / MONTROSE(DELUXE)

"アメリカン・ハードロックの神髄を体現していたロック・ギタリスト、ロニー・モントローズ率いるモントローズ。サミー・ヘイガーやデニー・マッカーシなど後にソロ・アーティストとして、そしてヴァン・ヘイレンやハートなどのメンバーとしてアメリカン・ハード・ロック・シーンを支えていくメンバーを擁した彼らの初期2作が、最新リマスター音源+デモ音源、未発表曲、スタジオ・ライヴなどの未発表音源を加えた2枚組デラックス・エディションとして発売!これがアメリカン・ハード・ロックのパイオニアの音だ! 詳細は→コチラ


■DEBBIE RAY / SLAVE TO THE SYSTEM

スウェーデンのモダン・ハードロック・バンドの17年発表の2ndフル。 詳細は→コチラ


■HYDROGYN / REDEMPTION

USの女声Voハードロック・バンド、新Voを迎えて制作された17年発表作。 詳細は→コチラ


■ST PARADISE / ST PARADISE

"TED NUGENTバンドで活動していたDerek St. Holmes(Vo/G)、Rob Grange(B)を中心としたハードロック・バンドが79年に発表した唯一の作品。17年ROCK CANDYからのリマスター、ジャケット違い再発盤。 適度にメロディアスな要素もあるアメリカン・ハードロック作品。 詳細は→コチラ


発売中!

■DIABLO BLVD / ZERO HOUR

ベルギーのヘヴィ・ロック/ハード・ロック・バンド、17年発表の4thフル。 詳細は→コチラ


発売中!

■BOB KULICK / SKELETONS IN THE CLOSET

"ex-KISS~GRAND FUNK RAILROADなどのBruce Kulickの実兄にして自身もKISSのサポート、MEAT LOAFのバンド・メンバーを務めたほか、プロデューサー/ソングライターとしても活動をしてきたBob Kulickの17年発表、キャリア初のソロ作品。 彼の過去のバンドであるSKULL、MURDER'S ROW時代の楽曲のほか、新曲5曲も収録した全10曲入り。レコーディングには、実弟のBruce Kulickのほか、Dee Snider、Robin McAuley、David Glen Eisley、Rudy Sarzo、Chuck Wright、Dennis St James、Vinny Appice、Frankie Banaliら豪華メンバーが参加。" 詳細は→コチラ

販売中!
■RONNIE MONTROSE / 10x10

"アメリカン・ハード・ロックの神髄は、死してなお熱い炎を燃やし続ける… 2012年に他界してしまった伝説的アメリカン・ハード・ロック・ギタリスト、ロニー・モントローズが生前にレコーディングしていた未発表の遺作が、数々の名アーティストの参加により5年の年月を経てついに完成…! エドガー・ウィンターやサミー・ヘイガー、ジョー・ボナマサやフィル・コリン、グレン・ヒューズなど錚々たるメンツが参加した、奇跡の最新作にしてラスト・アルバム! 詳細は→コチラ

販売中!
■OTHERWISE / SLEEPING LIONS

USのモダン・ハードロック・バンドの17年発表作。NICKELBACKタイプ。 詳細は→コチラ

販売中!
■STAN BUSH / CHANGE THE WORLD

"数々の映画への楽曲提供でも知られ、近年は精力的に作品のリリースを続けているアメリカ人ミュージシャン・Stan Bushの17年発表の13枚目のソロ作品。 今作もキャッチーで叙情的なメロディが全編で奏でられる安定のメロディアス・ハードを聴かせる。" 詳細は→コチラ

販売中!
■LOVE & REVENGE / KARMA

ROCKARMAのDamon KellyとADRIAN GALEのVic Riveraによるプロジェクト。マスタリングはHAREM SCAREMのHarry Hessが担当。 詳細は→コチラ
販売中!注目の最新メタル輸入盤!

販売中!

■COVEN / THE ADVENT

昨年リリースしたデモ"-Zero-"が国内外で好評を博した、東京をベースに活動する元Fastkillのリード・ギタリスト伊東と、女性Voによる正統派ヘヴィ・メタル・バンドCoven! 海外での評価も高く、数々の海外のレーベルの間での争奪戦の結果、フィンランドの名門Svart Recordsより、満を持して発表する4曲入り世界デビューEP! 詳細は→コチラ


販売中!

■AUGUST BURNS RED / PHANTOM ANTHEM

今や名実ともにUSメタルコア・シーンをリードするバンドへと成長したAUGUST BURNS REDの17年発表の7thフル・アルバム。 詳細は→コチラ


販売中!

■IMPLORE / SUBJUGATE

ドイツのブラッケンド・デス・メタル・バンド、17年発表の2ndフル・アルバム。パッチ入り/デジパック仕様。 詳細は→コチラ


販売中!

■JAG PANZER / THE DEVIANT CHORD

"80年代から(一度の解散を挟み)活動を続けるUSパワー・メタル・バンド、11年作『SCOURGE OF THE LIGHT』以来、約6年振りの新作となる10thフル。 ギタリストに名手・Joey Tafollaが復帰したUSパワー・メタル・ファン注目の一枚。 " 詳細は→コチラ


販売中!

■ILDJARN / 1992-1995

ex THOU SHALT SUFFER/初期EMPERORのメンバーでもあったIldjarnによる超Raw-Fiプリミティヴ・ブラック・メタル、02年にNorthern Heritageよりリリースされた音源集。95年『ILDJARN』、96年『STRENGTH AND ANGER』、96年『FOREST POETRY』の3枚のフル・アルバムからの音源他、未発表やデモ音源も収録。17年Season Of Mist再発盤。 詳細は→コチラ


販売中!

■ALCEST / SOUVENIRS D'UN AUTRE MONDE

シューゲイザーとブラック・メタルの融合を果たした奇才NeigeによるALCESTの07年1stフル・アルバム。ブラック・メタル色を一気に落としシューゲイザーにかなり寄ったサウンドを提示し、ポスト・ブラック・メタル/ブラックゲイズの源流となった歴史的名作。リリース10周年記念エディション、ジャケット・アートは当時日本盤で使用されたものを採用。ハードカバー・ブック仕様。 詳細は→コチラ


販売中!

■THE GREAT DISCORD / THE RABBIT HOLE

"15年にMetal Bladeより発表されたデビュー作『Duende』も好評だったスウェーデンの女性Voプログレッシヴ・メタル・バンド、17年発表の2ndフル。 テクニカルな要素、モダンでヘヴィな趣、そして女声Voならではのポップ性がバランス良く同居したハイクオリティな作品。" 詳細は→コチラ

 
販売中!

■SECTION A / WALL OF SILENCE

"FATE/FATAL FORCE/ACACIA AVENUEなどで活動するTorben Enevoldsen(G)率いるプログレッシヴ・メタル・バンドの4thフル。 ※もともと16年にMausoleum Recordsからリリース予定でしたが、ほとんど流通しないままに廃盤になった作品です。" 詳細は→コチラ


販売中!

■KARKAOS / CHILDREN OF THE VOID

カナダの女性シンガー/女性ドラマーを擁するメロディック・デス/メタルコア・バンド、17年発表の2ndフル。 同郷の先輩格であるTHE AGONISTを彷彿とさせるサウンドで、 北欧メロディック・デス影響下のバックに多めの女性クリーンVoとデス声を乗せたスタイル。 さらにシンフォニックなアレンジを多用しているため普段デス声を聴かないメロディック・メタル好きにもオススメ!! 詳細は→コチラ
★学生の音楽活動をサポートします★

★学生の音楽活動をサポートします★ 当店では、学生の音楽に関する活動の 支援を行っております。

日々の活動をより多くの音楽ファンの方々に 浸透できるようサポート致します!

例えば ■サークルのフライヤー ■バンド募集 ■ライヴ/学園祭などのイベント情報 などなど当店に置いてみませんか?

ご希望の学生の方 お気軽にスタッフまでお申し付けくださいませ。 直接ご来店されてもOK! 電話/メールでのお問い合わせもOKです!

当店のすゝめ
ディスクユニオンハード&ヘヴィ館スタッフによるブログです!

全国のメタラーのみなさま!!!
もっともっと盛り上がっていきましょう!!!

記事は こちら から

Face book
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31