ディスクユニオン
お茶の水ハード&ヘヴィ館
日本最大級のヘヴィ・メタル専門ショップ!CD、DVD、レコード、Tシャツ、グッズ、本までメタルの商品を取り扱っております

HOME 新品入荷情報
中古入荷情報
中古セール情報
新品予約受付中 買 取通 信 販 売 お買得情報
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
喜多村英梨 / arcadia † paroniria<初回限定盤/CD+DVD>
喜多村英梨
arcadia † paroniria

<初回限定盤/CD+DVD> 
1,944円(税込)
<通常盤> 
1,404円(税込)
 
【2017年9月27日発売】
  
2017年トムス・ミュージックを拠点として、本格的に活動を再開した声優アーティスト:喜多村英梨。3月に第一弾となるミニアルバム、7月にシングルをリリースした直後、早くもニューシングルのリリース!
 
リードトラックとなる、「arcadia † paroniria」の作曲は、自身もアーティストとして活躍するマチゲリータ。前作「DiVE to GiG - K - AiM 」から一転、キタエリの神髄、シンフォニックメタル。流麗な旋律に哀愁と葛藤のアンサブルが絡み合いながらメロディアスに展開する。カップリングは、自身初のシャッフル曲「TiCK TACK」。
 
 
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・ブロマイド
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 
 


友だち追加数

DOOM ドゥーム
Insomniac Days -The History of DOOM- / 
インソムニアック・デイズ -ザ・ヒストリー・オブ・ドゥーム-
 
4,860円(税込)
 
【2017年9月20日発売予定】
 
DOOM 究極のコレクターズ・アイテム登場!
秘蔵映像と共に、彼らの歴史が今、解き明かされる!!
 
2016年9月にリリースされたベスト・アルバム付属のDVDとは被らないライヴ映像をピックアップ。
メンバーを始め、盟友であるCASBAH、JURASSIC JADE、OUTRAGE、UNITEDのメンバー、J(LUNA SEA)、TAKESHI(AA=)、鈴木研一(人間椅子)、BAKI(GASTUNK/MOSQUITO SPIRAL)、TAKE-SHIT(COCOBAT)、森川誠一郎(血と雫/Z.O.A)といった関係の深いアーティスト、音楽評論家・伊藤政則氏やライター・増田勇一氏など当時から現在までに至る関係者からのコメントも収録し、DOOMの本質に迫る内容となっています。
更にオフショットや伝説のCBGB(NY)でのライヴ映像も盛り込んだ、正にDOOMの歴史を総括する映像作品です。
 
総収録時間 約150分予定
リージョンフリー 
Edited by Takayuki Yamada
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・DVD-R(本編未収録ライブ映像収録)
[収録曲]
1.Til' Death(1987/4/29 Meguro Rock-May-Kan) (5'15")
2,Lost ! In My Head(1989/9/16 Fukuoka Drum Be-1) (4'03")
3.Eating It Raw(1993/6/3 Kawasaki Club Citta') (3'58")
Total Time:13'16"
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 
 


友だち追加数
BELPHEGOR / ベルフェゴール / トーテンリチュアル~屍骸典礼
 
BELPHEGOR ベルフェゴール
トーテンリチュアル~屍骸典礼
 
2,484円(税込)
 
【2017年9月15日発売】
 
 
音楽の都は地獄の都と化す!
モーツァルト生誕から260年、同じオーストリア・ザルツブルク出身のブラッケンド・デ ス・メタルの魔王、ベルフェゴールが新たなる教典で再臨を果たす!
約3年ぶり11thアルバム『トーテンリチュアル~ 屍骸典礼』リリース決定! 
  
 
 
1991年に異才ヘルムート(ギター、ヴォーカル)によってザルツブルクで結成、邪悪でエクストリームなブラッケンド・ デス・メタルに悪魔・死・流血・狂気・地獄・ゾンビなどの歌詞を乗せたブルータルな世界観を提示してきたベルフェ ゴールは、アンダーグラウンド・メタル界を震撼させてきた。 
  
『コンジュアリング・ザ・デッド~屍者召喚』(2014)発表後に『ラウド・パーク14』で日本初上陸を果たした彼らの凄 絶なライヴ・パフォーマンスは場内を騒然とさせ、早くも翌2015年5月に再来日が実現。ブルータルな演奏と白塗り・ 血まみれのステージ・パフォーマンスは阿鼻叫喚の坩堝となった。 
  
作品ごとに殺傷力を増してきたベルフェゴールの音楽だが、約3年ぶりとなる新作(通算11作目)『トーテンリチュア ル~屍骸典礼』は現時点での最終進化形といえる出来映え。ヘルムートが呪詛を込めたヴォーカル、そして憤怒のリフ とテクニカル・プレイを兼ね備えたギターで襲撃をかけ、相棒のセルペントが重低音ベースで脳髄を攪拌する。正式メ ンバーは2人だが、ストリームス・オブ・ブラッドやパンツァークライストなどで知られるサイモン“ブラッドハンマ ー”シリングのブラスト・ビートを交えたドラムスは精神的・肉体的に多大なダメージを及ぼすものだ。 
  
山羊頭の異端神バフォメットを描いた「邪神バフォメット」から魔のサバトは始まる。そのバイオリンの技術を得るた めに悪魔に魂を売ったというニコロ・パガニーニに捧げる「悪魔の末裔」、断末魔のうめき声で終わるラスト「屍骸典 礼」まで、全編を瘴気が噴き出しっぱなしの本作は、中世の黒死病(ペスト)のように世界へと蔓延していくだろう。
  
  
アルバムはオーストリアとドイツでレコーディング、そしてデス・メタルの聖地フロリダのオーディオハマー・スタジ オでミックス。ディーサイドやトリヴィアムなどが使っていたスタジオでの作業によって、聴くたびに死を予期させる リアルな音作りを得ている。アルバムのジャケット・アートワークを手がけるのはセプティックフレッシュのメンバー でもあるセス・シロ・アントンだ。醜悪を極めるあまり美しくすらあるアートは、バンドの音楽世界を見事にヴィジュ アル化している。 
  
ベルフェゴールの地獄の陥穽、一度堕ちたら抜け出ることは不可能だ。
 
 
 


友だち追加数
THUNDER FALL / サンダー・フォール / GLORIOUS A NEW WORLD / グロリアス・ア・ニュー・ワールド
  
THUNDER FALL / GLORIOUS A NEW WORLD (2,571円)
 
【2017年8月25日発売】
 
実の兄弟によるツイン・ギターを擁する、メロディック・メタルの若き急先鋒、メロディーとパワーと疾走感を詰め込んだ、渾身の1stアルバム。
 
<バイオグラフィー>
2012年春、メロディック・パワー・メタル・バンド:Thunder Fall結成。
約7か月の間に渋谷O-EASTやZepp DiverCityでのステージ、MYPROOFやHeavensDust、My Material Season等とのオムニバスに楽曲が収録されるなど精力的に活動を行なっていたが、リーダーの四郎丸裕也(G)がジストニアという病に侵され、一時活動休止。
2014年春、新Vo:上松寛太郎を迎えて活動を再開するも、まだメンバーは常に流動的であった。同年の夏から秋にかけて、裕也の実弟である四郎丸丈二(G)と伊藤あおい(Key)が加入し、大柴拓馬(B/Delgesu)、元帥(Ds/IRON ATTACK!)等のサポートを受け、現在のラインナップとなる。
活動当初より疾走、メロディー、Gのツイン・リード、Keyリードを存分に取り入れ、方向性は明確に打ち出されており、結成最初期の楽曲である“Journey Of The War”、“Battle Cry”も輝き続けている。これらは当時19歳であった四郎丸裕也のペンによるもので、以降も更なるメロディー、コーラス、オーケストレーション、テクニックに磨きをかけ、感涙物のパワー・メタルを打ち出している。
1stアルバムには実の弟、当時20歳の四郎丸丈二のペンによる楽曲も2曲、兄弟の共作が1曲収録されている。いずれも兄単体での楽曲とは異なる、激情とドラマティックさ、そしてどこか切なさを感じさせ、多様さあふれる中にも、更なる彩りを加えることに成功している。
またジャケットやアートワークに関しては「既存のメタルのイメージ」とは異なる部分を打ち出しており、これまでの作品の全てに写真を使用したジャケットを採用している。人々の心にすっと入り込むようなデザインの数々は、その楽曲にも共通している部分があり、「徹頭徹尾メタルだが何処か聴きやすい/見やすい」、「数多くのアーティストの中から何度でも選びたくなる」…そんなオリジナリティーが既に確立されているのではなかろうか。それはメンバーのバックグラウンドの広さに裏付けされており、各界の英雄達の遺した作品に憧れ、自らも素晴らしき世界を切り開こうとする「鋼鉄の叫び」なのだ。
さあ集え、鋼鉄の戦士達!!!
<楽曲解説>
1. Legacy Of A Hero あなたはこのアルバムを再生した瞬間、突風に吹き上げられ、天高く飛翔することだろう…。大空を自由に舞うようなメロディー、生を謳歌するようなコーラス、そして隙間なく埋め尽くされる四郎丸兄弟によるGリフ、ソロ、そしてツイン・リード。曲名が指し示す通り、メロスピ/メロパワ界の歴戦の英雄達が遺した誇りを詰め込んだ曲となっている。
2. Journey Of The War どこかノスタルジック、かつ壮大なイントロでは戦いの日の朝を表現している。愛する家族に別れを告げ、戦いの幕が開ければ、もう優しい父ではいられず、自分の世界を守る為に敵を殺めてしまう。様々な葛藤を乗り越えながら、永遠に戦い続けようという曲である。7分を超える曲でありながら、繰り返しが少なく展開を続ける様は、まさに"Journey"。飛翔するサビが珠玉の1曲。
3. Battle Cry イントロでノックアウトのクサメタラーも多いのではなかろうか。ネオ=クラシカルなリフを挟み、ヘヴィなメロディーから徐々に盛り上げ、サビで疾走かつ壮大なコーラス…それ以降もほぼ繰り返しは無く、次から次へと押し寄せる激臭フレーズにあなたは耐えられるだろうか?
4. The Voice Of Waves ここまでの戦いを乗り越えた後の落ち着いたバラード。タイトルは"潮騒"という意味である。僕達は家族や友達、様々な人に支えられて生きている。皆から一度貰った愛はいつまでも僕達を突き動かす。暮れの潮騒のように優しく、いつまでも心に残り続ける。ただいつまでもそうしてはいられない、次は僕達が皆を支えてあげようという歌である。故郷を感じさせるイントロ、随所に散りばめられたエモーショナルなGソロは、自分の弱さ、矛盾、決意を叫ぶかのようである。
5. Thunder Vengeance エクストリーム・パワー・メタルとでも呼ぶべきか。BPM=280で疾走する、アルバム最速の曲である。激しいビートと複雑なリフ・ワーク、憤りや野心のこもったソロではあるが、決してメロディーを損なう事なく、まるで黒い大空を雷が自由に飛び交うかの如く炸裂する。パワー・メタルが虐げられる訳にはいかないのである。積もり積もった暗雲は世界を切り裂く雷を解き放つのだ!
6. Asteroid 前曲に続き、こちらも高速BPM=216。凄まじい速さのDsソロを警鐘に、不穏なKeyのメロディーと残虐なGリフが、無限に膨張していく宇宙を見せてくれる。スラッシュ・メタルと並走できるほどのスピードを持ちながら、パワー・メタル特有のメロディーを全面に押し出し、独特な雰囲気を醸し出している。高まり続ける高揚感は止まることを知らず、ブラスト・ビートと宇宙の果てまで飛んでいってしまうようなKeyソロでクライマックスを迎える。
7. Freezing Fire 美しいピアノから始まり、切なげなGソロ、重たく刻まれるリフが孤独を感じさせる。真冬の山道、突然独りになった少年は洞窟へ逃げ込む。いつ凍死してもおかしくないが、父から学んだ火起こしで僅かながら火種を作る。物語の主人公は"Freezing Fire"。火は少年を生かす為、必死に燃え上がろうとする。朝はまだ遠い。まだ小さく、今にも消えそうだが、俺には生まれた意味がある。無事お前が朝を迎え、希望を見出せるよう、この一生をかけよう。
8. Brother Power キャッチーな4ビートの楽曲。"Brother"とは同じ夢を持つ仲間を指す。何かを成し遂げる為に、時には相手を傷つけようとも本気で向き合わなければならない。それなのに何時も離れず、一緒に夢を追い掛けている。そんな数多くの"Brother"が友情を謳歌するかのようなコーラスが胸にしみる、素晴らしいメロディーの曲となっている。
9. Legendary Kingdom 開始早々、光の矢のようなGリフが爆裂。その後もThunder Fallの代名詞とも言える裏打ちのGリフが心をガッチリ掴んでくれる事だろう。ブリッジの前向きで力強く儚げなメロディーは、この曲全体を引き締め、そこから繋がるパワー溢れるサビは是非ライヴで一緒に歌って欲しい。メタルの勝利のため、皆で声を上げるのだ。俺たちと一緒に伝説のメタル王国を築こう!
10. Running Memories 聴きどころ満載のリードGがポイント。繊細なバラードで、このアルバムの憩いの場である。激情のイントロ、美しいコーラス、ピアノ、歌声をバックに様々な記憶が思い出される。「成し遂げたい…でも心が折れてしまいそうだ」…そんな時、思い出達があなたに寄り添い、背中を押してくれるだろう。思い出と共に駆け出すように段々とペースを上げて疾走する。そして折り重なるGソロは様々な葛藤、決意に溢れ、最後の曲の扉を叩く。11.Glorious A New World 全ての戦いが終結し、初めての朝を迎えると、そこはまるで別世界だった。世界中のどこにも哀しみや不幸がなく、人々が、海や大地が、目に映る全てのものが競うようにのびのびと脈動している。自分の中の陰鬱なフィルターが取れただけかもしれないが、素晴らしき新しい世界だ。ああなんて素晴らしいのだろうか。それを体現するかのような喜びに満ちたメロディー、壮大なコーラス、オーケストラ、隙間なく散りばめられたツイン・リード、永遠と続くバスDs。全てがその生を謳歌する。なんて素晴らしい!
 
 
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・CD-R (マイナス・ワン音源)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。


友だち追加数
WOLVES IN THE THRONE ROOM / ウルブズ・インザ・スローン・ルーム / THRICE WOVEN / スライス・ウォウヴェン
WOLVES IN THE THRONE ROOM / THRICE WOVEN (2,592円)
 
【2017年9月20日発売】
 
バンド・サウンドに立ち返り、USブラック・メタルの最先端で神秘性を聴かせるシーンが待ち望んだ最新スタジオ・アルバム、
日本先行発売!
 
■DEAFHEAVENやALCESTの成功で広く一般音楽ファンにまで認知され始めた感のあるブラック・メタル。そんな両バンドと対等に並び得るバンドがこのWOLVES IN THE THRONE ROOMだ。
■ブラスト・ビートやトレモロ・リフといったサウンド・スタイルは踏襲しながら、悪魔崇拝的な邪悪さは持ち合わせず、自然界に対する畏敬と過度な文明社会に対する警鐘の念をテーマに現在までに5枚のスタジオ・アルバムをリリース。どの作品も神秘的かつドラマティック、類稀なる構成力を持って生み出した長尺の楽曲と世界観は聴き応え十分。加えて一切の破たんを見せない完成されたライヴは圧倒的な熱量で、アメリカのブラック・メタル・バンドの頂点にいるといっても過言ではない。
■6枚目のアルバムとなる本作は、前作『Celestite』のダーク・アンビエント的作風とは大きく異なり、再びバンド・サウンドに帰還した1枚だ。これぞWITTRというスタイルでありながら、ドラマティックさや壮大さはこれまでを遥かに上回るスケール感で聴かせる。音楽的な振れ幅も広く、ある意味これまでのキャリアを総括するようなアルバムだ。
■プロデュースを手掛けたのはSUNN O)))などの仕事で知られるRandall Dunn、エンジニアはDEAFHEAVENを手掛け一気にブレイクしたJack Shirleyと鉄壁のバックアップ。御大Steve Von Till (NEUROSIS)もゲスト参加している。
■日本先行発売。
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・布パッチ (ロゴ)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。


友だち追加数
BASKERVILLE / バスカヴィル / Opus Aeternum / オプス・アエテルヌム
BASKERVILLE / Opus Aeternum (2,700円)
 
【2017年9月6日発売】
 
王道メロディック・パワー・メタルの求道者Baskerville、約6年振りの新作が降臨!
 
2000年に結成され、そのシンフォニックなメロディック・パワー・メタル王道の楽曲でマニアの間でも熱い支持を得るBaskerville(バスカヴィル)、6年振りの新作となる3rdアルバム!
錬金術と人の業をテーマとして制作された本作も、煌びやかなキーボードをフィーチュアした疾走ナンバーを中心に、より剛直かつドラマティックになった、北欧及び欧州のメロディック・パワー・メタル直系のサウンドが炸裂する!
 
Kazuya Yakushi : Vocals
Kazuki Kawashima : Guitar, Bass
Sanshiro Tanimura : Keyboards, Programming
Additional Player  
Satoshi Kobayakawa : Drums
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・CD-R (未発表曲「Stars on the Run」収録)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。


友だち追加数
THE HAUNTED (METAL) / ザ・ホーンテッド / STRENGTH IN NUMBERS / ストレングス・イン・ナンバーズ
THE HAUNTED (METAL) / STRENGTH IN NUMBERS  (2,592円)
 
【2017年8月25日発売】
スウェーデンの新世代メタル・バンド、ザ・ホーンテッド、新編成による第2弾、3年振り通算9枚目の新作登場!! 
 
2代目ヴォーカルのマルコ、初代ドラマーのエイドリアン、そして新ギタリストのオラを迎えた新生ザ・ホーンテッドの2作目、通算9枚目の新作登場!
伝説のメロディック・デス・メタル・バンド、アット・ザ・ゲイツに在籍していたアンダース(g)、ヨナス(b)のビョラー兄弟とエイドリアン・アーランドソン(dr)が中心になって結成。
もう一人のギターに元SÉANCE、WITCHERYのパトリック・ヤンセン、ヴォーカルにMARY BEATS JANEのピーター・ドルヴィングを加えた5人編成でデビュー・アルバム「ザ・ホーンテッド」を1998年にリリース。
その後ピーターとエイドリアンが脱退、ヴォーカルにFACEDOWNのマルコ・アロ、ドラムにKONKHRAのペール・モラー・ヤンセンが加入し2000年同郷のイン・フレイムスとのカップリングで初来日公演を行いました。
その後オリジナル・ヴォーカリストのピーターが復帰、海外のレコード会社をEARACHEからCENTURY MEDIAに移籍し、 2004年に4thアルバム「リヴォルバー」を、2006年に5thアルバム「デッド・アイ」をリリース。アンダースとヨナスが、一時期アット・ザ・ゲイツの再結成ツアーに参加しましたが、2008年に6thアルバム「ヴァーサス」をリリースし、ザ・ホーンテッドとしての結束の固さを証明します。
そして2011年、バンドとしての新境地を開拓した通算7枚目となる「アンシーン」をリリース。
その後音楽性の相違によりバンドが分裂しますが、ヤンセンとヨナスが中心となり、バンドを再建、2代目ヴォーカルのマルコ、初代ドラマーのエリドリアン、そして新ギタリストのオラを迎えて制作された、復活作「イグジット・ウーンズ」を4年半ぶりにリリースし、2014年ラウドパークに参加、2015年に8回目となる来日公演を行いました。
そして、2017年、通算9枚目となる新作「ストレングス・イン・ナンバーズ」をリリースします。 
 
JONAS BJORLER :   BASS (ex-At The Gates) OLA ENGLUND  :  GUITAR 
PATRICK JENSEN  :  GUITAR (Witchery,ex-SEANCE) ADRIAN ERLANDSSON  :  DRUM (ex-At The Gates) MARCO ARO  :  VOCALS (The Resistance, ex-Facedown)
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン)
サイズ:37mm × 37mm
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 


友だち追加数
MAYHEM / メイヘム / DE MYSTERIIS DOM SATHANAS ALIVE / デ・ミステリイス・ドム・サタナス・アライヴ<CD+DVD>

MAYHEM / DE MYSTERIIS DOM SATHANAS ALIVE<CD+DVD> (3,888円)
 
【2017年8月23日発売】
 
悪名高き超名作ファースト・アルバムの完全再現ライヴを余すところなく収録
来日記念盤!!
 
■ブラック・メタル創成期から活動を続ける文字通りの生きた伝説MAYHEM。彼らが1994年にリリースしたファースト・アルバム『DE MYSTERIIS DOM SATHANAS ALIVE』は、その後のブラック・メタルの在り方に大きな影響を与えた決定的な作品だ。音楽的な部分のみならず、リリース前のバンド・メンバー自身に起きたスキャンダラスで血塗られた事件の数々は既存のヘヴィ・メタルのイメージとは大きくかけ離れていたため、ひとつの指針として聴き/語り続けられてきた。
 
■この作品のリリースから20年以上経った2015年12月18日、現メンバーでこのアルバムを完全再現するライヴが行われた。本作はそのライヴの模様をCDとDVDで収録したライヴ・アルバムだ。音だけでもインパクトは絶大だが、儀式めいたパフォーマンスをも含む内容で、当日の模様が余すところなく収められている。
 
■日本盤ライナーノーツは川嶋未来氏(SIGH)が担当。『DE MYSTERIIS DOM SATHANAS ALIVE』リリース前当時からMAYHEMのメンバーと親交を深めていた川嶋氏だけに、貴重なエピソードも披露してくれている。
 
■9月にはここ日本でもこの完全再現ライヴを行うことが決定済、来日記念盤!
 
 
来日公演決定: 
9/4(月)梅田クラブクアトロ
9/5(火)名古屋クラブクアトロ
9/6(水)渋谷クラブクアトロ
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・クリアファイル (来日公演フライヤー/ロゴ両面デザイン)

※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。


友だち追加数

CROWLEY クロウリー
NOCTURNE
 
3,024円(税込)
 
【2017年8月30日発売予定!】
 
80年代の伝説的メタル・バンド"CROWLEY(クロウリー)"
黄金期のメンバー3人(岩井高志、古久根吉紀、HIRO)と新メンバー三芳俊治を迎えて遂に再始動!
長い眠りから覚めたCROWLEYの快進撃は、これから始まるのである。
 
CROWLEYは、オカルト、ホラー、魔術、魔法使い等をコンセプトにしたメタルバンドとして、1983年に結成され、活動を開始。1984年には、ヴォーカル、岩井高志(イワイタカシ)、ギター、古久根吉紀(コクネヨシノリ)、ベース、畔柳則之(クロヤナギノリユキ)、ドラム、HIRO (ヒロ)という、いわゆる黄金期と言われたラインナップとなり、バンドの人気は急激に上昇した。同年(’84)には、E.L.Lレーベルのコンピレーションアルバムに2曲、参加。その後、1985年にはシングル盤、「SCREAM OF DEATH」、1986年にはLP盤、「WHISPER OF THE EVIL」をリリースし、CROWLEYの人気は全国規模となり、更にヨーロッパ、北米、南米のメタル雑誌に紹介され、海外のプロモーターからツアーのオファーも受けるが、86年の暮れにドラムのHIROが、マネジメントとのトラブルにより脱退し、その数ヶ月後にベースの畔柳も脱退....。結局、バンドは海外ツアー、海外レーベルからのリリースを中止せざるを得なくなってしまった。その後、バンドは新しいドラマーとベーシストを加入させ、活動を続けるが、その後は作品のリリースもないまま、CROWLEYは、80年代後半に解散した。
 
80年代当時、CROWLEYは、派手なメイクと衣装、それにステージセット、パイロや火を使った演出などを行って人気を得た日本で最初のメタルバンドでもあったが当時、メジャーのレーベルとの契約をしなかった事と、過去のレコード盤のCD再発化がされなかった事により、CROWLEYは、ある意味、伝説化した幻のバンドとなってしまった。しかしながら、その時代以降に世に出て来て、一世を風靡したヴィジュアル系を含む、アリーナやスタジアムクラスでコンサートを行うまでになった数々の後世代のバンド達に、CROWLEYは絶大なる影響を与えていたのは紛れもない事実である。
 
そして.......どれだけの月日が経ったのであろうか.......。奇跡は起こった!!!  2017年8月、CROWLEYが、黄金期のメンバー3人岩井高志、古久根吉紀、HIRO)にプラス、新メンバーとして、ベースに三芳俊二を迎えて遂に再始動する。当初は、METAL ALL STARS という名の大規模な北米ツアーに参加し、アメリカとカナダで、20本のライヴを決行する事が決定したのが再結成のキッカケだった。。それに伴い、新たに歌詞を英詞にして録音されたニューアルバムを製作したがアルバム完成後、北米ツアーの延期が発表され結局、プロモーターが失踪するというアクシデントに遭い、ツアーはそのままキャンセルとなってしまった。しかしながら、CROWLEYはそれで終わってしまった訳ではない。長い眠りから覚めたCROWLEYの快進撃は、これから始まるのである。
 
BAND
VOCAL : TAKASHI IWAI
GUITAR : YOSHINORI KOKUNE
BASS : SHUNJI MIYOSHI
DRUMS : HIRO 
  
※メーカー・インフォメーションより

 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・80年代復刻ステッカー
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 

 
 
 


友だち追加数

 
SABER TIGER サーベル・タイガー
HALOS AND GLARE - The Complete Trilogy / ヘイローズ・アンド・グレア <ザ・コンプリート・トリロジー>(4CD BOX / 直輸入盤国内仕様 / 帯/英文ライナー対訳付)
 
4,500円(税込)
 
【発売延期未定】
  
天を衝く孤高の頂で、ジャパニーズ・メタル・シーンに圧倒的な存在感を放つ北の凶獣SABER TIGER!!永年の悲願であった世界戦略がいよいよ本格始動!!
 
2016年秋に契約を締結したオランダのInto The LimeLight Recordsより、インターナショナル・デビュー作となるボックス・セット『HALOS AND GLARE - The Complete
Trilogy』(ヘイローズ・アンド・グレア <ザ・コンプリート・トリロジー>)をリリース!!現体制で発表したオリジナル・アルバム「三部作・完全版」=『DECISIVE』(2011年)、『MESSIAH COMPLEX』(2012年)、『BYSTANDER EFFECT』(2015年)にボーナス・ディスクを加えたCD4枚組。『DECISIVE』、『MESSIAH COMPLEX』はニュー・アートワークによる新装パッケージ。日本語詞による楽曲が含まれていた『BYSTANDER EFFECT』は全曲英詞となり、4曲のヴォーカル・パートを新たに録り直した他、新録音インストゥルメンタルを追加収録。ボーナス・ディスクには、"First Class Fool"の新録音バージョン、正規作品初収録となる"Light, Thunder, Light"の英語バージョン他、レアトラック、デモ音源等を多数収録。
 
【仕様】
・直輸入盤国内仕様
・帯/英文ライナー対訳付
・4CD
  
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・イベント参加券: 
 
・ライヴDVD(未公開映像)
※収録曲未定
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 


 
 


友だち追加数
V.A. (Silent-eye/Crucified/Method) / オムニバス (サイレント-アイ/クルシファイド/メソッド) / AT THE KILL  / アット・ザ・キル
V.A. (Silent-eye/Crucified/Method) オムニバス (サイレント-アイ/クルシファイド/メソッド)
AT THE KILL / アット・ザ・キル
 
 2,160円(税込)
 
【2017年8月30日発売予定】
 
Thrash Metal、Melodic Death Metalの
日韓3アーティスト共演によるスプリット・アルバム。
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・ステッカー
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 


友だち追加数
ACCEPT / アクセプト / THE RISE OF CHAOS / ザ・ライズ・オブ・ケイオス
ACCEPT アクセプト
THE RISE OF CHAOS / ザ・ライズ・オブ・ケイオス
 
<完全生産限定CD+Tシャツ(Lサイズ)> 5,400円(税込)
<通常盤> 2,700円(税込)
 
【2017年8月4日発売!】
 
重戦車のごとくひたすら突き進む5人の戦士たち、遂に帰還!
ジャーマン・メタル界の雄、アクセプトが放つ3年ぶり通算15作目の新作『ザ・ライズ・オブ・ケイオス』!
徹底したヘヴィネス、男気溢れる硬派なサウンドは、すべてのメタルヘッズ必聴!
このアルバムを引っ提げた“The Rise of Chaos World Tour”が9月に日本からスタート!
 
ジャーマン・メタル界のパイオニアにしてドイツ最強のヘヴィ・メタル・バンド、アクセプトが最新アルバム『The Rise Of Chaos』を発表。
スタジオ・アルバムは2014年の『ブラインド・レイジ』以来約3年ぶりのことである。
1979年にデビューしたアクセプトは、従来のハード・ロックに疾走感を加えたアグレッシヴなサウンドが主体のバンドで、
パワーメタルの代表的なバンドの一つとして、主にヨーロッパや日本で人気を博していた。
1985年にクラシック音楽からの影響をダイレクトに反映させた5thアルバム『メタル・ハート』を発表。
このアルバムはヨーロッパや日本などの国々で熱狂的な支持を受け、
特にベートーヴェン「エリーゼのために」をギターソロに挿入したタイトル曲は、
ヘヴィ・メタル史上屈指の名曲として今だに愛され聴き継がれている。
ドイツは世界有数のメタル大国であると同時に、バッハ、ベートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーン、
ワーグナー等々、世界的に有名な作曲家を数多く輩出した音楽大国でもある。
ドイツ出身の彼らが長きに渡り支持され続けているのは、ヘヴィ・メタルの中にクラシック音楽の要素を盛り込んだこの音楽性が挙げられるだろう。
1989年のアルバム『イート・ザ・ヒート』発表後にバンドは一度解散するも、
根強い多くのファンに応える形で1993年に再結成。
1996年に再結成3作目のアルバム『プレデター』を発表後に再び解散。
ところが2010年にニュークリア・ブラストとの契約を得て14年ぶりのアルバム『ブラッド・オブ・ザ・ネイションズ』を発表。
すると、ドイツのアルバム・チャートで過去最高の4位を記録し、国民的メタル・バンドに返り咲く。
2014年には14thアルバム『ブラインド・レイジ』を発表。翌年4月、
ギタリストのウヴェ・ルイスとドラマーのクリストファー・ウィリアムズが加入し、
今年年1月には2015年の欧州でのブラインド・レイジ・ツアーでの音源映像を収録した作品『レストレス・アンド・ライヴ』を発表。
近年は精力的な活動を継続している。
再び戦闘モードに突入した熱き5人の戦士たち、アクセプトの3年ぶりの新作は『The Rise Of Chaos』。
重戦車のごとく突進していくその生き様が見事に反映された作品である。
ミックスとマスタリングは、アーチ・エネミー、オーペス、クリエイター、カーカス等々、
数多くのヘヴィ・メタル作品のプロデュースとミキシングで知られているアンディ・スニープが前作に引き続いて担当。
終始徹底したヘヴィネスが貫かれた、男気溢れる硬派なサウンドとなっている。
ジャケットはデストラクションやグレイヴ・ディガーなどの作品も手掛けているGyula Havancsákが担当。
混沌とした世界を緊張感溢れる筆致で描いている。
バンドは海外でのアルバム・リリース日の前日である8月3日、ドイツで行われる世界最大のメタル・フェスティヴァル
『Wacken Open Air festival』に出演し、スペシャルなショーを披露することも発表した。
当日は3部構成となっており、第1部は新旧のヒット曲を披露、第2部はギタリストのウルフ・ホフマンが
チェコ国立交響楽団とソロ・アルバム『Headbangers Symphony』(ベートーヴェン、ヴィヴァルディ、
モーツァルトなどの作曲家によるクラシック音楽の有名曲をヘヴィメタル調にアレンジした作品集)からの楽曲を演奏するソロ公演、
そして第3部はアクセプトとチェコ国立交響楽団の競演コンサートとなる予定だ。
今年に入って活発な動きをみせている彼らであるが、9月の来日公演『ACCEPT - THE RISE OF CHAOS WORLD TOUR 2017』もすでに決定しており、
その人気は今後ますます拡大していくものと思われる。
 
【メンバー】
ウルフ・ホフマン(ギター)
ピーター・バルテス(ベース)
マーク・トーニロ(ヴォーカル)
ウヴェ・ルイス(ギター)
クリストファー・ウィリアムズ(ドラムス)
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・革製キーホルダー (ロゴ入り)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 
 
 


友だち追加数
MARTY FRIEDMAN / マーティー・フリードマン / WALL OF SOUND / ウォール・オブ・サウンド
MARTY FRIEDMAN マーティー・フリードマン
WALL OF SOUND / ウォール・オブ・サウンド
 
2,700円(税込)
 
【2017年8月2日発売予定!】
 
よりヘヴィに、よりプログレッシヴに、よりエモーショナルに!
マーティ・フリードマン3年ぶり通算13作目のソロ・アルバム『ウォール・オブ・サウンド』リリース決定!
先鋭的ミュージシャンとのコラボレーションによって生み出されるスリリングなプレイと、
日本人の琴線に触れるメロディが融合した傑作集! 
【日本盤限定ボーナストラック2曲収録/日本語解説書封入】 
 
元メガデスのギタリスト、マーティ・フリードマンのアルバム発売決定!
日本先行発売。
 
1990年に世界的人気のヘヴィ・メタル・バンドに参加、90年代を通して大きなセールスを打ち出した後、脱退。
2004年から日本に移住し、プロデューサーや音楽評論家、タレントとしてマルチに活躍している、
人気ギタリストのマーティ・フリードマン。
彼が約3年ぶりに放つ、通算13枚目となるソロ最新作『ウォール・オブ・サウンド』がリリースとなる。
マーティ・フリードマンは1962年、アメリカのワシントンDC郊外の出身。
父親の仕事の都合で西ドイツなどを転々とする中、14歳の時にクラスメイトと行ったKISSのコンサートに衝撃を受け、ギターを始める。
10代後半、4年間ハワイのホノルルに住んでいた彼は、ラジオから流れる演歌を聴き、
エモーショナルな歌声、メロディに大いに感化される。
そしてギターで演歌の“こぶし”をコピーし、演奏に取り入れることによってオリジナリティを身につけた。
1982年よりバンド活動を開始した彼は、1987年にカコフォニーを結成。
2枚のアルバムと1枚のソロ・アルバムをリリースした後、1990年にメガデスに加入。
『ラスト・イン・ピース』から『リスク』まで5枚のアルバム参加し、バンドの全盛期を支えた。
これはメガデスの攻撃的かつ知的な音楽性に、マーティ独特のメロディアスなギターがもたらした結果であった。
 最新作『ウォール・オブ・サウンド』は、マーティのセルフ・プロデュースにより制作されたアルバムである。
傑作と評価の高かった前作『インフェルノ』の制作途中から、「もうこれ以上のアルバムは作れないだろう」と感じていたという。
前作で「やりきった」彼であったが、「何もないところから曲を書き始めたら、アイデアがどんどん湧いてきた。
前作の制作での苦労で創造力が鍛えられたんだ」と語っている。
アルバムの冒頭を飾るのは、唸りを上げるプログレ・メタル的リフから
エモーショナルで情熱的なギター・ソロへと展開していく「セルフ・ポリューション」。
本作でも全編に渡ってマーティ独特のオリエンタルなスウィープ奏法、
演歌的“こぶし”を効かせた唯一無二のビブラートなど、様々なテクニックが縦横無尽に駆け巡る。
「ギター・プレイは相当進化したのにも関わらず、レコーディング自体は簡単だった」と、彼は言う。
本作『ウォール・オブ・サウンド』は、わずか9日間で全てをレコーディングされ、短期間でレコーディングが出来たのは、
1年以上かけて、デモ曲を作り続け、“弾く”よりも“聴く”ことを優先した結果であった。
 今回も多彩なゲストを迎えて制作された。2曲目「ソロー・アンド・マッドネス」には、
オハイオ州シンシナティ出身のグラム・メタルバンド、ブラック・ヴェイル・ブライズのJinxxが参加している。
Jinxxがバイオリンで作ったメロディをベースに、マーティが曲を作り上げたというドラマチックな一曲。
6曲目「プッシー・ゴースト」に参加しているのは、アメリカのブラックメタル/ポストメタルバンドで、
マーティのお気に入りバンドのひとつであるデフヘヴンのシャイヴ・メーラ。
マーティは「過去最高にアグレッシブな曲になった」と語っているように、
ダークで攻撃的かつメランコリックな雰囲気も持ち合わせた独特な雰囲気を醸し出した楽曲となっている。
 本作で唯一ヴォーカルの入った8曲目「サムシング・トゥ・ファイト」はギターとサックスの絡みがスリリングな楽曲。
この曲には前作『インフェルノ』にも参加したノルウェーのエクスペリメンタル・ジャズバンド、シャイニングのヨルゲン・ミュンケービー が参加している。
レコーディング・エンジニアはゴーストやアリス・イン・チェインズ、ラッシュなどの仕事で知られるPaul Fig。
ミックスを手掛けたのはオーペス、ソイルワーク、パラダイス・ロスト、シンフォニー・エックス等々、
数多くのメタルバンドを手掛けているスウェーデンの名手、イェンス・ボグレン。
また、マーティのアイドルであるクイーンの作品や、エレクトリック・ライト・オーケストラの数々のヒット作でサウンド・エンジニアを担当したことで知られるベテラン、
Mackにも2曲のミックスを依頼した。
 随所で日本人の琴線に触れるマーティ・フリードマンらしいメロディが聞こえてくると同時に、
先鋭的なミュージシャンをゲストに迎え、様々な要素を取り込み、新たなプレイにチャレンジしていこうとする姿勢も見える意欲作。
通算13枚目のソロ・アルバムにして、過去最高の傑作を作り上げたことは間違いない。
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ  (サイズ:37mm × 37mm)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。


 
 
 
 


友だち追加数
PROPHESIA / プロフェシア / NOT A STORY BUT HISTORY / ノット・ア・ストーリー・バット・ヒストリー
PROPHESIA プロフェシア
NOT A STORY BUT HISTORY / ノット・ア・ストーリー・バット・ヒストリー
 
2,571円(税込)
 
【2017年7月28日発売予定!】
 
ジャパニーズ・メロディック・メタルの金字塔、
高評価を得た前作「Goddess Of Light」に続く、約3年半ぶりの3rdアルバム!
 
XANADU(ザナドゥ)でメロディアスなハード・ロックをクリエイトし続けてきたギタリストのMICHAELが、
それまでとは違ったハード・ロック/ヘヴィ・メタルを追求すべく、
AZRAEL(アズリエル)のシンガーであるAKIRAと共に立ち上げたメロディック・ハード・ロック・バンドによる、
2013年リリースの前作2nd「Goddess of Light」以来となる、待望の3rdアルバム。
曲作りに2年以上を費やしたという楽曲群は、前作を軽く超えるクオリティーの高さを誇っており、
クサいメロディーを撒き散らしながら疾走する楽曲をはじめ、メロディアス・ハードな楽曲、
重厚かつ荘厳な楽曲、慟哭のバラード、そして初の試みとなるクラシック・ギターと歌のみの曲等、
全11曲が収められた意欲的な作品となっている。
 
AZRAELでも活動するAKIRAの超ハイトーンも駆使する歌唱と緻密に重ねられたコーラス・ワーク、
泣きと激しさを併せ持つギタリスト:MICHAELのフレージングの妙、
楽曲毎に使い分けられたTAKAOとHiroyuki Odachiの2人による、各々の個性溢れるベース・プレイ、
レスリー・スピーカーを使ったJOHN-SANのオルガン・サウンド、百戦錬磨のドラマー:TASHIROのグルーヴに満ち溢れたドラミング等、
DTMに溢れたこの時代だからこそ、敢えてアナログな音作りに拘って作り上げられた傑作である。
 
<楽曲解説>
1. Phoenix AKIRAの歌によるSEからロング・ハイトーン・シャウト&ツーバス疾走に雪崩れ込む、
オープニングに相応しいスピーディーな楽曲。
舞い上がるようなメロディーと、ギター&キーボードのバトルも聴きどころとなっている。
タイトル通り、不死鳥伝説になぞらえて、ヘヴィ・メタルの次世代への希望が歌われている。
 
2. T.N.T M-1に続き、疾走感あるアップテンポな楽曲。
T.N.Tとはサビの「Take No Thought」の略。
歌詞の意味と同様、明日のことを考えないような超ハイトーン・ヴォーカルは、
ノルウェーのTNTへのリスペクトも含んでいるという。
また本物のレスリー・スピーカーを使った古式ゆかしいロック・オルガンもハイライトの1つ。
 
3. Maria 北欧メタル的な哀愁をたたえた、ミドルテンポのメロディアス・ハード的な楽曲。
以前MICHAELが率いていたバンド:XANADUの路線に最も近く、得意とする路線なだけに
難航したプリプロダクション作業の中でも早い段階で完成形が出来上がった1曲。
歌詞はマリー・アントワネットの数奇な人生について歌っている。
 
4. 13(Thirteen) 泣きのギター・テーマで静かに始まり、徐々に激しく展開するバラード。
イントロ、ソロ、エンディング・ソロと、MICHAELの泣きのギターがこれでもか!と炸裂する。
歌詞は、若くして理不尽に殺され、この世を去った人、そして突然自分の大切な人が去り、
悲しみに暮れる人…そんな人達に捧げられている。
 
5. Zero ユーロビート的なテーマのメロが印象的な日本語歌詞の楽曲。
全編にわたりブラスやオケヒットなど大袈裟なシンセ・サウンドが導入されており、
ポップでダンサブルでもあるが、Prophesia流のロック・ソングに仕上がっている。
この路線の楽曲は前2作では主にAKIRAが提供していたが、今回はMICHAELの手による楽曲である。
 
6. The Revealer Prophesiaのアルバムには必ず1曲は入る、ズッシリとしたスロー・テンポの楽曲。
リズム隊の作り出すグルーヴに乗るピアノ、ストリングス、そしてクワイアにより、
重々しく王道的でありながらも荘厳な雰囲気に仕上がっている。
歌詞はダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」の中のミステリーについて歌っている。
 
7. Transzcendencia ハンガリーの技巧派ピアニスト/作曲家、リストの生涯を歌った、
リストのフレーズに満ち溢れた楽曲。
元々6/8拍子のテーマを3連にアレンジした結果、Prophesiaでは珍しい変拍子的なパートになったのも聴きどころ。
また原曲となったパガニーニの協奏曲からのフレーズも。
タイトルは「超越」を意味する「Trancsendence」のハンガリー語。
 
8. Piper Of Hamelin クラシカルでスピーディーなギターとキーボードがユニゾンするテーマ的フレーズと、
不気味な暗さの歌メロを持つ、ネオ=クラシカル・メタル風でもあるツーバス疾走曲。
歌詞は有名な童話「ハーメルンの笛吹き」について歌っている。
泣きのメロディーが炸裂するサビの歌詞は、アルバム・タイトルにも起用されている。
 
9. Where There Is A Will, There Is A Way 歌とクラシック・ギターのみで紡がれた、シンプルでありながら温かみを持つ楽曲。
ヴォーカルは全編ファルセットで歌われる予定だったが、歌詞に合わせ、力強い歌も必要だろうという事で、
ファルセット+地声の両方で歌われた。
「ラッシュ・アワーなど苛々しがちな時にヘッドフォンで聴いてもらい、
安らかな気持ちになって欲しい」とはAKIRA談。
 
10. Prisoner Of The Mask もはやAKIRAの様式美と言えるロング・ハイトーン・シャウトのハモりで幕を開ける、
本編ラストを飾るツーバス疾走曲。冷たいシンセのサウンド、スポンテニアスなTAKAOのベース・ライン、
ヒーローものアニメのようなクサいメロディーも聴きどころ。
歌詞は、ルイ14世が幽閉したとされる異母兄をめぐる逸話について歌っている。
 
11. 精霊 ヘヴィなギター・サウンドがギター・ソロ以外殆どなく、
アルバムの中ではかなりライトな、日本語歌詞のポップさのある楽曲。
本編の流れの中では少々カラーが違う為ボーナス・トラック扱いとなったが、
この曲が特に好きだという関係者も多い。
歌謡曲的なフレージングを意識したと語るOdachiのベース・ラインも印象的。
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・CD-R (Eliza(エリーザ)<未発表音源>)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 


友だち追加数
PHANTOM EXCALIVER / ファントム・エクスカリバー / 幻の聖剣<初回限定盤 / CD+DVD>
PHANTOM EXCALIVER ファントム・エクスカリバー
幻の聖剣
 
<初回限定盤 / CD+DVD> 3,240円(税込)
<通常盤> 2,700円(税込)
 
【2017年7月26日発売予定!】
 
ついに奴らの冒険は第二章に突入した!!
人類滅亡まで残された時間はあとわずか、2022年聖地東京ドームでのライブを達成せよ!
使命を背負った4人の勇者が奏でる青春メタル
...「愛」と「勇気」だけが友達だ...それいけ!ファントムエクスカリバー!!
 
世にメタルが廃れるとき、人心は乱れ世界崩壊までのカウントダウンが始まる…
それを止めるのはメタルを愛する人間の力しかないのだ。
人類滅亡を止めるには、2022年までに東京ドーム3万人のメタルを愛する心が必要なのだ!
残された時間はあとわずか、この使命を託されたのは冴えないルックスの4人の戦士ファントムエクスカリバーだった。
高らかに響き渡る青春メタル、彼らのサウンドは人類を救うことはできるのか…それいけファントムエクスカリバー!!
新たなストーリーの幕開けだ!
 
アーティストプロフィール 
Kacchang[Vocal]  
Matsu[Guitar, Vocal] 
Die-goro[Bass]  
Thomas[Dr]
 
2011年10月
ボーカルのKacchangとギターのMatsuを中心にベース石川、
ドラムHIROKIを迎えPhantom Xというヘヴィメタルバンド誕生。
  
2012年6月
ベース石川脱退、後任ベースとしてDie-GORO加入。
  
2012年12月
初企画、「反逆のX vol.1」開催。
  
2013年3月
「反逆のX vol.2」1st Single "Rage against the wall"をリリース。
  
2013年8月
Ailiph Doepaとのツーマン、O.Aには功を迎える。
この日を以って、バンド名をPhantom Excaliverに改名。
  
2013年12月
「反逆のX vol.4」2nd Single"Project X"をリリース。
 
2014年9月
“Mother Earth”,“The Rebellion”を収録した無料配布音源デモ“MOTHER EARTH”を作成、
東名阪を中心に10000枚を配布する。
 
2015年1月
国内大手メタルレーベルHowling Bull Entertainmentと契約した事を発表、
7月5日にバンド初のワンマンを渋谷サイクロンで開催、見事ソールドアウトを果たす。
7月8日にHowling Bullより1stアルバム「鋼鉄の誓い」を全国リリースし、現在全国各地をツアー中。
12月16日には鋼鉄の誓いツアーファイナルとしてTSUTAYA O-WESTでのワンマンライブを控えている。
  
強烈なキャラクターと笑顔満載の迫力のライヴ、
メロディック・スピード・デスメタルという独自のジャンルを確立し、
新世代ラウドシーンにHeavy Metalバンドとして殴り込みをかける!!  
 
 


友だち追加数
店舗案内


disk union
お茶の水HR&HM館
 
〒101-0062
千代田区神田駿河台2-6-10 アカネツボビル2F/3F/4F
TEL:03-3219-5781
email :
do2@diskunion.co.jp
営業時間
11:00~21:00
日祝11:00~20:00

disk union
お茶の水HR&HM買取センター
 
買取専用フリーダイヤル:
0120-816-950
(携帯電話の方は03-3219-5782)
email:
do_metal_buy@diskunion.co.jp
営業時間:
11:00~21:00 日祝11:00~20:00
HR/HM専門の買取窓口です。新譜、廃盤系はもちろん、国内帯付は高額査定!
大量処分や遠方にお住まいの方は是非ご利用下さいませ。まずはお電話を!

買取センター案内はこちら
店舗情報はこちら
ブログ内検索
メタルCD/DVD/レコード/Tシャツ/本/グッズ他絶好調買取中

fefa58a5.jpeg

600977b4.png
遠方の方/大量ご処分の方の買取もとっても簡単!

買取申込書はこちら
まずはお電話ください!
フリーダイヤル:
0120-816-950 (携帯電話の方は03-3219-5782) 
******************
コピペで簡単!送料無料
宅配買取のご依頼


お名前:
ご住所:
お電話番号:
内容:
(
例)メタル系のCD300点位
ダンボール発送ご希望数:

以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do_metal_buy@diskunion.co.jp

ご依頼頂きましたら、ダンボール(と買取申込書/着払い伝票)をご住所へ発送させて頂きます。

お客様がご準備出来次第、着払いにて当店へお送りくださいませ

買取センター案内はこちら


①パソコンをお持ちの方はパソコンで登録

②【買取申込書】をプリントアウトして

③必要事項を記入して

④お売りいただく商品を同梱していただいて

⑤電話で宅急便を依頼 (送料はもちろん無料!)


⑥店舗に届いたら1点1点査定して

⑦お支払いは現金か振込みでスムーズ


皆様のお持込お待ちしております♪
通信販売:コピペでラクチン!メールご注文シート
お名前:
お届け先:
お電話番号:
ご注文内容:(当店ブログもしくはメルマガから商品名をコピペして下さいませ。)

(例)●RIOT / Thundersteel / 2,300円 〔1枚〕
※枚数の記載がない場合、ご注文枚数は1枚と判断させていただきます。


以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do2@diskunion.co.jp

通信販売について、詳しくは こちら をご覧くださいませ。
在庫検索
2c72eba7.gif 
中古WEBショップ
a3d44fd6.jpeg



LINE@
当店LINE@はこちら

友だち追加数
Twitterはじめました♪
メルマガ会員募集中!

お茶の水ハードロック/ヘヴィメタル館の新品入荷情報や特典情報、中古セール情報、
お買得品情報などをメール配信しております。メルマガ会員様限定の割引サービスもございます!

↓携帯電話での登録はコチラ

05b5c974.jpeg






■◇■パソコンでの登録はこちらで■◇■ 

★鋼鉄チケット配布中★

国内盤を1,000円お買い上げごとに100円分の割引チケットをプレゼント!
国内盤をお買い上げになるなら当店が断然お得!
もちろん鋼鉄チケットは国内盤、輸入盤、中古品いずれにでもご利用できます!

チケット取扱中!


JAPANESE ASSAULT FEST 17

詳細は→コチラ

 

Asakusa Deathfest 2017 2017/10/27,28,29 浅草 Gold Sounds

詳細は→コチラ



CHAOS ASSAULT VOL.1

詳細は→コチラ

10月~注目国内盤新譜!予約受付中!
10月20日入荷予定! ■TRIVIUM / ザ・シン・アンド・ザ・センテンス

詳細は→コチラ

■GWAR / ザ・ブラッド・オブ・ゴッズ

詳細は→コチラ

■CYHRA / レターズ・トゥ・マイセルフ 【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

10月25日入荷予定! ■LOVEBITES / アウェイクニング・フロム・アビス【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■IN FOR THE KILL / イン・フォー・ザ・キル【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■SONS OF APOLLO / サイコティック・シンフォニー【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■CONCERTO MOON / ティアーズ・オブ・メサイア【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

10月27日入荷予定! ■THE UNCROWNED / ティアーズ【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■黒薔薇王国 / ブラック・ローゼス【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

2F国内新譜・入荷しました!!
10月6日入荷! ■BLACK DAHLIA MURDER / ナイトブリンガーズ

詳細は→コチラ

■THE RASMUS / ダーク・マターズ

詳細は→コチラ

10月4日入荷! ■UNDEAD CORPORATION / ノー・アンチドート【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■LEOPARDEATH / リブート【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■REVOLUTION SAINTS / ライト・イン・ザ・ダーク 【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■人間椅子 / 異次元からの咆哮【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

10月1日入荷! ■CINQ ELEMENT / サークレット【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

9月27日入荷! ■GALNERYUS / ULTIMATE SACRIFICE【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■OCTAVIAGRACE / ポリヒドラ【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■ショーヤ / アウロラ【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■SONS OF TEXAS / フォージド・バイ・フォーティテュード【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

9月22日入荷! ■CRADLE OF FILTH / クリプトリアナ~腐蝕への誘惑【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■ARCHSPIRE / リレントレス・ミューテーション

詳細は→コチラ

9月20日入荷! ■NOCTURNAL RITES / フェニックス【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■WOLVES IN THE THRONE ROOM / THRICE WOVEN【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■DOOM ドゥーム / Insomniac Days -The History of DOOM【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■LOUDNESS / ハリケーン・アイズ 30TH アニヴァーサリー・リミテッド・エディション【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

■H.E.A.T / イントゥ・ザ・グレイト・アンノウン

詳細は→コチラ

9月15日入荷! ■BELPHEGOR / トーテンリチュアル~屍骸典礼

詳細は→コチラ

■ENSIFERUM / トゥー・パス【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

9月6日入荷! ■BASKERVILLE / オプス・アエテルヌム

詳細は→コチラ

■FUEL / サーティース・メディケーション

詳細は→コチラ

9月1日入荷! ■PARADISE LOST / メデューサ

詳細は→コチラ

■ARCH ENEMY / WILL TO POWER【ディスクユニオン・オリジナル特典】

詳細は→コチラ

注目の輸入盤リリース情報
9月~11月入荷予定!  
■CRUCIFIXION / TAKE IT OR LEAVE IT/ON THE RUN

Neat Recorddよりリリースされた82年7"シングルの再発。 詳細は→コチラ


■THOUSAND BELOW / THE LOVE YOU LET TOO CLOSE

"エモーショナルな音像が今新鮮さと共にラウドに鳴り響く! メタルコア/エモ/ポスト・ハードコア…、感情を揺さぶるラウド・ミュージックをかき鳴らすサンディエゴ出身のニュー・カマー、THOUSAND BELOW(サウザンド・ビロウ)デビュー! 2枚のシングルとツアーで既にシーンからの注目を集める彼らが、Rise Recordsよりデビュー・アルバムをリリース! 今チェックしておくべきバンドは、彼らで決まり! 詳細は→コチラ


■10 YEARS / (HOW TO LIVE)AS GHOSTS

"""10YEARSの名の下に再び集いし輩から轟く再生の凱歌――。 テネシー州ノックスヴィル出身のオルタナ・メタル・バンドが、通算8作目『(how to live) AS GHOSTS』で復活する! オリジナル・メンバーのブライアンとマットが再び加わり、“再生”した10 YEARSが、自分たちの限界を突き破り創り上げた、ダイナミックで多面的なへヴィ・サウンド。新しくスタートを切った彼らの光射す新章が今幕を開ける・・・。"" 詳細は→コチラ


■LONEWOLF / RAISED ON METAL

"90年代から活動をしているフランスのパワー・メタル・バンド、前作『The Heathen Dawn』から約1年ぶりの新作となる17年発表の9thフル・アルバム。 デビュー以来、徹底して貫かれるRUNNING WILD/GRAVE DIGGERスタイルの暑苦しく勇壮なパワー・メタル・サウンドは健在!!ボーナス・トラック2曲を収録したデジパック仕様。" 詳細は→コチラ


■GRAVETEMPLE / IMPASSABLE FEARS

SUNN O)))のStephen O'Malley、MAYHEMのAttila Csiharらによるドローン/エクスペリメンタル・ドゥーム・バンド、10年ぶりとなる'17年リリースの2nd。 詳細は→コチラ

当店オススメのメロディアスハードロック作品!
9月~11月入荷予定!


■MONTROSE / MONTROSE(DELUXE)

"アメリカン・ハードロックの神髄を体現していたロック・ギタリスト、ロニー・モントローズ率いるモントローズ。サミー・ヘイガーやデニー・マッカーシなど後にソロ・アーティストとして、そしてヴァン・ヘイレンやハートなどのメンバーとしてアメリカン・ハード・ロック・シーンを支えていくメンバーを擁した彼らの初期2作が、最新リマスター音源+デモ音源、未発表曲、スタジオ・ライヴなどの未発表音源を加えた2枚組デラックス・エディションとして発売!これがアメリカン・ハード・ロックのパイオニアの音だ! 詳細は→コチラ


■DEBBIE RAY / SLAVE TO THE SYSTEM

スウェーデンのモダン・ハードロック・バンドの17年発表の2ndフル。 詳細は→コチラ


■HYDROGYN / REDEMPTION

USの女声Voハードロック・バンド、新Voを迎えて制作された17年発表作。 詳細は→コチラ


■ST PARADISE / ST PARADISE

"TED NUGENTバンドで活動していたDerek St. Holmes(Vo/G)、Rob Grange(B)を中心としたハードロック・バンドが79年に発表した唯一の作品。17年ROCK CANDYからのリマスター、ジャケット違い再発盤。 適度にメロディアスな要素もあるアメリカン・ハードロック作品。 詳細は→コチラ


発売中!

■DIABLO BLVD / ZERO HOUR

ベルギーのヘヴィ・ロック/ハード・ロック・バンド、17年発表の4thフル。 詳細は→コチラ


発売中!

■BOB KULICK / SKELETONS IN THE CLOSET

"ex-KISS~GRAND FUNK RAILROADなどのBruce Kulickの実兄にして自身もKISSのサポート、MEAT LOAFのバンド・メンバーを務めたほか、プロデューサー/ソングライターとしても活動をしてきたBob Kulickの17年発表、キャリア初のソロ作品。 彼の過去のバンドであるSKULL、MURDER'S ROW時代の楽曲のほか、新曲5曲も収録した全10曲入り。レコーディングには、実弟のBruce Kulickのほか、Dee Snider、Robin McAuley、David Glen Eisley、Rudy Sarzo、Chuck Wright、Dennis St James、Vinny Appice、Frankie Banaliら豪華メンバーが参加。" 詳細は→コチラ

販売中!
■RONNIE MONTROSE / 10x10

"アメリカン・ハード・ロックの神髄は、死してなお熱い炎を燃やし続ける… 2012年に他界してしまった伝説的アメリカン・ハード・ロック・ギタリスト、ロニー・モントローズが生前にレコーディングしていた未発表の遺作が、数々の名アーティストの参加により5年の年月を経てついに完成…! エドガー・ウィンターやサミー・ヘイガー、ジョー・ボナマサやフィル・コリン、グレン・ヒューズなど錚々たるメンツが参加した、奇跡の最新作にしてラスト・アルバム! 詳細は→コチラ

販売中!
■OTHERWISE / SLEEPING LIONS

USのモダン・ハードロック・バンドの17年発表作。NICKELBACKタイプ。 詳細は→コチラ

販売中!
■STAN BUSH / CHANGE THE WORLD

"数々の映画への楽曲提供でも知られ、近年は精力的に作品のリリースを続けているアメリカ人ミュージシャン・Stan Bushの17年発表の13枚目のソロ作品。 今作もキャッチーで叙情的なメロディが全編で奏でられる安定のメロディアス・ハードを聴かせる。" 詳細は→コチラ

販売中!
■LOVE & REVENGE / KARMA

ROCKARMAのDamon KellyとADRIAN GALEのVic Riveraによるプロジェクト。マスタリングはHAREM SCAREMのHarry Hessが担当。 詳細は→コチラ
販売中!注目の最新メタル輸入盤!

販売中!

■COVEN / THE ADVENT

昨年リリースしたデモ"-Zero-"が国内外で好評を博した、東京をベースに活動する元Fastkillのリード・ギタリスト伊東と、女性Voによる正統派ヘヴィ・メタル・バンドCoven! 海外での評価も高く、数々の海外のレーベルの間での争奪戦の結果、フィンランドの名門Svart Recordsより、満を持して発表する4曲入り世界デビューEP! 詳細は→コチラ


販売中!

■AUGUST BURNS RED / PHANTOM ANTHEM

今や名実ともにUSメタルコア・シーンをリードするバンドへと成長したAUGUST BURNS REDの17年発表の7thフル・アルバム。 詳細は→コチラ


販売中!

■IMPLORE / SUBJUGATE

ドイツのブラッケンド・デス・メタル・バンド、17年発表の2ndフル・アルバム。パッチ入り/デジパック仕様。 詳細は→コチラ


販売中!

■JAG PANZER / THE DEVIANT CHORD

"80年代から(一度の解散を挟み)活動を続けるUSパワー・メタル・バンド、11年作『SCOURGE OF THE LIGHT』以来、約6年振りの新作となる10thフル。 ギタリストに名手・Joey Tafollaが復帰したUSパワー・メタル・ファン注目の一枚。 " 詳細は→コチラ


販売中!

■ILDJARN / 1992-1995

ex THOU SHALT SUFFER/初期EMPERORのメンバーでもあったIldjarnによる超Raw-Fiプリミティヴ・ブラック・メタル、02年にNorthern Heritageよりリリースされた音源集。95年『ILDJARN』、96年『STRENGTH AND ANGER』、96年『FOREST POETRY』の3枚のフル・アルバムからの音源他、未発表やデモ音源も収録。17年Season Of Mist再発盤。 詳細は→コチラ


販売中!

■ALCEST / SOUVENIRS D'UN AUTRE MONDE

シューゲイザーとブラック・メタルの融合を果たした奇才NeigeによるALCESTの07年1stフル・アルバム。ブラック・メタル色を一気に落としシューゲイザーにかなり寄ったサウンドを提示し、ポスト・ブラック・メタル/ブラックゲイズの源流となった歴史的名作。リリース10周年記念エディション、ジャケット・アートは当時日本盤で使用されたものを採用。ハードカバー・ブック仕様。 詳細は→コチラ


販売中!

■THE GREAT DISCORD / THE RABBIT HOLE

"15年にMetal Bladeより発表されたデビュー作『Duende』も好評だったスウェーデンの女性Voプログレッシヴ・メタル・バンド、17年発表の2ndフル。 テクニカルな要素、モダンでヘヴィな趣、そして女声Voならではのポップ性がバランス良く同居したハイクオリティな作品。" 詳細は→コチラ

 
販売中!

■SECTION A / WALL OF SILENCE

"FATE/FATAL FORCE/ACACIA AVENUEなどで活動するTorben Enevoldsen(G)率いるプログレッシヴ・メタル・バンドの4thフル。 ※もともと16年にMausoleum Recordsからリリース予定でしたが、ほとんど流通しないままに廃盤になった作品です。" 詳細は→コチラ


販売中!

■KARKAOS / CHILDREN OF THE VOID

カナダの女性シンガー/女性ドラマーを擁するメロディック・デス/メタルコア・バンド、17年発表の2ndフル。 同郷の先輩格であるTHE AGONISTを彷彿とさせるサウンドで、 北欧メロディック・デス影響下のバックに多めの女性クリーンVoとデス声を乗せたスタイル。 さらにシンフォニックなアレンジを多用しているため普段デス声を聴かないメロディック・メタル好きにもオススメ!! 詳細は→コチラ
★学生の音楽活動をサポートします★

★学生の音楽活動をサポートします★ 当店では、学生の音楽に関する活動の 支援を行っております。

日々の活動をより多くの音楽ファンの方々に 浸透できるようサポート致します!

例えば ■サークルのフライヤー ■バンド募集 ■ライヴ/学園祭などのイベント情報 などなど当店に置いてみませんか?

ご希望の学生の方 お気軽にスタッフまでお申し付けくださいませ。 直接ご来店されてもOK! 電話/メールでのお問い合わせもOKです!

当店のすゝめ
ディスクユニオンハード&ヘヴィ館スタッフによるブログです!

全国のメタラーのみなさま!!!
もっともっと盛り上がっていきましょう!!!

記事は こちら から

Face book
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31