ディスクユニオン
お茶の水ハード&ヘヴィ館
日本最大級のヘヴィ・メタル専門ショップ!CD、DVD、レコード、Tシャツ、グッズ、本までメタルの商品を取り扱っております

HOME 新品入荷情報
中古入荷情報
中古セール情報
新品予約受付中 買 取通 信 販 売 お買得情報
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

MYRATH / ミラス
SHEHILI / シェヒーリ
 
2,700円(税込)
 
【2019年4月26日発売】
 
チュニジア出身のプログレッシヴ・ヘヴィ・メタル・バンド、ミラス。LOUD PARK16における圧巻のステージで、ここ日本でも一気にその名が広まった感がある彼らだが、前身バンドからの活動を含めれば、そのキャリアはすでに20年に手が届こうかというベテランである。01年に結成されたX-Tazyというバンドがミラスと改名した06年、バンドにとって大きな転機が訪れる。昨年惜しくも解散してしまったフランスのプログレッシヴ・メタル・バンド、アダージョとの邂逅だ。ロバート・プラントとアダージョのオープニング・アクトを務めたミラスは、そこでアダージョのキーボーディスト、ケヴィン・コドフェールと意気投合。翌07年、ケヴィンをプロデューサーに迎え、『Hope』にてアルバム・デビューを果たすこととなる。ケヴィンとのタッグはその後も続き、10年にはセカンド・アルバム『Desert Call』、11年にはサード・アルバム『Tales of the Sands』をリリース。チュニジア及びアフリカ、アラブなどの民俗音楽からの影響を積極的に取り込んだ、その独特なスタイルは、世界中のメタル・ファンに「チュニジアにミラス有り」と強く印象づけた。『Tales of the Sands』リリース後、ドリーム・シアターやシンフォニーXらとの積極的なツアーや、プログレッシヴ・メタルの祭典、ProgPower USAやProgPower Europe(こちらはヘッドライナー!)への登場もあり、その名声は一気にワールドワイドになっていった。前作から5年のブランクを置き、満を持してのリリースとなった4枚目『Legacy』は、弦楽隊に加えアラブの笛、ネイなどもフィーチャした、まさにチュニジアのバンドというアイデンティティを前面に押し出したプログレッシヴ、メロディックかつエキゾティックな傑作となった。ミックスをイェンス・ボグレンが担当したこの作品の収録曲「Believer」が、YouTubeで1000万回以上も視聴されていることからも、彼らがいかに大きな注目を集めているのかがわかるというもの。
 
そしてこの度、earMUSICという大手レーベルとの契約を手にし、リリースされる5枚目のアルバム『シェヒーリ』は、間違いなく新たな傑作だ。「幸せや喜びを伝えるためのもの。憎しみに満ちたこの世界でも希望を捨てないものたちへのトリビュート」であるとヴォーカルのザヘルが語るとおり、その音楽は美しいメロディであふれ、そしてもちろんプログレッシヴでエキゾティック。再びケヴィン・コドフェールやイェンス・ボグレンらの手を借りたプロダクションも、もちろん完璧。まったくもって非の打ち所の無いアルバムだ。近年、ヘヴィ・メタル・ファン、そしてミュージシャンの間で、注目しているバンドとしてミラスの名があがる機会がいかに多いことか。『シェヒーリ』を一聴すれば、その理由もすぐに理解できることだろう。現在はまだ、チュニジアのヘヴィメタル・バンドというと、違和感を覚える人も少なくないかもしれない。しかし、ミラスがその固定観念を一変させる可能性は高い。かつてセパルトゥラが、ブラジルのイメージを一新しまったように。今年は、このニュー・アルバムをひっさげ、ヨーロッパ最大の野外フェスティヴァルであるドイツのヴァッケン・オープン・エアやスウェーデン・ロック・フェスティヴァルへの出演も決まっているミラス。19年、彼らがヘヴィ・メタル界の台風の目となることは確実だ。
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 




 
 
  
 



AMON AMARTH / アモン・アマース
BERSERKER / ベルセルク
 
<通常盤> 2,592円(税込)
<デラックス・エディション / 2CD> 3,456円(税込)
 
【2019年5月15日発売】
 
今や欧州メタル・フェスのヘッドライナー級!躍進するメロデス狂戦士!
 
スウェーデン発、メロディック・デスメタル/ヴァイキング・メタル界を牽引するアモン・アマースの11thアルバム。アルバム・リリース毎にファンベースを拡大させてきた彼らは、ソニー移籍第1弾となった前作『ヨムスヴァイキング』(2016)で、見事ドイツとオーストリアで1位、スイス3位、フィンランド4位、スウェーデン5位、カナダ8位など各国のアルバム・チャートで大躍進を遂げたことにより、欧州メタル・フェスのヘッドライナー級に登りつめることに成功した。日本でも10年のLOUD PARK、14年のKNOTFEST、18年のSABATONとのジャパン・ツアーなど定期的な来日の機会を得て、その威風堂々としたヨハン・ヘッグの低音スクリームと高速メロディック・ヘヴィ・チューンで着実にファンを増やしている。今年はスレイヤーの全米フェアウェル・ツアーのサポートに抜擢されるなど、ついにメタル界の頂きも視界に入ってきた絶交のポジションにいる彼ら。プロデューサーにジェイ・ラストン(アンスラックス、ストーン・サワー、スティール・パンサー)を迎えたメジャー感溢れる待望の新作『ベルセルク』(=狂戦士)が完成した。
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 
 



POSSESSED / ポゼスド
REVELATIONS OF OBLIVION / レヴェレイションズ・オブ・オブリヴィオン
 
2,700円(税込)
 
【2019年5月10日発売】
<こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>
 
デス・メタルの生みの親はポゼストである。この意見に反対するものは多くないだろう。そのポゼストが、33年ぶりにニュー・アルバムをリリースするというのだから、これは2019年エクストリーム・メタル界最大の事件だ!彼らが80年代に残した2枚のアルバム、『Seven Churches』(85年)と『Beyond the Gates』(86年)は、デス・メタルというジャンルの直接的ルーツである。さらに、84年に発表されたデビュー・デモのタイトルは、ズバリ『Death Metal』。つまり、ポゼストはデス・メタルの生みの親であると同時に、名づけ親でもあるのだ。だが、その影響力とは裏腹に、彼らは短命であった。前述の2枚のアルバムと『The Eyes of Horror』というEPのみを残し、87年、わずか4年でその活動に終止符を打つ。(正式に解散したのは89年という説もある。)多くのエクストリーム・メタルが解散をしても、結局はすぐに第一線復帰をしていく中、ポゼストは伝説であり続けた。事態が急転したのが07年。ヨーロッパ最大の野外フェス、ヴァッケン・オープン・エアに、ポゼストが登場することがアナウンスされたのだ。オリジナル・メンバーは、ヴォーカルのジェフ・ベセーラのみ。ジェフは89年、強盗に撃たれ下半身不随になるという悲劇に見舞われていたため、車椅子に乗ってのパフォーマンスであった。20年ぶりのポゼストの復活に、全世界のデス・メタル・ファンは狂喜したことは言うまでもない。(厳密には、ギタリストのマイク・トラオを中心に、90年~93年も再結成されている。この時ジェフ・ベセーラは不参加。)その後、ジェフ・ベセーラを中心とした新生ポゼストは、フェスの出演やツアーを継続。14年には、ここ日本にもやって来ている。当然、ニュー・アルバムへの期待も大きく、新曲を書いているという噂は流れ続けていたものの、なかなか具体的な情報が出てこなかった。だが、ついにその時がやってきた。ついに33年ぶりのサード・アルバム『レヴェレイションズ・オブ・オブリヴィオン』がリリースとなるのだ!
 
さて、伝説的バンドの復活作となると、期待と不安が入り混じるのが当然というもの。ポゼストと言えば、ジェフ・ベセーラの元祖デス・メタル・ヴォーカル、後にプライマスに加入するラリー・ラロンデの変態ギター・リフ、そしてマイク・サスによる「独特すぎる」ドラミングが、その3本柱と言えるだろう。だが、現在のポゼストに、ラロンデもサスもいない。となれば、不安も大きくなろうというもの。しかし、何の心配もいらない。黙って『レヴェレイションズ・オブ・オブリヴィオン』を聴いてみるがいい。これがポゼストでなくて何であろう。一切の衰えがないどころか、進化すら感じさせるベセーラのヴォーカル。ラロンデのリフをよく研究していることが伺えるギター陣。ドラムだけは、演奏、音質ともに非常に21世紀的なものになっているが、これはバンドにパワーを与えこそすれ、まったく違和感を覚えさせない。(マイク・サスのドラミングを再現できるドラマーなどいないだろうけど。)往年のファンたちの、膨れ上がった期待を軽く超える仕上がりになっているのだ!ポゼストはデス・メタルの生みの親にして、現在もトップランナーであることを証明してみせたのだ。改めて言う。あのポゼストが、33年ぶりにニュー・アルバムをリリースする。しかもポゼスト以外何ものでもないアルバムを。これが2019年エクストリーム・メタル界最大の事件でなくて、何であろう。
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:40mm×40mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 


 
 



FLESHGOD APOCALYPSE / フレッシュゴッド・アポカリプス
VELENO / ヴェレーノ
 
<通常番> 2,700円(税込)
<初回限定盤 / CD+ブルーレイ> 4,104円(税込)
 
【2019年5月24日発売】
<こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>
 
2007年、イタリアのペルージャで結成されたフレッシュゴッド・アポカリプスはそのエクストリームなデス・メタルと重厚なオーケストラ・サウンドで、ヨーロッパのメタル戦線で勝利を収めてきた。『Oracles』(2009)で“神託”、『アゴニー』(2011)で“苦悶”、『ラビリンス』(2013)で“迷宮”、『キング』(2016)で“王者”と、異なったテーマに取り組みながら、アルバムを追うごとにエクストリームに、そしてシンフォニックに成長してきた彼らが5作目のアルバムで描くのは“ヴェレノ=毒”の世界だ。 バンドの創始者の1人であるフランチェスコ・パオリがリード・ヴォーカル/リード・ギターとして本格的にバンドのフロントマンになったことで、彼のクリエイティヴな衝動がさらに結晶化された本作。“自然発生的”で“実験的”なアプローチを取ったことで、オーガニックな攻撃性が露わになっている。
 
1曲目「フューリー」はタイトルが示唆するように憤怒に満ちたメタル襲撃とオーケストラの怒濤が聴く者を翻弄する。「カーニヴォラス・ラム」「ワーシップ・アンド・フォーゲット」はすべてを焦土に帰すエクストリーム・ナンバーであり、感情の起伏をシネマチックに描く「モナリザ」、勇壮なる叙事詩「エンブレイス・ジ・オブリヴィオン」、女声オペラチック・ヴォーカルをフィーチュアした「ザ・デイ・ウィール・ビー・ゴーン」などと化学融合を果たすことで、凄まじいうねりを生み出す。メタル・パートとオーケストラ・パートの相乗効果がお互いを高め合う音のモノリスとなっている。
 
 「このアルバムにおける作曲能力の向上は明白」とフランチェスコが胸を張る本作は、イタリアの豊潤なる伝統文化と暴虐のヘヴィ・メタル・カルチャーが邂逅を果たした記念碑的作品だ。
 
ボーナス・トラックはラムシュタインのカヴァー「ライゼ・ライゼ」。現代ヨーロッパを代表するドイツのモダン・メタルの雄の曲がシンフォニックに生まれ変わっている。
  
※メーカー・インフォメーションより
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (アーティスト写真デザイン / サイズ:78mm×53mm)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 
 



GLADENFOLD / グラッデンフォールド
WHEN GODS DESCEND / ウェン・ゴッズ・ディセンド
 
2,777円(税込)
 
【2019年5月22日発売】
 
叙情的でドラマティックな美しき楽曲が全編に溢れる!! メロディック・デス・メタルとメロディック・パワー・メタル、シンフォニック・メタルを見事に融合させたフィンランドの5人組による日本デビュー・アルバム!
 
伝統的とも言える母国のバンド、NORTHER、CHILDREN OF BODOM、ENSIFERUMなどにインスパイアを受け、BLIND GUARDIAN、GAMMA RAY、FREEDOM CALLなどのドイツのパワー・メタル・バンドにも影響を受けたパワー・メタルとシンフォニック・メタルの壮大さと、メロディック・デス・メタルの攻撃性とエネルギーを兼ね備えたフィンランド、トゥルク出身の5人組によるセカンド・アルバムにして日本デビュー・アルバム!!日本先行発売!!
 
※メーカー・インフォメーションより
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 



ENFORCER / ZENITH
 
2,700円(税込)
 
 
【2019年4月26日発売】

エンフォーサーはスウェーデンの中西部に位置するノルウェーとの国境に程近い街、アルヴィカ出身。2004年の活動開始時はオロフ・ヴィクストランド個人によるレコーディング・プロジェクトであり、オロフ1人でヴォーカル、ギター、ベース、ドラムスという全てのパートを担当していた。2005年に制作した『ENFORCER』や『EVIL ATTACKER』という2本のデモや2007年制作の7インチ・シングル『EVIL ATTACKER c/w MISTRESS FROM HELL』等をきっかけとしてアメリカのインディペンデント・レーベルHeavy Artilleryとコンタクトを取るようになりエンフォーサーとして同レーベルから2007年にリリースされたコンピレーション・アルバム『SPEED KILLS…AGAIN』に参加した。Heavy Artilleryからアルバム発表の話が持ち上がると、オロフはエンフォーサーをバンド形態で活動していくことを決断した。彼自身がヴォーカルを担当、そしてオロフの実の弟であるヨナス(ドラムス)、アダム・ザース(ギター)、ヨセフ・トール(ベース)という3人のミュージシャンを加入させてバンドとしてのエンフォーサーが完成した。
 
そして2008年、彼らは最初のフル・アルバム『INTO THE NIGHT』を発表、初期IRON MAIDEN、EXCITER、RAVEN、初期METALLICA等を想起させるスピーディーなヘヴィ・メタル・サウンドは世界中のマニアの間で瞬く間に評判となり、ここ日本の輸入盤市場でもベストセラーを記録した。2008年にはヨセフがベースからギターにスイッチ、新たなベーシストとしてトビアス・リンドクヴィストが加わってツイン・ギター編成の5人組となった。その5人で制作したのが日本でのデビュー・アルバムとなったセカンド・アルバム『DIAMONDS』であり、このアルバムの発表後、彼らは初の日本ツアーを実現させた。その超アクティヴでアグレッシヴなライヴ・パフォーマンスは日本の聴衆から絶賛が寄せられ、世界ツアーも大好評、彼らは新世代ヘヴィ・メタルの旗手としての地位を確かなものとしたのだった。
 
しかしながら、日本ツアーの直後、ギタリストのアダムがバンドから脱退、エンフォーサーは敢えて後任ギタリストを迎えることなく、オロフがギターとヴォーカルを兼任しての4人編成で活動を続けていくことになった。その4人で制作したのが2013年発表のサード・アルバム『DEATH BY FIRE』だった。このアルバムも好評を博し、彼らは長期のヨーロッパ・ツアーに出発、南北アメリカ大陸での巡業も大成功に終わらせている。同年10月に彼らは再来日、「LOUD PARK」の大舞台を経験している。
 
2015年、彼らは音楽面での広がりを明確に示し出した4枚目のアルバム『FROM BEYOND』を発表、これも高く評価された。同年11月には三度目の来日が実現、「JAPANESE ASSAULT FEST」にてヘッドライナーを務めたが、この時ギタリストのジョセフが個人的な理由により同行出来ず、バンドには臨時要員としてLETHAL STEELのジョナサン・ノルドウォールが加わっていた。同年12月、彼らは初の公式ライヴCD/DVD『LIVE BY FIRE』をリリース。DVDには2013年の「LOUD PARK」出演時の映像が、CDにはギリシャ公演でのライヴ音源と新録3曲がそれぞれ収録されていた。
 
 『FROM BEYOND』のツアーを終えた彼らは、いつにも増して曲作りに時間を費やすことになった。そして曲作りや録音等の全ての行程で2年半をかけて完成させたのが、エンフォーサーとしての通算5枚目のスタジオ・アルバムとなる最新作『ゼニス』である。前作の発表から4年以上の間隔が空くというのは異例のことでもある。
 
オロフ自身、「単にアルバムをもう1枚作ろうとしたのではなく、どんな限界も伴わない不朽のヘヴィ・メタル・アルバムを作ろうと意識した。新作『ゼニス』は間違いなく、俺達が取り組んできた中で最も野心的なプロジェクトだ」と自己分析している。ここにはエンフォーサーの真骨頂である爆発的な疾走感を伴うスピード・メタル・ナンバーも収録されているが、それ以外にもプログレッシヴな構成で聴かせるエピック・スタイルの曲、メランコリックなメロディに彩られたバラード、80年代のポップ・メタル・バンドを想起させるコマーシャルなタイプの曲等々、彼らがこれまで受けてきた影響とインスピレーションが様々な形で反映されている。オロフの言うとおり、エンフォーサーにとって最も野心的なアルバムであり、彼らの名前をより広く、より深く印象づけていく作品となるだろう。本作『ゼニス』を引っ提げた彼らは、この2019年の春から夏にかけて多くのフェスティヴァルに出演する予定であり、その後は長期の世界ツアーが計画されている。
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。



THE SHEGLAPES / ザ・シーグレープス
BACK'n'FORTH / バック・アンド・フォース
 
2,160円(税込)
 
【2019年4月26日発売】
 
メタルというジャンルの枠を超えた、これまでに類を見ない「ガールズ・メタルの新境地」!!
 
2016年夏、大阪・西九条ブランニューの名物イベント:メタルセッションにて、当時のブッキング・マネージャーにより招集、結成される。当初は寄せ集めのバンドであったが、2度のセッションを経て現在のメンバーへ。2017年1月にバンド名をTHE SHEGLAPESとして、正式に活動を開始。
 
これまでに自主制作の1st両A面シングル「BRAVEOVER / Part of Your World」(2018年4月)をリリース。各々が幅広いジャンルに渡って関西インディーズ・シーンで活躍してきたバックボーンの下、結成から各方面より注目を集めている。
 
待望の1thミニ・アルバム「BACK’n’FORTH」は、Black-listed Recordsから2019年4月26日にリリースされる。2004年の設立以来、今年15周年を迎えるBlack-listed Records初のガールズ・バンドである。
 
本作は、アルバム全体を通してストーリー性を重視し、世界観にこだわった全6曲で構成される。「BACK’n’FORTH(行ったり来たり)」のタイトル通り、時代背景やテーマの違う物語が、休む間もなく次々と繰り広げられるアルバムに仕上がった。 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・DVD-R
Part of Your World (Live at Kichijoji CRESCENDO, Jan. 26th 2019)
自主制作シングル(ライヴ会場限定)の収録曲
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 



Jupiter / Zeus~Legends Never Die~
 
<通常盤> 3,240円(税込)
<初回限定盤> 3,780円(税込)
 
【2019年4月3日発売】
 
メロディック・メタルの雄、全能の神Jupiterが放つ渾身の美しきニューアルバム!!
 
独自のメタルサウンドと華美なヴィジュアルで世界中を魅了し、ジャンルに捕われない活動を繰り広げてきたJupiter。2018年夏にヴォーカルKUZEが加入。圧倒的な演奏力と表現力はより磨かれて最高潮に到達。 究極のメロディック・メタルバンドと言える存在になった。
 
4年振りとなる通算3枚目、新体制Jupiterでは初となる待望のスタジオ・アルバム「Zeus~Legends Never Die~」は、全知全能の天空神をアルバムタイトルに冠し全世界のメタルシーンへの挑戦となる唯一無二の世界観が支配する渾身の美しきニュー・アルバム! ! 
更なる前進、更なる進化を遂げたJupiterの勢いは止まらない!
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・DVD
Making of
『Zeus:I.Legends Never Die』
『SHOW MUST GO ON』
 
・イベント参加券
  
<<当店にてイベントを開催いたします!!!!>>
イベント詳細はこちらをクリック!!!!!!
 
 
 
 
 
3店舗完全制覇でスタンプラリー特典あり!
 
3日間全てにご来店されたお客様に
先着でスペシャル缶バッジを差し上げます。
 
◆4ショット撮影会@ディスクユニオンお茶の水ハードロック/ヘヴィメタル館
 
日時:2019年4月2日(火)19:00スタート (整列開始 18:50予定)
参加メンバー:Jupiter (KUZE/HIZAKI/TERU)
 
 
◆Tシャツ限定ミニライブ@dues新宿
 
日時:2019年4月3日(水)
第1部 OPEN 16:30 / START 17:00(入場整列16:15~)
第2部 OPEN 18:30 / START 19:00(入場整列18:15~)
 
 
◆4ショット撮影会@ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館
 
日時:2019年4月4日(木)19:00スタート (整列開始 18:50予定)
参加メンバー:Jupiter (HIZAKI/TERU/DAISUKE)
 
※ディスクユニオンお茶の水ハードロック/ヘヴィメタル館にて、スタンプラリー台紙をお渡しいたします。
3店舗分の捺印が入った台紙を、ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館のスタッフにお渡しいただけると、先着でスペシャル缶バッジ(グループショット)を差し上げます。
 
※スタンプラリー台紙を紛失・盗難・破損された場合、再発行はいたしませんので、ご注意ください。
 
※捺印が欠けているものは無効となります。
 
※特典は数に限りがございますので、無くなり次第終了となります。
 
 
 
   
   



ガールズロックバンド革命
UPDRAFT / アップドラフト
 
1,800円(税込)
 
【2019年4月24日発売】
 
2013年に大阪で結成されたガールズバンド、 ガールズロックバンド革命。見た目とは裏腹な見る人の心に激雷を走らせる正統派ハードロックな彼女達、
2019年は海外進出決定!
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・イベント参加券
2019年5月5日(日) 新宿ヘヴィメタル館

 
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 
 



ENFORCER / エンフォーサー (from Sweden)
ZENITH / ゼニス
 
2,700円(税込)
 
【2019年4月26日発売】
<こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>
 
エンフォーサーはスウェーデンの中西部に位置するノルウェーとの国境に程近い街、アルヴィカ出身。2004年の活動開始時はオロフ・ヴィクストランド個人によるレコーディング・プロジェクトであり、オロフ1人でヴォーカル、ギター、ベース、ドラムスという全てのパートを担当していた。2005年に制作した『ENFORCER』や『EVIL ATTACKER』という2本のデモや2007年制作の7インチ・シングル『EVIL ATTACKER c/w MISTRESS FROM HELL』等をきっかけとしてアメリカのインディペンデント・レーベルHeavy Artilleryとコンタクトを取るようになりエンフォーサーとして同レーベルから2007年にリリースされたコンピレーション・アルバム『SPEED KILLS…AGAIN』に参加した。Heavy Artilleryからアルバム発表の話が持ち上がると、オロフはエンフォーサーをバンド形態で活動していくことを決断した。彼自身がヴォーカルを担当、そしてオロフの実の弟であるヨナス(ドラムス)、アダム・ザース(ギター)、ヨセフ・トール(ベース)という3人のミュージシャンを加入させてバンドとしてのエンフォーサーが完成した。
 
そして2008年、彼らは最初のフル・アルバム『INTO THE NIGHT』を発表、初期IRON MAIDEN、EXCITER、RAVEN、初期METALLICA等を想起させるスピーディーなヘヴィ・メタル・サウンドは世界中のマニアの間で瞬く間に評判となり、ここ日本の輸入盤市場でもベストセラーを記録した。2008年にはヨセフがベースからギターにスイッチ、新たなベーシストとしてトビアス・リンドクヴィストが加わってツイン・ギター編成の5人組となった。その5人で制作したのが日本でのデビュー・アルバムとなったセカンド・アルバム『DIAMONDS』であり、このアルバムの発表後、彼らは初の日本ツアーを実現させた。その超アクティヴでアグレッシヴなライヴ・パフォーマンスは日本の聴衆から絶賛が寄せられ、世界ツアーも大好評、彼らは新世代ヘヴィ・メタルの旗手としての地位を確かなものとしたのだった。
 
しかしながら、日本ツアーの直後、ギタリストのアダムがバンドから脱退、エンフォーサーは敢えて後任ギタリストを迎えることなく、オロフがギターとヴォーカルを兼任しての4人編成で活動を続けていくことになった。その4人で制作したのが2013年発表のサード・アルバム『DEATH BY FIRE』だった。このアルバムも好評を博し、彼らは長期のヨーロッパ・ツアーに出発、南北アメリカ大陸での巡業も大成功に終わらせている。同年10月に彼らは再来日、「LOUD PARK」の大舞台を経験している。
 
2015年、彼らは音楽面での広がりを明確に示し出した4枚目のアルバム『FROM BEYOND』を発表、これも高く評価された。同年11月には三度目の来日が実現、「JAPANESE ASSAULT FEST」にてヘッドライナーを務めたが、この時ギタリストのジョセフが個人的な理由により同行出来ず、バンドには臨時要員としてLETHAL STEELのジョナサン・ノルドウォールが加わっていた。同年12月、彼らは初の公式ライヴCD/DVD『LIVE BY FIRE』をリリース。DVDには2013年の「LOUD PARK」出演時の映像が、CDにはギリシャ公演でのライヴ音源と新録3曲がそれぞれ収録されていた。
 
 『FROM BEYOND』のツアーを終えた彼らは、いつにも増して曲作りに時間を費やすことになった。そして曲作りや録音等の全ての行程で2年半をかけて完成させたのが、エンフォーサーとしての通算5枚目のスタジオ・アルバムとなる最新作『ゼニス』である。前作の発表から4年以上の間隔が空くというのは異例のことでもある。
 
オロフ自身、「単にアルバムをもう1枚作ろうとしたのではなく、どんな限界も伴わない不朽のヘヴィ・メタル・アルバムを作ろうと意識した。新作『ゼニス』は間違いなく、俺達が取り組んできた中で最も野心的なプロジェクトだ」と自己分析している。ここにはエンフォーサーの真骨頂である爆発的な疾走感を伴うスピード・メタル・ナンバーも収録されているが、それ以外にもプログレッシヴな構成で聴かせるエピック・スタイルの曲、メランコリックなメロディに彩られたバラード、80年代のポップ・メタル・バンドを想起させるコマーシャルなタイプの曲等々、彼らがこれまで受けてきた影響とインスピレーションが様々な形で反映されている。オロフの言うとおり、エンフォーサーにとって最も野心的なアルバムであり、彼らの名前をより広く、より深く印象づけていく作品となるだろう。本作『ゼニス』を引っ提げた彼らは、この2019年の春から夏にかけて多くのフェスティヴァルに出演する予定であり、その後は長期の世界ツアーが計画されている。
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 



 
  



ELUVEITIE / エルヴェイティ
アテグナトス
 
2,700円(税込)
 
【2019年4月5日発売】
<こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>
 
ヨーロッパの古代ガリア史とエクストリーム・メタルの融合を図ってきたエルヴェイティ。新ラインアップとなって初のフルレンス・アルバムは、さらに古式に、さらに極限に向かった会心作!!!
 
新たなる布陣を迎えた第1弾『イヴォケーション II 〜ガリアの神々〜』はアコースティック主体のアルバムだったが、いよいよ新生エルヴェイティの本領発揮といえるニュー・アルバム。容赦なくエクストリームに、そしてフォーキーに畳みかける「アテグナトス」、難攻不落の砦「ブラック・ウォーター・ドーン」、狂おしいほどにキャッチーな「アンビラマス」、激情が押し寄せる「ワーシップ」(ラム・オブ・ゴッドのランディ・ブライがゲスト参加)などが次々と襲いくる鋼鉄の絵巻であり、起伏に富んだ叙事詩の数々は、永くヘヴィ・メタル史に刻み込まれることになるだろう。
 
アルバム・タイトル『アテグナトス』は“再生”の意味。本作に収録された「リバース」はクリゲル・グランツマン(ヴォーカル)を中心に新メンバーで生まれ変わったバンドのステートメントとなっている。
 
その起伏に富んだサウンドは、スウェーデン・オレブロの『ファシネイション・スタジオ』でイェンス・ボグレン(セパルトゥラ、ドラゴンフォース、カタトニア他)をプロデューサーに迎えてレコーディングされた『魔笛の国スラニア』(2008)に匹敵する凄盤の呼び声も高い。今回そのイェンスがミキシングを担当している。重厚かつディテールにこだわった音作りは健在ながら、4週間でレコーディングを完成させた本作には生のライヴ・フィーリングが息づいており、そのライヴ・パフォーマーとしての力量が窺える作風となっている。
 
ヨーロッパでは絶大な支持を得ている彼らの再生作は、世界のメタル・シーンを塗り替えるインパクトを持つ激作だ。 
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 
 



VLTIMAS / ウルティマス
SOMETHING WICKED MARCHES IN / サムシング・ウィキッド・マーチズ・イン
 
2,700円(税込)
 
【2019年3月29日発売】
<こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>
 
凄まじいスーパースター・エクストリーム・メタル・バンドが誕生した。その名もウルティマス。メンバーは、デイヴィッド・ヴィンセント、フロ・ムニエ、ルネ・エリクセンの3名。いずれもエクストリーム・メタル好きならば、聞き覚えのある名前だろう。現在Aura Noir、そしてEarth Electricのメンバーとして活躍しているルネは、94年~08年の長きに渡り、ブラスフィーマーの名で、かのメイヘムの屋台骨を支えたギタリスト。3枚のスタジオ・アルバムに携わるとともに、ここ日本へもやって来た経験を持つ。デイヴィッド・ヴィンセントは、言うまでもなくモ―ビッド・エンジェル黄金期、フロントマンとしてバンドを支えたデス・メタル界きってのヴォーカリストだ。フロについても説明不要だろうが、念のため、泣く子も黙るクリプトプシーの凄腕ドラマーである。
 
そんな凄すぎる3人が集まったウルティマスであるが、重要なのは、これがプロジェクトの類などではないということ。メイヘムを離れ早10年。そろそろ自らの新エクストリーム・メタル・バンドを始める時期だと思い立ったルネが、フロとデイヴィッドに声をかけ結成した歴としたニュー・バンド、それがウルティマスなのである!ルネとフロは、Nader Sadekのプロジェクトで、スタジオ、ステージ両方での共演経験を持っており、その相性の良さは実証済み。そこにエクストリーム・メタル界最強オーラを放つフロントマン、デイヴィッド・ヴィンセントが加わったわけであるから、期待するなという方が無理というもの。
 
ついにヴェールを脱ぐそのデビュー・アルバム、『サムシング・ウィキッド・マーチズ・イン』は、まさにその期待通り、いや、それ以上の仕上がりだ。ルネ特有のヒネくれたリフ、デイヴィッドの最強ヴォーカル、そしてフロの嵐のようなドラミング。まさに、メイヘム+モービッド・エンジェル+クリプトプシーといった趣のイーヴル・デス・メタルだ。特に、初期モービッド・エンジェルのファンにはドストライクであろう。デイヴィッドがヴォーカルを務めているわけだから、モ―ビッド・エンジェルを思い起こさせるのは当然だが、それだけではない。「デイヴィッドが歌うことを想定してリフを書いた」というルネは、オールドスクールなデス・メタル・マニアでもあり、その念頭に『Altars of Madness』や『Blessed are the Sick』、『Covenant』といった、初期モ―ビッド・エンジェルの名盤があったことは間違いない。
 
 「ウルティマ」とは、ラテン語で「最後の」とか「究極の」という意味。その名には、ルネ、デイヴィッド、フロの3人が骨を埋める覚悟を決めた「最後の」、そして「究極の」エクストリーム・メタル・バンドという意が込められている。『サムシング・ウィキッド・マーチズ・イン』は、究極のメンバーが作り上げた究極のアルバム。19年3月早々、アルバム・オブ・ザ・イヤー候補の登場だ。 
 
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
 
 








 
 


WHITESNAKE / ホワイトスネイク / FLESH & BLOOD / フレッシュ・アンド・ブラッド<通常盤>
WHITESNAKE / FLESH & BLOOD<通常盤> 2,808円(税込)
【仕様】
・日本盤限定ボーナストラック収録
・日本語解説書封入 
 
WHITESNAKE / FLESH & BLOOD <初回限定盤CD+DVD> 4,320円(税込)
【仕様】
・CD+DVD
・日本盤限定ボーナストラック収録
・日本語解説書封入
・日本語字幕付き
 
ハード・ロックの頂点に君臨してきたホワイトスネイク。1987年の『サーペンス・アルバス(白蛇の紋章)』が全世界で1,000万枚を超えるセールスを記録したのを筆頭に、数々のヒット作を生んできた彼らの新作は、これこそがホワイトスネイクだ!と高らかに宣言するハード&ソウルフルな一撃だ。
 
『ザ・パープル・アルバム』(2015)でデヴィッドの原点である第3期ディープ・パープルのクラシックスを再演したホワイトスネイクだが、本作は8年ぶりとなるオリジナル・アルバム。ジョエル・ホークストラ&レブ・ビーチのギター・チームが作曲に関わる初の作品となる。
 
40年以上におよぶバンドの軌跡の集大成といえる本作。世界中でライヴのオープニングを盛り上げることになるだろう「グッド・トゥ・シー・ユー・アゲイン」からエンジン全開で、デヴィッドが“「スロー・アンド・イージー」の遠戚”と呼ぶ「ウェル・アイ・ネヴァー」、“「ラヴ・エイント・ノー・ストレンジャー」の歌詞テーマに共通する”という「トラブル・イズ・ユア・ミドル・ネーム」、“「ラヴ・ウィル・セット・ユー・フリー」の発展形”である「オールウェイズ・アンド・フォーエヴァー」など、新旧ファンが愛してやまないホワイトスネイク・サウンドで押しまくる。
カヴァーデイル・ペイジの2ndアルバムのために書かれたギター・リフを基にした「ゴナ・ビー・オールライト」、感涙のパワー・バラード「ホエン・アイ・シンク・オブ・ユー(カラー・ミー・ブルー)」、「クライング・イン・ザ・レイン」を彷彿とさせるダークなラヴ・ソング「ハート・オブ・ストーン」、深遠なる叙事詩「サンド・オブ・タイム」など新時代へのクラシックスの数々は、バンドの健在ぶりをアピールするものだ。
 
ジョエルとレブの鮮烈なギター・プレイも本作をさらにエキサイティングなものに昇華させていく。「シャット・アップ・アンド・キス・ミー」でのレブのフラッシーな速弾き、「トラブル・イズ・ユア・ミドル・ネーム」でのツイン・ギターの応酬など、ギター・キッズをノックアウトする瞬間が幾つもある。 そんな彼らにトミー・アルドリッジのドラムス、マイケル・デヴィンのベース、ミケーレ・ルッピのキーボードが加わった布陣はデヴィッドが“歴代最強のひとつ”と呼ぶのも納得だ。
 
 『ザ・パープル・アルバム』に伴うワールド・ツアーで引退も考えたというデヴィッドだが、“情熱”と“衝動”に燃え上がる新作で還ってきた。かつて“ヒア・アイ・ゴー・アゲイン=もう一度旅立とう”と歌った彼が、『フレッシュ・アンド・ブラッド』で新たな出発に向かう。
 
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・マウスパット (サイズ:220mm×180mm)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。


BLACK EARTH (METAL) / ブラック・アース / PATH OF THE IMMORTAL 暗黒の地球
BLACK EARTH / PATH OF THE IMMORTAL 2,160円(税込)
 
マイケル・アモット率いるアグレッシヴ・へヴィ・メタル・バンド、アーチ・エネミーの初期メンバーで構成されたプロジェクト、ブラック・アース。
約20年振りに当時のメンバーで制作された新曲2曲に、アーチ・エネミーの初期3作品か
ら選曲しリマスタリングした楽曲を収録したベスト盤登場!
 
  
【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。


Gacharic Spin / ガチャリック・スピン / ガチャっ10BEST【入門編】<通常盤>
ガチャっ10BEST【入門編】<通常盤> 2,300円(税込)
 
 Gacharic Spin / ガチャリック・スピン / ガチャっ10BEST【中級編】<初回限定盤 3CD>
ガチャっ10BEST【中級編】<初回限定盤 3CD>3,900円(税込)
 
Gacharic Spin / ガチャリック・スピン / ガチャっ10BEST【上級編】<初回限定盤 3CD+BLU-RAY>
ガチャっ10BEST【上級編】<初回限定盤 3CD+BLU-RAY>8,000円(税込)


新メンバー加入決定!結成10周年に挑む最新ベストアルバム!     
 
■“全力エンターテイメントガールズバンド”Gacharic Spin。新たにマイクパフォーマーを担当する“アンジェリーナ1/3”が加入することが決定し、結成10周年へ挑むベストアルバム『ガチャっ10BEST』発売決定!
 
■3形態でのリリース。「入門編」には新曲1曲+代表曲14曲の全15曲を収録。「中級編」にはメジャーデビュー後及びインディーズの代表曲、過去のライブ音源までも網羅できる、CD3枚組全44曲を収録した10周年サンキュー価格盤。「上級編」には「入門編」と「中級編」のCDに加えて、初のBlu-ray化となるメジャーデビュー以降のミュージックビデオ12曲と、映画館上映のみで、ユーザーから作品化の熱いリクエストに応えた「”ライバー大宴祭”The Movie」をスペシャル収録したBlu-rayが付属の、ファン必携の豪華盤!
■「入門編」初回生産分の封入特典には、メンバー5人のソロカット2種の計10種類の絵柄の中から1枚
「Gacharic Spin “全力”ステッカー」がランダムで封入!※当たり付き
 
※メーカー・インフォメーションより

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:40mm×40mm/正方形)
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。


店舗案内


disk union
お茶の水HR&HM館
 
〒101-0062
千代田区神田駿河台2-6-10 アカネツボビル2F/3F/4F
TEL:03-3219-5781
email :
do2@diskunion.co.jp
営業時間
11:00~21:00
日祝11:00~20:00

disk union
お茶の水HR&HM買取センター
 
買取専用フリーダイヤル:
0120-816-950
(携帯電話の方は03-3219-5782)
email:
do_metal_buy@diskunion.co.jp
営業時間:
11:00~21:00 日祝11:00~20:00
HR/HM専門の買取窓口です。新譜、廃盤系はもちろん、国内帯付は高額査定!
大量処分や遠方にお住まいの方は是非ご利用下さいませ。まずはお電話を!

買取センター案内はこちら
店舗情報はこちら
ブログ内検索
メタルCD/DVD/レコード/Tシャツ/本/グッズ他絶好調買取中

fefa58a5.jpeg

600977b4.png
遠方の方/大量ご処分の方の買取もとっても簡単!

買取申込書はこちら
まずはお電話ください!
フリーダイヤル:
0120-816-950 (携帯電話の方は03-3219-5782) 
******************
コピペで簡単!送料無料
宅配買取のご依頼


お名前:
ご住所:
お電話番号:
内容:
(
例)メタル系のCD300点位
ダンボール発送ご希望数:

以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do_metal_buy@diskunion.co.jp

ご依頼頂きましたら、ダンボール(と買取申込書/着払い伝票)をご住所へ発送させて頂きます。

お客様がご準備出来次第、着払いにて当店へお送りくださいませ

買取センター案内はこちら


①パソコンをお持ちの方はパソコンで登録

②【買取申込書】をプリントアウトして

③必要事項を記入して

④お売りいただく商品を同梱していただいて

⑤電話で宅急便を依頼 (送料はもちろん無料!)


⑥店舗に届いたら1点1点査定して

⑦お支払いは現金か振込みでスムーズ


皆様のお持込お待ちしております♪
通信販売:コピペでラクチン!メールご注文シート
お名前:
お届け先:
お電話番号:
ご注文内容:(当店ブログもしくはメルマガから商品名をコピペして下さいませ。)

(例)●RIOT / Thundersteel / 2,300円 〔1枚〕
※枚数の記載がない場合、ご注文枚数は1枚と判断させていただきます。


以上ご記入の上、こちらのアドレスへ送信下さいませ!
do2@diskunion.co.jp

通信販売について、詳しくは こちら をご覧くださいませ。
在庫検索
2c72eba7.gif 
中古WEBショップ
a3d44fd6.jpeg



Twitter更新中です♪
メルマガ会員募集中!

お茶の水ハードロック/ヘヴィメタル館の新品入荷情報や特典情報、中古セール情報、
お買得品情報などをメール配信しております。メルマガ会員様限定の割引サービスもございます!

↓携帯電話での登録はコチラ

05b5c974.jpeg






■◇■パソコンでの登録はこちらで■◇■ 

★学生の音楽活動をサポートします★

★学生の音楽活動をサポートします★ 当店では、学生の音楽に関する活動の 支援を行っております。

日々の活動をより多くの音楽ファンの方々に 浸透できるようサポート致します!

例えば ■サークルのフライヤー ■バンド募集 ■ライヴ/学園祭などのイベント情報 などなど当店に置いてみませんか?

ご希望の学生の方 お気軽にスタッフまでお申し付けくださいませ。 直接ご来店されてもOK! 電話/メールでのお問い合わせもOKです!

当店のすゝめ
ディスクユニオンハード&ヘヴィ館スタッフによるブログです!

全国のメタラーのみなさま!!!
もっともっと盛り上がっていきましょう!!!

記事は こちら から

Face book
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3
15
16 17 22
27 28 29
30